コンセプト

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

コンセプト

カーコーティングのコンセプト

お客様が10年後もキレイな車であり続けられるように、独自の下地処理技術や厳選したカーコーティング剤を使用して、ご満足願えるカーコーティングサービスをご提供致します。

たくさんのお客様にご支持いただく、当店のカーコーティングのコンセプトをご案内します。

神は細部に宿る

妥協しない仕上がりと探求心

車のタイヤ

実績を積み重ねていく中で施工ノウハウは蓄積されていきました。また、1台1台のお車に誠心誠意向き合うことで技術は研ぎ済ませれていきました。それはお客様を思い期待値以上のご満足を頂ける仕上がりをご提供する事に全力を尽くしてきた結果です。カーコーティング施工が初めてのお客様も、既存のコーティングに満足できないお客様も、是非当店のカーコーティング施工をご体感ください。

妥協しない探求心が生む、最上級の仕上がり

「ディテール」=「細部」は、ディテールワークスという店名の一部でもあり、当店のモットーとするところでもあります。細部へのこだわりとその仕上がりの一つ一つが、全体の印象を決定付けるものとして徹底的に作業にあたります。細部へのこだわりはボディーコーティングに限らず全ての施工メニューにおいて実践しております。

ボディコーティング作業の流れ

<ご入庫> → 1,ボディの状態のチェック(膜厚測定など) → 2,車内清掃(バキューム/水拭き) → 3,足回りの洗浄(ホイール/タイヤ/タイヤハウス/スカート裏) → 4,ピッチタール除去(スカート裏/サイドスカート周辺) → 5,細部洗浄(ドアヒンジ/パネルの隙間や溝/エンブレム類) → 6,シャンプー洗車 → 7,鉄粉処理 → 8,ブロアー乾燥 → 9,拭き上げ → 10、マスキング → 11,ポリッシング(1~4工程) → 12,脱脂 → 13,洗車(脱脂を含む) → 14,ブロアー → 15,拭き上げ(完全乾燥) → 16,コーティング施工 → 17,硬化ブランクを置く → <お客様へお渡し>

上記のコーティング作業の流れは、新車であっても中古車であっても同じです。

新車の場合、マスキングをせずに磨き作業を行うコーティングショップが多いですが、当店の場合は新車でも必ずフルマスキングをして磨き工程に入ります。

全ての工程において妥協を許さない仕上がりを探求しています。

新車の価値を守り、中古車のリセール価格を向上させる磨き

10年後もキレイな車で在る為に

新車の下地処理に磨きは必要?

新車は磨き(下地処理)が必要ないものと思われがちですが、スクラッチが無い場合でもモータープール保管時のガードワックスの残留成分の除去や、塗装表面(クリア層)の酸化によるくもりのリセットが必要な場合がほとんどです。

ゆず肌の “絞れ”の改善が必要な場合も一部の車種で少なくありません。

PDIセンター(新車の納車前点検・検査センター)をキズだらけの車にも関わらず通過してしまう淡色車や新車にも関わらず再塗装された車も散見されます。

また、有機系ワックス剤などでキズを埋めて隠していくのもPDIセンターの大切な(?)仕事なので、下地処理工程で脱脂をすると、たくさんのキズがブワッと浮かび上がってくることも多々あります。

コーティングがしっかりと定着できる塗装コンディションへ最適化する為と、こういった誤魔化しやボディ状態の異常がないかを確認する為にも、新車でも必ず磨きを行います。

新車にも、しっかりとした下地処理と磨きをいれることは、は正真正銘の新車を手に入れるためには必要不可欠です。

中古車の磨きと独自の特殊研磨技術

中古車は、塗装面を均一に研磨することでキズや水染みをきれいにリセットすることができます。

お車の塗装状態を把握・判断し、それぞれに適切な磨き処理を行います。塗装の状態に合わせて各種のバフや粗め~超微粒子のコンパウンド、ポリッシャーなどの組み合わせを変えて、数工程の磨きを行います。

油性コンパウンドを使って傷を隠す施工店もまだまだ多いですが、一般的にキズを消す「磨き」というのは、研磨剤を使用してキズをキズで消し、さらに細かいコンパウンドでキズを微細化していき、最終的に人の目では確認できないレベルまでキズを落とし込むことです。

数ミクロン単位(1ミクロンは、1/1000mm)で塗装を削るものなので、限りあるクリア塗装の膜厚をしっかりと残す為には、闇雲に磨くのではなく最小限の磨きでキズを処理する必要があります。

磨き方

最小限の磨きで最大限のポテンシャルを引き出す磨き

塗装保護と車の価値を守るためには、最小限の磨きで最大限の成果を生む高度な下地処理技術が必要です。

当店独自の研磨処理技術をもつ車磨き職人が、時間をかけて丁寧に磨いた滑らかな塗装面は、平滑性が向上し艶や光沢度は最大限に引き出され、コーティング下地としてのコンディションが最適化されます。

磨き方

ソリッド塗装や水性クリア、自己修復型クリア塗装など、塗装にあわせた適切な研磨方法で磨き上げを行います。当店では、蓄積されたノウハウを活かし塗装にストレスを与えることなく塗装を平滑化させるオリジナルの特殊研磨技術があります。

厳選したコーティング剤

最適なコーティング剤の選び方

010

カーディテーリング業界の技術革新やコーティング剤の発達は目覚しいものがあります。良い技術は積極的に取り入れますが、新しいコーティング剤に関しては直ぐに採用することはありません。最低でも1~2年間の検証期間を設けて機能性やウィークポイント等を把握します。自信を持ってお客様へお勧めできる“質実剛健”なコーティング剤を厳選しラインナップしております。

誇大広告に騙されないで!

「硬度10H!最強のコーティング剤」、「新車の艶がノーメンテで5年持続!」など、巷には多くの謳い文句が流れるカーコーティング業界ですので、車のボディーコーティングの施工をお考えのオーナー様は、調べれば調べるほど何が良いものなのかがわからなくなってしまうと思います。

飾っておく車なら別ですが、残念ながら新車の艶をノーメンテナンスで5年保てるような “最強のコーティング剤” や鉛筆硬度9Hを超えるカーコーティング剤は存在しません。

最適なコーティングの選び方

当店では、コーティング施工前にお客様との綿密なヒアリングを行い、車の使用状況や駐車環境、ご予算等も考慮しながら、フッ素コーティングやガラスコーティング、樹脂硬化型ハイブリッドコーティング、セラミックコーティングなど、当店が厳選した数種類のコーティング剤の中から、お車一台一台に合わせた最適なコーティング剤選びや、おすすめのプランをご提案差し上げます。

20年以上のコーティング施工で培った実績がありますので、お客様のご要望や車の情報をいただければ、経験を生かしたプロ目線でのご提案をさせていただきます。

どのコーティングが良いかわからない場合など、お気軽にご相談ください。

<参考> お客様の車に最適なコーティング剤の選び方はこちらから ⇩

カーコーティングの素晴らしさをたくさんのお客様に知って頂く為に

車体をいつまでも美しく維持できる美観維持性能や、耐久性に秀でたコーティングの塗装保護性能、本物のカーコーティング施工の素晴らしさを、もっと多くの方に知って頂きたいと考えております。
東京都町田市に店舗を構える「ディテールワークス」では、お客様に「やってよかった」とお喜び頂けるような満足度の高い施工がご提供できるように努めております。

店舗

コーティングメンテナンス

艶と光沢の保証

dfsdfdsdf

カーコーティングの施工は安い買い物ではありません。原点に立ち戻って考えて頂きたいのは「何の為にボディーコーティングを行うのか」です。根本にあるのは、いつまでも綺麗な車に乗りたいというオーナー様の願いだと思っております。「ディテールワークス」は一度信頼をおいて頂き施工をお任せ頂いたお車は、プロスタッフ一同が責任を持って美しい状態の維持に尽力させて頂きます。

定期メンテナンスの薦め

コーティングを施工すれば汚れないし塗装が痛まないわけではありません。地球上に酸素と水がある以上、どんなに優れたコーティング剤も劣化します。

当店では、「カーコーティング」は車を美しく保つ為の「ツール」であるとお客様に考えて頂きたく思っております。ツールの良し悪しは使い方で左右される部分もありますが、長く良い状態を保つ為には日頃のお手入れや、定期的なメンテナンスが不可欠です。

「自分でコーティングのメンテナンスしていきたい!」という方は、セルフメンテナンスの方法や、それに適したコーティングもご案内させていただきます。

定期的なコーティングメンテナンス入庫をご希望の方は、3種類のメンテナンスメニューをご用意し、ご利用いただきやすい価格設定で実施させていただいております。

お問い合わせはコチラ

〒194-0203 東京都町田市図師町994
営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

TOP