メルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディションのガラスコーティング施工例/東京都Y様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

メルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディションのガラスコーティング施工例/東京都Y様

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,新車,MICRO FENCE,ホイールコーティング,Mercedes-Benz車のおすすめ記事

2022/05/13 メルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディションのガラスコーティング施工例/東京都Y様

メルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディション
M.BENZ G400d Gerende
Car coating[POLISH LEVEL:2]

 

 

メルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディションのコーティング

東京都のY様よりメルセデスベンツG400dのボディコーティング、硬化型ホイールコーティング脱着表裏施工、内装革シートコーティング/ソフトセラミックシールドの施工をご依頼いただきました。

 

 

 

 

ホイール脱着表裏施工を行うコーティング店

まずは車体から外したアルミホイールを洗浄。付着したブレーキダストやブレーキディスクから出た鉄粉を隈なく除去。

 

 

 

 

 

車のタイヤハウス内のコーティングをする施工店

タイヤハウスの樹脂部分は、クリーニング後に樹脂パーツ専用のコーティング剤を塗布します。

 

 

 

 

ホイールコーティングの効果

コーティングを施工しても大量のブレーキダストが発生する欧州車のホイールが直ぐに汚れることに変わりはありませんが、ブレーキダストや汚れの固着を防ぎ、簡単に洗い流すことができるようになります。

 

 

 

 

ベンツの20インチAMGマルチスポークアルミホイール

20インチAMGマルチスポークアルミホイール。

 

 

 

 

 

スクエアなフォルムとアイコニックなディテール

精緻に磨き上げられた、スクエアなフォルムとアイコニックなディテール。

ソフトセラミックシールド

ソフトセラミックシールドは、デリケートな革シートの通気性を確保しながら素材を保湿し、内側の油分と水分は逃がしません。

パンチングレザーシートのコーティング
シートベンチレーター付きのパンチングレザーシート面も通気性を損なうことなく防水・防汚・紫外線劣化防止などの効果を付与します。
独創性のある広くモダンに進化を遂げたGクラスの内装デザイン
時代の最先端を走り続けるために、独創性のある広くモダンに進化を遂げたGクラスの内装デザイン。
 

 

東京のメルセデスベンツG400dマヌファクトゥーアエディションの磨き

メルセデスGクラスの外装ボディにはハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」を施工。

 

ベンツG400dのハイブリッドガラスコーティング施工例

「車をキレイに保つ」ことに重点を置いた、高性能・高コストパフォーマンスなコーティング剤です。

 

ベンツG400dにおすすめのハイブリッドガラスコーティング

これまでは、高い耐久性を出すのが難しいとされてきた樹脂とガラスのハイブリッドコーティングの完全硬化を実現。

有機系コーティングの耐イオンデポジット性と、無機ガラスコーティングの防汚性・耐久性といった両方のメリットを備えた革新的な完全硬化型ハイブリッドガラスコーティング剤は駐車環境を選ばずに塗装コンディションの状態維持や保護が可能です。

 

 

この度は、東京のカーコーティング専門店ディテールワークスへご愛車メルセデスベンツG400dのボディコーティングとホイールコーティング/脱着両面施工、インテリアコーティング(ソフトセラミックシールド)のご依頼をいただき誠にありがとうございました。

 

 

 

■関連性の高い記事

 

メルセデスベンツG350dのボディーコーティング施工例

 

MercedesBenzGL東京都多摩市M様より2年半越しのコーティングメンテナンスで新車へ復元

 

メルセデスベンツEクラスAMG/E53のボディーコーティング施工例

 

 

 

 


MercedesBenz G400d(W463型)の概要
メルセデス・ベンツ・Gクラス(Mercedes-Benz G-Class)は、1979年に登場したドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツブランドで展開している高級SUVで、「G」とはドイツ語でオフローダーを意味する「ゲレンデヴァーゲン」(Geländewagen)の頭文字。NATO制式採用という実績も持つ軍用車両であったゲレンデヴァーゲンを民生用にアレンジさせたものが、現在のGクラスの源流である。およそ四半世紀に及び、いくどものマイナーチェンジを受けているが、発売当初から基本コンポーネントは変わっていない。モデルチェンジやマイナーチェンジの度に大排気量化、装備やインテリアの強化などとともに価格も引き上げられ、高級車化が進んでいる。
2018年1月に発表された新型モデルもフルモデルチェンジ並の大幅な改良が施されているが、型式(コードネーム)はW463型を踏襲する。従来型W463型からの変更点としては、高張力/超高張力スチールやアルミニウムの採用などによるボディの軽量化、ATを9速に多段化、ステアリングを電動機械式ラック&ピニオン式に変え、先進の安全運転支援システムの搭載、フロントデザインなどのエクステリアの変更と全長と全幅の拡大による室内の拡張などが挙げられる。2021年5月に、新モデルのG400dが追加発売され、既存のG350dと同じOM656型を搭載するが、ソフトウェアとドライブトレインの調整により、最高出力が33kW(34PS)、最大トルクが100Nm(10.2kgm)それぞれアップされた高出力・高トルク仕様となっている。


 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP