FIAT500アバルトのガラスコーティング施工車例/神奈川県相模原市K様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

FIAT500アバルトのガラスコーティング施工車例/神奈川県相模原市K様

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,相模原,ECHELON 1043 NANO-FIL,ホイールコーティング,FIAT/ABARTH車のおすすめ記事

2012/08/25 FIAT500アバルトのガラスコーティング施工車例/神奈川県相模原市K様

フィアット500アバルト × ガラスコーティング

FIAT500 ABARTH
ECHELON 1043 nano-fil[POLISH LEVEL:3]

 

IMG_2253.jpg

FIAT500アバルト相模原市K様からガラスコーティング施工のご依頼です。
カワイイ顔のフィアット500アバルト、さすがはイタリア車ならではといったスタイリングのホットハッチです。

 

 

 

 

 

 

IMG_2022.jpgIMG_2023.jpg

ホイールのガリ傷のリペア(3本)もコーティング同時施工にて承りました。

 

IMG_2296.jpg

白いホイールなのでブレーキダスト汚れが目立ちます。硬化型ホイールコーティングを施工してお手入れがしやすいようにテコ入れです。

 

IMG_2260.jpg

ご要望のサイドスカートの塗装の欠け。小さめの剥がれ等のタッチアップ+レベリング作業であれば、ボディコーティングとの同時施工でお安く承ります。

 

 

 

 

 

 

IMG_2313.jpgIMG_2357.jpg

まずはホイールを車体から外してキャリパーや足回りのクリーニングから。

 

IMG_2374.jpg

キャリパーも隅々までキレイにクリーニングしました。

 

IMG_2396.jpg

ナットの錆は、

 

IMG_2401.jpg

ペーパーで削ってこの通り。

 

 

 

 

 

 

IMG_2276.jpgIMG_2298.jpg

パネルの隅や隙間に堆積した汚れも酸性ケミカルや豚毛ブラシでしっかり汚れをリセットします。

 

IMG_2484.jpg

汚れをコーティングしてしまう訳にはいかないのでボディーの全てのパネルの継ぎ目を徹底的にクリーニングします。

 

 

 

 

 

 

IMG_2285.jpg  IMG_2477.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2281.jpg  IMG_2479.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2292.jpg  IMG_2476.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2265.jpg  IMG_2500.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2280.jpg  IMG_2480.jpg

 

 

 

 

 

IMG_2308.jpg  IMG_2472.jpg

窓ガラスの雨だれ汚れもスッキリ。気持ちいいですね。

 

 

 

 

 

 

IMG_2300.jpg

おざなりになりがちなトランク内側のヒンジ部分も ↓

 

IMG_2485.jpg

専用ケミカルで隈無く洗浄。

 

 

 

 

 

 

IMG_2270.jpg

アバルトのエンブレムにも、

 

IMG_2495.jpg

凛々しく存在感を。

 

 

 

 

 

 

IMG_2258.jpg

マフラーも、

 

IMG_2491.jpg

手の届く範囲でトコトン汚れを除去します。

 

 

 

 

 

 

IMG_2425.jpg

スカート裏のピッチ・タール汚れを溶解して除去。

 

IMG_2428.jpg
覗いてみることもない部分ですが、こういうところがきれいになっていると本当に新車のように見えてくるから不思議です。

 

 

 

 

 

 

IMG_2289.jpg

黒い点々は埃ではなく、ボディーの鉄粉です。
普段の洗車などではいくら洗っても落ちませんし、このまま磨けば引きずって傷を作ってしまいます。(バフも使い物にならなくなるので、、///

ところどころ酸化して錆ている鉄粉もあり、塗装がダメージを受ける前にひとつひとつの鉄粉をネンダー処理で除去します。

 

IMG_2290.jpg

FIATの場合、特にこの斜め上を向いたハッチに鉄粉が溜まることが多いようです。ボディ全体の鉄粉除去に3時間を要しました(汗)

 

IMG_2413.jpg

当店の標準の施工手順ですが、ここまで来てやっと磨きの準備マスキングです。徹底してクリーニングすると遠目ではもう十分キレイです。
ですが、専用照明でボディーの状態を確認してみましょう。

 

 

 

 

 

 

<研磨前>
IMG_2409.jpg

<研磨後>
IMG_2421.jpg

やはり洗車傷もそれなりに多く、塗装のクリア層も酸化しています。ファーストポリッシュ(第1磨き)を入れて大まかに傷を除去。

 

 

 

 

 

 

IMG_2364.jpg

ボディー全体に均一な細目~微粒子の磨きをバフを入れ替えて3工程いれると、酸化していた塗装の黄ばみが抜けて艶が増し、新車同様に生まれ変わります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2467.jpg

ホイールのリペア×3本完了。目を凝らしても修理個所が全くわからない完成度。

 

IMG_2530.jpg

足周り、透き通るような白さでカッコ良さ倍増です。(キレイに維持するのは大変そうです、。)

 

IMG_2468.jpg

脱脂洗浄、コーティング前に不純物が無いようにブースを密閉して洗浄します。

 

IMG_2511.jpg

美しくなったボディーを守る為の保護膜、ガラスコーティングは「ECHELONNANO-FIL」 滑水性コーティングで、完全硬化までの一か月はお客様サイドでのお手入れが不可欠です。

 

IMG_2470.jpgIMG_2492.jpg

未塗装樹脂部分には専用保護剤でコートし、白ボケや酸化・劣化を防止します。

 

IMG_2462.jpgIMG_2455.jpg

エンジンルームも簡易クリーニングさせていただきました。

 

IMG_2460.jpg

エンジンルームの簡易クリーニングは有料にて承ります。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2520.jpg

車内の除菌清掃・抗菌処理を施します。

 

IMG_2504.jpg

イタリア人のセンスが小さなボディーの中で炸裂、随所にちりばめられたデザイン性

 

IMG_2503.jpg

3スポークステアリングとアバルトのエンブレム。かわいいながらも適所にスパイシーなホットハッチ。

 

IMG_2505.jpg

内装もレーシーでありながらおしゃれ

 

IMG_2509.jpg

ホールド感のあるサイドサポートとシート

 

IMG_2508.jpg

メーター類は一体型、これはコンパクトでなかなか見やすそうです。

 

IMG_2510.jpg

メーターパネルフードの赤いステッチも手の込んだ良いセンス。

 

IMG_2522.jpg

濡れたような質感で手触りのツルツルとした感触、体感できるガラスコーティング「ECHELON1043nano-fil」。

 

IMG_2523.jpgIMG_2516.jpg

細部に至る徹底したクリーニングと磨き、コーティング施工で仕上がりはどこからどうみても新車です。

 

IMG_2526.jpg

ガラスコーティング施工完了。外は青天で納車日和でした。ご依頼のボンネットとフェンダーのステッカー剥がしも糊残しはありません。

当店の中古車のコーティング施工目標は、ただ単にキレイにする事ではありません。目標は”新車の状態”です。さらに、その場限りの美しさではなく、永く美しさを保つ事を考えてお車に触れさせて頂き完成させます。

 

施工後も、お客様の専属ディテーラーとして愛車を美しく維持する事のお手伝いが出来れば何よりの幸せです。
何かご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。この度はFIAT500アバルトのガラスコーティング施工のご依頼をいただき誠にありがとうございました。

カーコーティングは魔法ではないので、このキレイな状態を維持する為には、いつかメンテナンスにご入庫いただきリフレッシュすることが必要になります。今後ともご愛車フィアット500アバルトの美観維持にお役立てください。

 

 

 

 


■FIAT500アバルトの概要
NUOVA 500の発売から50周年を迎えた2007年3月23日通算3代目となる新型500が発表された。フォルクスワーゲン・ニュービートルやミニ (BMW)などと同様の「ヘリテイジライン」や「リビングレジェンド」など(日本ではレトロ調)と呼ばれるデザイン手法を取り入れ、NUOVA500をイメージした丸みのあるボディを持つ。ポーランドティヒとメキシコトルーカのフィアット工場で2007年中頃から生産が開始され、2007年9月にヨーロッパ各国で発売された。フィアット500 (2007年)をベースにアバルトがチューンアップしたのがアバルト500。2017年2月25日のマイナーチェンジとともに全グレードがアバルト595に統一された。


 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP