BMW540i、ペルマガードコーティング&メッキモールのプロテクションフィルム施工/神奈川県相模原市R様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

BMW540i、ペルマガードコーティング&メッキモールのプロテクションフィルム施工/神奈川県相模原市R様

磨き屋ブログ

2016/03/11 BMW540i、ペルマガードコーティング&メッキモールのプロテクションフィルム施工/神奈川県相模原市R様

BMW540i × ペルマガード

BMW540i
PERMA GARD   +option coat

[POLISH LEVEL:3]

 

036

BMW540i、神奈川県相模原市R様より各種ボディーコーティングのご依頼を頂きました。

 

 

 

037

濃色の中古車をご購入された際、やはり気になるのは研ぎ目(=オーロラ)です。販売店で出来る限りキレイにしようと磨きを試みる結果ですが、逆に美しく仕上げられている車は稀です。

 

 

044

細部の洗浄を含め、徹底的に処理していきましょう。

 

 

 

045

まずは足回り、ホイールは新品を履かれていましたので大量のブレーキダスト汚れも手の届く範囲ですがキレイにリセット。

 

 

 

039

撥水性のコーティングで欠かせないのは”動的性能” です。例えば動的性能の低い撥水被膜の場合、ボンネットに残った水滴は走行中に流れず留まり続けます。

 

販売店で何らかの強撥水ガラスコーティングを施されていましたが、動的な撥水ではないのでこの被膜はデポジットの餌食になり易いと言えます。

 

 

 

 

046

鉄粉除去はしっかり行われていたようで、鉄粉の付着は少ない状態でした。

 

 

 

047

これはボンネットのタッチアップ(タッチペン)ですが直径1cm程あります。
バンパーなどの側面と違いボンネットのタッチアップは下手に手を出すと返って目立ちます。

 

 

 

049

きれいに磨き上げるほど目立つ恐れがあるので磨きの前にはみ出した部分をペーパーでレベリングする事にしました。

 

 

 

<BEFORE>
048

<AFTER>
059

バフ研磨後です。塗料が痩せたのが原因でレべリングされていませんがはみ出した塗料は綺麗に処理されました。

 

 

 

051

樹脂各部やメッキ、ヘッドライト等にマスキング

 

 

 

052

準備完了、“LEVEL:3″ での研磨開始です。

 

 

 

<研磨前>
037

<研磨後>
054

画像下部の傷にも荒くクリアーのタッチアップがされておりましたが時間経過が少なかったようで、剥がすことができました。理論上は下地まで入った傷でなければ除去可能ですが、過度な研磨は塗装の耐久性を著しく低下させます。この傷がクリアー低層に達していると考え完全除去は行いませんでした。

 

 

 

<BEFORE>
038

<AFTER>
055

ご丁寧に隅々までオーロラを出してくれていましたが、特にクオーターパネルなどの磨きやすい部分は、かなり捏ね繰り回されていました、。。

 

 

 

<下地処理前>
041

<下地処理後>
057

ウインドーコーティングの下地処理では入念にシリカスケールの除去を行います。

 

 

 

<下地処理前>
042

<下地処理後>
058

スモークの掛かった後部ガラスはガラス表面温度が高いので、水分が蒸発するスピードが速くその際のエネルギーはシリカスケールの固着力に比例します。洗車で落とせないスケールが後部ガラスに多いのはその為です。

 

 

 

072

サンルーフも綺麗にリセット。

 

 

 

続いて、ウインドーモールへのプロテクションフィルム施工です。

 

045

作業日程の都合上、別日での施工とさせて頂きました。

 

 

 

<下処理前>
044

<下処理後>
047

まずは白濁したメッキモールを磨き上げます。

 

 

 

<下処理前>
043

<下処理後>
046

左ドアミラー前

 

 

 

<プロテクションフィルム施工後>
049
エッジから1~2mm付近へカットラインを設定。

 

 

 

048

メッキモール研磨+メッキ専用コーティングの施工でも再白化の遅延効果は望めますが、特に輸入車の場合は再白化を完全に防げるわけではありません。プロテクションフィルムの施工後は3~5年程のサイクルで張替えることで半永久的に美しい状態の保護が可能です。

 

 

 

067

ペルマガード施工完了

 

060 062

新車時の様な深い艶、定期的にメンテナンスを実施する事で色あせの心配のない光沢を永続させることが可能です。

 

069

通常の洗車は水洗いで十分です。

 

063 064

細部は手塗りして硬化を待ちますが、専用機材により微熱を加えることで分厚い7ミクロン程の重厚な被膜を形成させます

 

065

BMW純正コーティングでもありますので相性は抜群です。

 

070071

硬化ブランクを置いてお客様へお渡しとなります。

 

068

この度は東京都町田市のボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございました。
ご質問や気になること、日頃のお手入れの仕方など、わからないことがございましたらお気軽にご連絡ください。今後とも、ご愛車の専属ディテーラーとしてご贔屓頂けましたら幸いです。

 

▼こちらも読まれてます

 

ウインドーメッキモールの「白い染み」には研磨+プロテクションフィルムが効果的!

 

BMW640iグランクーペの徹底的な下地処理とガラスコーティングの施工

 

アルファロメオ159「西洋の漆」コーティングで最大限の艶を纏う

 


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

TOP