ペイントミスト飛散被害!工事保険でカーコーティング再施工を補償/神奈川県横浜市S様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

ペイントミスト飛散被害!工事保険でカーコーティング再施工を補償/神奈川県横浜市S様

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,スバル車のおすすめ記事,事故・保険対応

2022/02/07 ペイントミスト飛散被害!工事保険でカーコーティング再施工を補償/神奈川県横浜市S様

自動車保険でカーコーティング再施工/ペイントミスト飛散
SUBARU FORESTER

ペイントミスト事故で再コーティングを補償

横浜市S様の近隣住宅の塗装工事で飛散したペイントミストがご愛車スバルフォレスターに飛散し、工事業者様の損害保険にてコーティングの再施工をいたします。

’20年4月(20ヶ月)の新車時に当店にてボディコーティングを施工していただき、そろそろメンテナンスに入れようと思っていた矢先の事だったそうです。とてもキレイにお車を維持されていたので心中をお察しします。

 

「ペイントミストとは?」
吹き付け塗装の際に、被塗装面に付着しないで飛散する霧状になった余分な塗料。 駐車したクルマ等に付着するなどして近隣トラブルの原因となることが多い。
横浜のペイントミスト事故車

ペイントミストはお車の全体的に付着しているので塗装し直す方が早いので再塗装される場合もありますが、オリジナルの塗装がまだ活かせるのであればお車の価値を下げてしまう再塗装は絶対に避けるべきです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペイントミスト被害を修復

塗料は2種類、茶色い塗料と白い塗料がボディに付着。ボテッと3mmくらいのものもありますが、ほとんどは白い1mm以下のミスト状の塗料がボディ全体に降りかかっています。

 

 

 

 

 

 

ペイントミスト事故車両の修理方法

各種のリムーバーやペイントミスト用粘土や鉄粉事故用クレイなどを使用してペイントミストの取りこぼしが無いように入念に下地処理を行います。この工程で使用するトラップ粘土は、一般的な鉄粉処理を行う粘土よりも研磨粒度が粗いモノになるので少なからずボディ全体にスクラッチが入ります。その為、ペイントミスト事故や鉄粉の飛散事故に遭われたコーティング施工車の保険対応時には、ペイントミスト除去+全体の磨き直し+コーティング再施工を必ずセットで行わなければならないので請求額(損害額)は大きく膨らむ傾向があります。(相場30~50万)

 

 

 

 

 

 

横浜のペイントミスト車の磨き

下地処理工程でほとんどのペイントミストをきれいにリセットすることができました。

 

 

 

車に付着した塗料の種類

問題はこの茶色い塗料。アクリルかウレタン系塗料かと思いきや各種リムーバーや粘土でもビクともせず、エポキシ樹脂系の塗料でしょうか、乾燥過程でボディに食い込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペイントミスト塗料のサンディング

1粒1粒を耐水ペーパーでサンディングして除去します。

 

ペンキミストの付着した車の仕上げ方

75mmバフ研磨

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

 

ペイントミスト除去前

 

<AFTER>

ペイントミスト除去後

幸いにもこの茶色いペンキミストは車体全体で10粒前後だったのが幸いしました。ペーパー目を残すことなく完全にリペアします。

 

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ボンネットフードがペイントミストでザラザラ

 

<AFTER>

ボンネットがザラザラの車を磨いて修復

フードの中央部分の磨き、細かく入った粘土キズなど水染みも含めて全てきれいにリセットし、コーティング下地作りからやり直していきます。

 

 

 

 

 

横浜のスバルのペイントミスト被害

サイドパネルなどは上面に比べてミスト被害は少ないですが、お車全体を隈なく磨きます。

 

 

窓ガラスに付着したペイントミストを除去

もちろん窓ガラスにも飛散しているので、まだまだ撥水の効いた窓ガラス全8面も下地処理からやり直します。

 

 

 

 

ペイントミスト被害の車のコーティング補償

ペイントミスト事故処理とコーティング再施工、5泊6日の作業完了です。

 

 

 

 

飛散事故前よりもつるつるになったスバルフォレスター

20ヶ月前の新車状態に復元したスバルフォレスター。当たり前ですがペイントミスト飛散事故前よりもツルツルになり、メンテナンス入庫時期にキレイにリセットできたのでお客様にも大変お喜びいただくことができました。

 

 

知らない間にペイントミスト被害に遭われているケースは少なくありません。日常洗車の際などによく注意してボディの状態を観察してみてください。異物感があったり塗装に点々と付着物があったりと、当店でもメンテナンスにご入庫いただいた際に発見することが稀にありますが、その時にはもういつ付着したものかがわからないので保険対応するにも相手がいなければ自車の車両保険しか使うことができません。

 

 

ペイントミスト被害の保険対応がキレイな店

車両保険に加入している場合は、ペンキミスト飛散元がわからなくてもペンキミスト塗料飛散付着車両の修復代金を実費なく保険会社に支払ってもらうことができます。通常の交通事故の修理に車両保険を使用すると次年度の等級が3等級下がりますが、ペイントミスト飛散事故の場合は1等級ダウンで済みます。詳しくは加入先の自動車保険会社に問い合わせてみてください。

相手側工事業者様との面倒なやり取りや、書類の作成と画像添付や請求額の協定など全て一任して頂ければ、オーナー様にご負担をお掛けすることなく処理させていただきます。
ペイントミスト被害や事故対応、鉄粉事故のコーティング再施工処理などはディテールワークスへお任せください。

 

■関連性の高い記事

 

自動車保険でカーコーティング再施工補償/MベンツGLK350

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP