車のコーティングの磨きや下地処理の必要性

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

車のコーティングの磨きや下地処理の必要性

磨き屋ブログ,コーティング豆知識

2015/10/24 車のコーティングの磨きや下地処理の必要性

 

新車の磨きって必要?


車のコーティング施工において、その大部分の施工内容は下地処理に割り当てられます。当店の場合、車の状態が新車であっても6割以上(2泊3日)、中古車の場合は8割以上(3泊4日~)時間と労力を割くのが通例です。新車の状態でもそんなに時間が掛かるのかとよく驚かれるお客様がいらっしゃいますが、「車が綺麗(新車の状態)=下地処理がいらない」というわけではありません。

 

下地処理の目的

 

 

 

カーコーティングの下地処理とは?


まず、カーコーティングに於いて下地処理とは塗装をコーティングするに相応しい状態をつくる事をいいます。新車の塗装を例に挙げますと、モータープール保管時のガードワックス残りやご購入時のサービスで施工された簡易ワックスなど様々な油分がのっている可能性があります。

鉄粉除去や塗装面の磨き、その後に脱脂を行いシリコンやワックスを完全除去する事でコーティングに適した下地が完成します。また最近の新車には“塗装の絞れ”や“酸化膜”を有する塗装面も多く見受けられますので、そのようなお車には肌目の改善を目的としたポリッシング(磨き)を同時に行います。

 

 

 

鉄粉処理やピッチタール除去について


鉄粉処理は新車・中古車に限らずやはり必要です。走行中の車のブレーキディスクから放たれた鉄粉などがボディー全体に付着しています。駐車場が線路沿い、交通量の少なくない道路に面している場合や、付近に工場がある場合などは多くの鉄粉がボディーに付着しています。輸入車は塗装をガードフィルムで保護していたとしても多くの鉄粉が付着してしている傾向があります。

 

鉄粉やピッチ・タール除去の重要性

お車の状態毎に数種類のトラップ粘土を使い分けてネンダー処理を行っております。当店では反応型の鉄粉リムーバーは補助的な役割で使用することがあります。

 

下地処理による効果

汚れの上からコーティングを施工するわけにはいきませんので、全ての汚れや付着物を徹底的にクリーニングします。アスファルトの跳ね上げによって付着するピッチ・タールの除去も大事な下地処理の一つです。

 

 

 

下地処理+α 


上記のような下地処理に加えてより美しい車へ仕上げる為の細部へのこだわりがあります。

”ディテールワークス流”の下地処理に定められたものはなく、お車一台毎に適宜最適な処理を施します。

細部洗浄や普段目につかない部分をも、徹底した強いこだわりをもって最高の1台を仕上げるために尽力します。

“ディテールこそ全体を成す重要な1ピース”であり仕上がりの美しさを印象付ける決定的な要素です。

 

汚れやスケールのクリーニングイメージ

パネルの隙間の蓄積汚れやエンブレムの黒ずみ、ヒンジの油汚れの除去やスカート裏のシリカスケールの除去。

 

妥協しない仕上がりのイメージ

数えれば切りがありませんがお車1台1台と向き合い、超現場主義ならではの至高の仕上がりを目指します。

 

ディテールワークスのこだわり

「神は細部に宿る」

 

 

 

中古車の磨きについて 


数日前にご入庫頂いたお車メルセデスベンツAクラスのボンネットです。当店の中古車の磨きのポイントをお伝えできればと思います。

 

下地処理の順序

細部の洗浄~鉄粉除去~ピッチタール除去~既存被膜の除去後、磨きに入ります。

 

 

研磨後の均一で美しい塗装

 

 

 

最小限の磨きで最大限の成果を


酸化したボンネット塗装面表被が最終研磨により艶を取り戻しました。手間共コーティング施工店の多くは見て頂いている方にも施工前と施工後がわかりやすいように傷が取れる様子などをブログ等にUPさせて頂きますが、実際には傷を基準に車を磨き上げることはありません。もちろん塗装の傷も研磨時の目安にはなりますがボンネットなどは肌目を注視しながら均一且つ平滑に研磨を行う事に注意して磨き上げます。

平滑に磨くことの大切さとは?


肌目と研磨時間を目安に塗装全体を均一に研ぐことで艶と光沢を生み出しその過程で傷が無くなる、というのが本来の研磨です。

一箇所の傷を闇雲に磨き過ぎてしまいますとその部分だけ塗装が薄くなってしまいますので平滑な塗装面を作るには傷を追う限界があるのです。

傷を深追いしすぎて全体の肌目が散らかってしまう“木を見て森を観ず”的な研磨は職人の自己満足以外の何物でもありません。「その車が必要とする最適な磨きを入れて最大限の艶を引き出す」当たり前の事に聞こえますが、車磨きの大前提にある最も重要なポイントです。

 

 

 

美しく強いコーティング

ブログなどで見ると短時間で仕上がってしまったように思えるのますが、1台を仕上げる為の“下地処理への注力”。これこそが美しく強いコーティング施工車を仕上げる為には必要不可欠なファクターです。

 

 

 

カーコーティング専門店の下地処理への注力

惜しみなく時間と労力を割きオーナー様にご満足願える仕上がりをご提供できる事がコーティング専門店が専門店たる所以であります。こちらの「メルセデスベンツA180」のブログは近日公開です。ギャラリーでもご確認頂けます。

 

▼こちらも読まれてます

 

細部洗浄とルームクリーニング施工例 / M.BENZ E350

 

「ここまでやります!」ホイールコーティング施工例

 

究極の磨き上げ、フェアレディZ / NISMO-RSのボディーコーティング施工例

 


 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TOP