ディテールワークス

プロが解説!プロテクションフィルムの特徴や種類と選び方

お問い合わせはこちら

プロが解説!プロテクションフィルムの特徴や種類と選び方

プロが解説!プロテクションフィルムの特徴や種類と選び方

2024/05/10

車の美しさを長く保つためには、外部のダメージから守ることが不可欠です。
プロテクションフィルムは、そのための効果的な手段の一つです。

本記事では、プロテクションフィルムの種類や特徴を詳しく解説し、あなたの愛車を最適に保護するための情報を提供します。
フィルムの透明度、耐久性、自己修復機能など、選び方のポイントをプロの視点からご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

筆者情報

Profile

代表

KATO YUKI
加藤 雄規


1980年7月17日生まれ。東海大学工業化学科にて基礎科学を学び、多くのものが化学物質から作られ、私た ちの生活を豊かにしていることを知る。2009年、学生時代から好きだった車業界(カーアフターマーケット)への 参入を決意し、カーコーティング専門店ディテールワークスを起業。オリジナルカーケアブランド「東京ケミカルラ ボ」では豊富な化学の知識とカーディテーリング業での経験を活かし商品開発も担う。

プロテクションフィルムとは?

プロテクションフィルムは、車のボディやヘッドライトなどの外装部分を保護するための透明なフィルムです。
これは、日常の傷や石はね、紫外線などから車を守るために使用されます。
特に新車の状態を長く保ちたい方や、高価な車のオーナーにとって非常に有用なアイテムです。
このフィルムは、車の外観を損なわずに保護性能を提供し、紫外線による色あせや酸性雨によるダメージを防ぎます。

プロテクションフィルムの利点1:透明度と美観の維持

プロテクションフィルムは透明度が高く、貼付けたことがほとんどわからないため、車の美観を損なうことなく保護できます。

プロテクションフィルムの利点2:耐久性

高品質のフィルムは耐久性があり、傷や石はね、飛び石、酸性雨、鳥の糞などから効果的に車を守ります。これにより、車の外装が長期間にわたって美しい状態を維持できます。

プロテクションフィルムの利点3:自己修復機能

一部のフィルムには自己修復機能があり、熱や日光によって小さな傷が自然に消えるため、常に新車のような輝きを保てます。

プロテクションフィルムの利点4:簡単なメンテナンス

プロテクションフィルムは、通常の洗車やメンテナンスが容易です。特別なケアが不要で、フィルムが汚れや水垢を防ぐため、洗車の頻度も減らすことができます。

プロテクションフィルムの利点5:長期的な投資効果

フィルムの適用により、車の再販価値を維持することができます。車の外装がきれいな状態を保つことで、将来的に高い評価を受けることができます。


適用例

・フロントバンパー: 飛び石や虫からのダメージを防ぎます。
・ボンネット: 紫外線や酸性雨から塗装を守ります。
・ヘッドライト: 黄変や傷を防ぎ、視認性を維持します。
・ドアエッジ: ドアの開閉時の傷を防ぎます。


プロテクションフィルムは、車の美観と価値を長く保つための非常に有用なアイテムであり、特に新車や高価な車のオーナーにとっては必須の保護手段となります。
専門店での施工を通じて、最適なフィルムを選び、愛車を最高の状態に保ちましょう。

プロテクションフィルムの主な特徴

自己修復性と高い耐久性

プロテクションフィルムの最も顕著な特徴は、自己修復性です。
熱を利用して小さな擦り傷や飛び石による傷が自然に消えるため、車の美観を長期間維持できます。
また、フィルム自体が非常に強靭で、物理的なダメージに対して高い耐久性を誇ります。

透明度の高いフィルム

高分子エストラマーポリウレタン素材を使用しており、フィルムの透明度が非常に高いです。
これにより、フィルムを貼っていることがほとんど分からず、車の元々の外観を損なうことがありません。
また、UVによる黄変がないため、長期間美しさを保つことができます。

優れた保護性能

プロテクションフィルムは、飛び石や擦り傷、酸性雨、鳥の糞などの外部要因から塗装を守ります。
特に、米軍でも使用されるほどの高い保護性能を持つフィルムもあり、車を様々な環境から効果的に保護します。

耐候性と長寿命

プロテクションフィルムは、耐候性に優れており、厳しい気候条件でもその性能を発揮します。
一般的に3〜5年の耐久性を持ち、時間が経っても糊残りなく綺麗に剥がすことができます。
これにより、フィルムの交換やメンテナンスが容易です。

自然で美しい仕上がり

フィルムは無色透明であり、車の元々の塗装色をそのまま楽しむことができます。
特に透明度が高いフィルムは、貼っていることが分からないほど自然な仕上がりとなります。
また、艶消し加工が可能なフィルムもあり、カスタム感を楽しむこともできます。

簡単なメンテナンス

プロテクションフィルムは、日常の洗車やメンテナンスが容易です。
特別なケアが不要で、通常の洗車方法で綺麗に保つことができます。
また、フィルムが汚れや水垢を防ぐため、洗車の頻度も減らすことができます。

プロテクションフィルムは、これらの特徴を活かして、愛車を長期間にわたり美しく保つための強力な手段となります。
興味のある方は、ぜひ専門店での施工を検討してみてください。

当店のプロテクションフィルムの種類について

XPEL ULTIMATE PLUS(アルティメットプラス)

特徴: このフィルムは、卓越した透明度と自己修復機能を備えており、日常の摩擦や飛び石による小さな傷を熱で自然に修復します。
フィルムは非常にクリアで、車の外観を損なうことなく保護します。


用途: 主に車のボディ全体に使用され、フロントバンパー、ボンネット、フェンダーなどの高リスク部分に最適です。
また、UVカット機能もあり、車の塗装を色あせから守ります。


XPEL STEALTH(ステルス)

特徴: このフィルムは、既存の塗装をマット仕上げにすることができ、特にマット塗装やサテン仕上げの車に適しています。
透明度が高く、傷からの保護も優れています。


用途: 艶消しの外観を希望するオーナーに最適で、既存のグロス仕上げをマットに変えたい場合にも有効です。
全体の外観を変えずに保護性能を求める場合におすすめです。


STEK DYNOシリーズ

特徴: このシリーズは、光沢、艶消し、メタリック、3Dカーボンなど、多様なデザインと仕上がりを提供します。
保護性能に加えて、スタイリッシュな外観を追求できます。


用途: 車の個性を強調したいオーナーに最適で、ボディ全体や部分的な装飾として使用されます。
車のデザインをカスタマイズしながら、外部ダメージから保護します。


ヘッドライト用フィルム

XPEL Slate Smoke: このライトグレーのスモークフィルムは、ヘッドライトを保護しながらスタイリッシュな外観を提供します。
耐久性が高く、紫外線や飛び石からヘッドライトを守ります。


DIAMOND SWELL: ブルーグレーの美しい仕上がりを持ち、ヘッドライトの保護とデザイン性を兼ね備えています。
特に夜間の視認性を高めつつ、ヘッドライトを保護する効果があります。


各種フィルムの選び方

プロテクションフィルムを選ぶ際には、車の使用環境や保護したい部位、デザインの好みに応じて最適なものを選ぶことが重要です。
例えば、日常的に傷がつきやすい部分には自己修復機能を持つフィルムが適していますし、車の外観を個性的にしたい場合にはSTEK DYNOシリーズのようなデザイン性の高いフィルムが有効です。


まとめ

プロテクションフィルムは、車の美観を維持し、外部のダメージから保護するための優れた手段です。
透明度の高いフィルム、自己修復機能を持つフィルム、マット仕上げやデザイン性を重視したフィルムなど、用途や好みに応じた多様な選択肢があります。
車を長期間美しく保ちたい方にとって、プロテクションフィルムは欠かせない存在です。
適切なフィルムを選び、専門店での施工を通じて、愛車の価値を最大限に引き出しましょう。

----------------------------------------------------------------------
カーコーティング専門店ディテールワークス
194-0203
住所: 東京都町田市図師町994
電話番号 : 042-794-4988
FAX番号 : 042-794-4989

ディテールワークス 2nd STUDIO
194-0038
住所: 町田市根岸2-16-13
電話番号 : 042-851-9385
FAX番号 : 042-794-4989


----------------------------------------------------------------------

 

東京のカーコーティングは
ディテールワークスに
お任せください。
輸入車も国産車も、どちらも対応します!

お問い合わせはこちら

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。