メルセデスベンツC180・AMGライン、ガラスコーティング施工/東京都足立区M様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

メルセデスベンツC180・AMGライン、ガラスコーティング施工/東京都足立区M様

磨き屋ブログ

2015/09/12 メルセデスベンツC180・AMGライン、ガラスコーティング施工/東京都足立区M様

メルセデスベンツC180AMGライン × エシュロン1043ナノフィル
Mercedes Benz C180 AMG
ECHELON1043nano-fil 【POLISHLEVEL:1】

 

ベンツCクラスの入庫

メルセデスベンツC180・AMGライン、東京都足立区のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です。遠方よりお越し頂き誠にありがとうございます。

ECHELON1043nano-fil、硬化型ホイールコーティング(表/裏)、モールトリムコーティング、3日間のお預かりとなります。

 

 

 

 

足回りの洗浄004_R

まずは足回りから洗浄→脱脂→乾燥を経てコーティング。

ホイールコーティングの高耐久性

アルコキシシランを主成分としたガラス被膜を形成するコーティング剤で約2年~3年の高耐久性を誇ります。

放置しなければブレーキダストがホイールに密着せず、流水だけでもかなりの汚れが落とせます。

 

 

 

 

帯電防止剤を含んだ洗浄剤

ポリッシング中に埃などの異物がボディーに付着する事を避ける為、帯電防止剤を含んだシャンプーで洗浄。当店では、コーティング施工完成後の太陽光下での確認以外の全ての施工を屋内で行います。全ては美しく仕上げることを追求する為。

 

 

 

 

<施工前>

ロッカーパネルへ流れたヒンジグリス

<施工後>

ヒンジグリスの除去

新車時はグリスが緩く、特に夏場の高い気温のせいでヒンジ等の稼動部分のグリスがミラー下やロッカーパネルへ流れ出します。アルコール等で拭き取り処理します。

 

 

 

 

グリス流出の原因

グリス量を調整したかったのですが生憎ドアのインナーから流れてきているようです。

 

 

 

 

専用照明によるボディー状態のチェック

鉄粉処理後にフルマスキングを行いメッキやガラス、樹脂類を保護。新車ですが専用照明による塗膜状態のチェックは欠かしません。

輸入車にしては傷も少なく比較的状態は良かったのですが処々にシングルポリッシャーによる磨き傷がありました。

 

 

<BEFORE>

洗車傷による乱反射

<AFTER>

乱反射除去後の光沢

光の乱反射を除去して正常な状態へリセットされたボディーは太陽光下で鋭い光沢を放ちます。

 

 

 

 

簡易コーティング剤の除去方法

さらに頭を悩ませたのが、恐らくディーラーで塗られたと思われる被膜浸透性のある簡易コート剤。

ポリッシャーで軽研磨をいれても溶剤がボディー上に伸びてうまく拭き取ることができません。

得体の知れないモノの上にコーティングは出来ませんのでIPA(イソプロピルアルコール)により完全に除去します。

 

 

 

 

メッキトリム専用コーティング剤

経年により白化するウインドーモールは美しさよりも保護性能を重視したトリム専用ガラスコート剤で仕上げます。美しくなく仕上がりが悪いわけではないのでご安心を。

 

 

 

 

エシュロンナノフィル施工開始

下地処理を終えたボディーはECHELON1043nano-filで仕上げます。

 

超滑水性021

撥水性と親水性、双方のメリットを持ち合わせる滑水性被膜。

 

ブラックカラーのコンディション

濃色車でも比較的水染みが出来にくく、美しいコンディションを長く保つ事が可能です。

 

026ナノフィルの実証された性能

3年以上の長期にわたる各種耐久性試験をクリアし、ナノフィルの優れた性能は専門機関により客観的に実証されています。

 

Cクラスの艶感

特有の濡れた様な艶感を実際に目で見て味わえるのはオーナー様の特権です。

 

ベンツC180仕上がりイメージ

硬化ブランクを置いてオーナー様へお引渡しとなります。新車といえどその状態は千差万別、当店ではお客様のお車に触れさせて頂く事において決められたルーティン作業だけを行いません。
流れ作業のように決まった事をするのではなく、美しく仕上げる為に何をすべきかを適宜に考えながらお車に向き合わさせて頂きます。

”白はより白く、鮮やかに”、”黒はより黒く、鋭く” お客様目線に立った施工を心がけております。この度はカーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。今後とも、ご愛顧の程宜しくお願い致します。

 

▼こちらも読まれてます

 

ダメージ大!メルセデスベンツS63(AMG)の復活劇。

 

「ここまでやります!」ホイールコーティング施工例

 

メルセデスベンツA45(AMG)のボディコーティング施工例

 

 


■メルセデスベンツCクラス(4代目)の概要
日本では、2014年7月11日にセダンが発表され、ステーションワゴン、クーペとカブリオレが順次導入された。 テーマは「インテリジェンス」と「アジリティ」、キャッチコピーは前期モデルが「メルセデスの本気」、後期モデルが「メルセデスの自信」。パワートレインは、従来から設定されている「BlueDIRECTターボエンジン」を積んだガソリンエンジンモデルに加え、新たに 「BlueTECエンジン」を積んだディーゼルエンジンモデルやガソリンエンジンに高出力モーターを組み合わせた、プラグインハイブリッドモデルも用意されている。内外装とも、先代よりもさらに質感を高め、大幅なバリューアップを実現し、外装のデザインは先代モデルに引き続き「スタンダード」「アバンギャルド」「AMGライン」「Mercedes-AMG」の4種類で、「エクスクルーシブ」は日本仕様の通常モデルでは用意されていないが、セダンの一部の限定車には「エクスクルーシブ」デザインの仕様が台数限定で用意された。内装のデザインは全体の質感としてはDセグメントとは思えない程向上し、上のクラスに位置するメルセデスベンツW222やメルセデスベンツW213と共通点を感じる部分が多くなった。 またクラス初となるエアサスペンション『AIRMATICアジリティパッケージ』を設定し、ボディに約50%のアルミニウムを多用し、エンジン改良したことで燃費性能を最大で30%向上させた。メルセデス・ベンツが得意とする、安全運転支援システムもメルセデスベンツW222譲りのものにバージョンアップし、6つのレーダーと2つのステレオカメラで周囲の状況を把握し運転を支援する。『アクティブブレーキアシスト(歩行者/飛び出し検知機能付)[旧:PRE-SAFE®︎ブレーキ(歩行者検知機能付)]』やさらに進化した『ディスタンスパイロット・ディストロニック&ステアリングパイロット[旧:ディストロニック・プラス(ステアリングアシスト付)]』などを搭載した「レーダーセーフティパッケージ」を全グレードに設定した。ステーションワゴンでは、グレードを選びやすく納車までの待ち時間の短縮を目的としてオプションの設定を少なくしている為、セダンではオプション設定されている装備が標準装備として設定されていたりグレード化されているものがあり、セダンとステーションワゴンでは、同じグレードであっても装備に違いがあり価格差が大きいことがある(前期モデルのみ)。メーカー自らが「Cクラス史上もっとも大規模なフェイスリフト」と主張している程で、後期モデルでは車体のおよそ半分に相当する6500点もの部品を刷新しでいる。


 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

 

TOP