アルピーヌA110の樹脂硬化型コーティング施工例/東京都町田市H様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

アルピーヌA110の樹脂硬化型コーティング施工例/東京都町田市H様

磨き屋ブログ

2019/05/30 アルピーヌA110の樹脂硬化型コーティング施工例/東京都町田市H様

アルピーヌA110 × マイクロフェンス施工
Alpine A110  
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:1]

 

 

アルピーヌのコーティング施工前のクリーニング

アルピーヌA110のボディーコーティング施工のご依頼を東京都町田市H様よりご依頼頂きました。まずは足回りのクリーニングから。

 

 

 

カーコーティング前の洗車方法

コーティング施工に最適な下地作りを行う為、新車であっても徹底的な細部洗浄や鉄粉処理を施します。

 

 

 

東京の人気カーコーティング専門店

フルマスキングを経て準備完了。

 

 

 

ガラスコーティングの下地処理方法

酸化被膜の除去を兼ねた軽研磨で美しい肌目へとブラッシュアップ。

 

 

 

アルピーヌA110

均一な磨き上げで塗装を平滑化する事で、本来のブルーアルピーヌメタリックの艶と光沢といったポテンシャルが最大限に引き出されます。

 

 

 

アルピーヌA110のコーティング専門店

1960年代のオリジナル「A110」を思い起こさせる独立型4灯式ヘッドライトのクラシカルで精悍なフロントマスク。

 

 

 

アルピーヌのコーティング施工後の艶

綺麗なアルピーヌブルーのメタリックカラーが目を引きます。

 

 

 

お勧めのカーコーティング専門店

下地処理を終えたボディーへ、樹脂硬化型コーティング「マイクロフェンス」を施工。耐薬品性に優れ、耐候性に長けた滑水性被膜が長期間ボディーを保護します。

 

 

 

東京の人気カーコーティング専門店

アルピーヌブランドは2016年に復活し、追及したのはアルプスのワインディングロードを楽しむ為の軽量化。大胆にボディーの96%にアルミを採用しオリジナルA110を現代に蘇らせたライトウェイトスポーツカーの車重は1110kg。

 

 

東京の樹脂コーティング施工店

輸入車は海を渡りモータープールで保管された後に移送され、多くの人の手を経由しながらオーナー様のもとに辿り着きます。当然、同じ新車であっても国産車より状態が良い事は稀ですので、とりわけ入念な下地処理が必須となります。どんなに良いコーティングでもベストコンディションに整えた塗装への施工がなされなければ意味がありませんので、当店では下地処理に重きを置く為、新車であってもコーティング施工後のクーリングタイムを含めた2泊3日の施工日程でご愛車をお預かりさせて頂いております。

 

 

 

アルピーヌA110のブルーアルピーヌメタリック

この度はカーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。今後とも、長いお付き合いをさせて頂ければ幸いです。

 

 

▼こちらも読まれてます

 

ダッジバイパーへ樹脂製コーティングとPPF施工

 

塗装保護に最適!アバルトコンペティツィオーネの樹脂硬化型コーティング施工

 

スバルフォレスターへ樹脂硬化型コーティング「マイクロフェンス」施工

 


■アルピーヌ・A110の歴史

フランス製造のA110のみ、1100ゴルディーニ、1300ゴルディーニ、1600S/SC/SXが、スペイン製造では1300VC、4速仕様で、スペイン製造のみ後期にルノー 5・アルピーヌのエンジンが搭載された。構成は、鋼管バックボーンタイプのシャシにFRPモノコックボディが被せられ、前方はFRPがシャシの一部に張り込まれ、後方ではリベットを併用し、一部FRPが張り込まれて固定されている。A110 1100、1100ゴルディーニ、1300VC 1300G/S(フロントラジエーター仕様が存在する)では、ベース車がドーフィンからルノー・8に変更され、サスペンションは前後共にR8のモノショック(一本/一輪)から2本に強化され、冷却方式にもR8の特徴が受け継がれており、ラジエターは車体最後部に位置し、冷却気は車体後部左右上面のエアインテークから取り入れ、ラジエーターを後から前へ抜け、エンジンルーム前側の下面から排出される。走行風による吸引効果を最大限生かすため、車体下面はスムーズに形成されている。1300G/Sの一部と1600系はリアラジエターではなく、フロントノーズにラジエーターを移動した。R8の1100ccに始まり、その後1100cc、1100ゴルディーニ、1300VC及び1300G/Sにはゴルディーニエンジン搭載、1600にもゴルディーニエンジンを搭載し、1973年には、A310のリヤ・サスペンションを使ったSC、SIなどのエボリューションモデルが生まれた。バックボーンフレームのシャシとFRP製ボディの組み合わせにより標準的な車重は1600Sが約730kg、1600SCが約840kgと非常に軽く、最終型のSXでも850kgを超える程度である。また競技用車両はFRPの積層数(プライ数)が少なく作られており、快適装備や内装トリムの省略など、その他の軽量化もあって50 – 100kgほど軽くなっていた。数々のラリーで優勝をはじめ、多くの好成績を収めたA110の最大の武器は、RRによる絶大なトラクションとライバル達に比べ圧倒的に軽量な車重であり、これによりラリー界を席巻し、アルピーヌ・ルノーは1973年に初代WRCマニファクチャラー・チャンピオンの栄誉に輝いた。 フランス製造のA110に関するデータが元となっているため、他国ノックダウン生産の同車種とは一致しない。
2017年にアルピーヌ・ブランドが復活し、新型アルピーヌA110が発表された。


 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP