トヨタランドクルーザープラドのボディコーティングとSOFT CERAMIC SHIELD等/東京都練馬区H様より

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

トヨタランドクルーザープラドのボディコーティングとSOFT CERAMIC SHIELD等/東京都練馬区H様より

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,新車,MICRO FENCE,窓ガラスの撥水加工,トヨタ車のおすすめ記事

2022/03/20 トヨタランドクルーザープラドのボディコーティングとSOFT CERAMIC SHIELD等/東京都練馬区H様より

トヨタランドクルーザープラド × ハイブリッドガラスコーティング
TOYOTA LAND CRUISER PRADO ×
MICRO FENCE[POLISH LEVEL : 1]

 

東京都練馬区H様よりトヨタランドクルーザープラドのボディコーティング

東京都練馬区H様よりトヨタランドクルーザープラドのボディコーティングと各種プロテクションフィルム、内装革シートの「SOFT CERAMIC SHIELD」施工、硬化型ホイールコーティング施工(表面)、ウインドー撥水加工全8面+サンルーフ/サイドミラー、ドアキックガードのプロテクションフィルム施工などたくさんのご依頼をいただきました。

 

 

 

ランドクルーザー300と比較検討されるプラド

ランドクルーザー300と比較検討されるプラドですが、現在ランドクルーザー300の納車待ちはなんと4年!半導体不足の影響を受けてプラドの納車も1年以上先になっているそうですがまだ1年先の納車なら現実的に思えてしまいます。

 

 

 

プラドのホイールのクリーニングとボディの細部洗浄

まずは後日コーティングを施工するホイールのクリーニングとボディの細部洗浄。

 

 

 

クリスタルホワイトパールクリスタルシャイン070問題

一時期のクリスタルホワイトパールクリスタルシャイン070問題(※)以降はいたって高品質なトヨタのパールホワイト。新車の品質管理も徹底されているトヨタなのでボディ状態も良好です。

 

 

※070問題(カラー番号070でのリコール)

カラー番号070の平成20~27年生産モデルで塗膜を構成する中塗り塗料の濃度(顔料の量)が低く、電着塗膜と中塗り塗膜の密着性が低下し通常使用下において塗膜が剥離してしまう問題が起こった。トヨタがリコール扱いし無償修理を行った。

 

 

 

新車であっても入念な鉄粉処理をする東京のコーティング店

どんなに状態が良くても鉄粉は少なからずボディにのっています。新車であっても入念な鉄粉処理を必ず行います。

 

 

 

トヨタランクルプラドのヒンジ周辺に飛び散ったオーバーグリスの処理

ヒンジ周辺に飛び散ったオーバーグリスなどは、初回洗車の拭き上げ時に適宜取り除きます。

 

 

 

ドアヒンジやパネルの継ぎ目や隙間などの洗浄

ドアヒンジやパネルの継ぎ目や隙間など、きれいに洗浄。

 

 

 

新車でもガラスや樹脂パーツをマスキングする東京の店

前照灯やメッキ類、ガラスや樹脂パーツをマスキングで保護しボディの磨き上げ。

 

 

 

新車の下地処理で行う磨きレベル1のポリッシング

新車の下地処理で行う磨きレベル1のポリッシングでは、塗装上の汚染物質・酸化被膜の除去、極浅い小傷などを処理し、新車の塗装をあるべき無垢の状態へリセットします。

 

 

 

ランクルの塗装コンディションを最適化する為の下地処理

コーティング被膜の定着しやすい状態へ塗装コンディションを最適化する為の下地処理とライトポリッシュを行います。

 

 

ランクルの内装革シートのSOFT CERAMIC SHIELD(ソフトセラミックシールド)

同時にご依頼いただいた内装革シートのSOFT CERAMIC SHIELD(ソフトセラミックシールド)。温度・湿度管理を徹底して隙間なく塗り込む込み余剰分の拭き上げ等は行わずに自然乾燥させます。

 

 

 

確かな保護効果を有する軟性セラミック被膜

確かな保護効果を有する軟性セラミック被膜をムラなく定着させます。

 

 

 

人気ナンバー1のコスパに優れた高性能ハイブリッドガラスコーティング

外装ボディコーティング剤に使用するのは、人気ナンバー1のコスパに優れた高性能ハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE」。

 

 

 

ウインドー撥水加工のフッ素撥水基の定着(半硬化)

ウインドー撥水加工のフッ素撥水基の定着(半硬化)待ち。

 

 

 

裏表のコーティング施工とタイヤハウス内の樹脂パーツのコーティング

ホイールは表側のみ施工させていただきましたが脱着作業を含めた裏表のコーティング施工とタイヤハウス内の樹脂パーツのコーティングが可能です。

 

 

 

ドア内のインテリアドアキックガードの保護フィルム(PPF)

同時にご依頼いただいたドアトリム下のドアキックガード(PPF)。前後左右の4枚ドアへ施工させていただきました。

 

 

 

ドアカップ部のプロテクションフィルムで爪のひっかき傷を防止

ドアカップ部へのプロテクションフィルムで爪のひっかき傷を防止。

 

 

 

ドアステップへのプロテクションフィルム施工

「ドアステップ」なので “踏まれる“ のが本来の使われ方なのですが、お子様が躊躇なく踏みつけて汚れていくのを防ぐ為にこの樹脂パーツへもプロテクションフィルムを施工。

 

 

 

シャシー裏をクリーニングし車体も隈なく洗浄

隅々まで抜かりなくクリーニング、コーティング施工させていただきました。

 

 

 

トヨタプラドの樹脂パーツの白化防止コーティング

樹脂パーツへも施工可能な硬化型コーティングを施工しておくことで白化や酸化を防ぎ、本来の黒さを保つことができます。

 

 

 

膜厚の高いハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE」

通常のガラスコーティングよりも膜厚の高いハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE」は被膜感にも優れています。

 

 

 

屋根無し保管下のの定期的なコーティングメンテナンス

屋根無し保管下とのことなので定期的に「スマートメンテナンス」をご利用いただければ、ボディ塗装を無闇に磨くことなく美しく良好な状態を長く保つことができますのでおススメです。

 

 

 

コーティングの硬化ブランク時間とは

12~24時間の硬化ブランクを置いてお客様へお渡しとなります。

 

 

 

ランドクルーザープラドのハイブリッドガラスコーティング東京

盛りだくさんの施工内容で完全保護されたランドクルーザープラドの完成、しっかりと丁寧に施工させていただきましたので長期間の美観維持に貢献できるかと思います。

この度は、東京のカーコーティング専門店ディテールワークスへ、ランドクルーザープラドのハイブリッドガラスコーティングやソフトセラミックシールド、ホイールコーティングと窓ガラスの撥水加工、プロテクションフィルムの施工等たくさんのご依頼をいただきありがとうございました。

ご不明点やお困りごとなどございましたらお気軽にご連絡ください。引き続きご愛顧の程よろしくお願い致します。

 

 

 

 


トヨタランドクルーザープラド(4代目J15W型150系)の概要
ランドクルーザー プラド(LAND CRUISER PRADO )は、トヨタ自動車が製造する中~大型SUV。ランドクルーザーシリーズのうち、ライトデューティ用途として位置付けられたクロスカントリー系の自動車で、当初日本国外では廉価なランドクルーザーとしての位置づけであったが、2代目以降は高級化と大型化が著しい。2009年9月におよそ7年ぶりのモデルチェンジとなる4代目ランドクルーザープラド(150系)が発表された。プラットフォームやエンジンは先代を踏襲しつつ発展させ「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」を備えたクルマとなったとメーカーは発表している。悪路走破性と信頼性の高さから、120系に引き続き、欧州ではサブネームである「プラド」を称せず「ランドクルーザー」として販売されている。2012年ダカール・ラリーの市販者部門常勝軍団であるトヨタ車体・チームランドクルーザーの7連覇を阻止し、2013年も連覇したのはスペイントヨタの運用するプラドであったことからも、その走破性の高さは伺える。2017年9月にマイナーチェンジを行い外観はフロントにおいてフード中央部の形状が変更されたほか、ヘッドランプは全車LED化。切削光輝+ダークグレーメタリック塗装の19インチアルミホイールが新たに設定され、「TZ-G」に標準装備、「TX”Lパッケージ”」にオプション設定した。リアにおいてはコンビネーションランプの形状とガーニッシュの意匠が変更された。


 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP