NISSAN GTR/R35ガラスコーティング施工例/東京都八王子市S様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

NISSAN GTR/R35ガラスコーティング施工例/東京都八王子市S様

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,新車,八王子,ECHELON 1043 NANO-FIL,日産車のおすすめ記事

2015/05/27 NISSAN GTR/R35ガラスコーティング施工例/東京都八王子市S様

GTR R35 × エシュロン1043ナノフィル
GTR R35
ECHELON1043nano-fil[POLISH LEVEL:2]

 

東京の赤い日産GTR

日産GTR/R35、東京都八王子市のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です。
日本が誇る量産車最速のスーパースポーツ。非現実的とも言えるパフォーマンス条件を全て兼ね備え、燃費や環境性能まで考えられた21世紀に相応しいスーパーカー、480馬力で0-100km/hは2.7秒、エンジンは「匠」の称号を持つ横浜工場の職人がひとり1台を担当し手作業で組み上げます。

 

 

 

 

 

東京の赤い日産GTRのコーティング施工

ディーラーの担当の方が、タオルでボディーを拭き上げた結果、車体全体に深い拭き傷が…。
R35GTRは通常の10倍程の鉄分を含むブレーキパッドを採用している為、ブレーキ馴らし前に洗車し放置するとパッドとローターが固着着してしまう為、納車前洗車を控え乾拭きしたそうですが、埃をかぶっている状態での納車の方が余程マシ、せめて水拭きにしてほしいですね。
洗車無しにウエスでボディーを拭けば、拭き方によっては通常の洗車キズより厄介です。
車を販売する人間がそんな常識も知らないのでしょうか。お客様が納車時に指摘するも「こういうものです。」と言い切られたそうです。画像ではキズの多さや深さがそんなに伝わりませんが、思っていたよりハードです。

 

 

 

 

35GTRの磨きとコーティング

しっかり洗車・下準備を終えマスキングをします。

 

 

 

 

 

 

 

赤い35GTR

傷取り磨き開始、高硬度塗装をじっくり時間を掛けて丁寧に磨いていきます。

 

 

 

 

 

 

<磨き前>

GTR磨き前

<磨き後>

GTR磨き後

専用照明でないと見えないようなキズももちろん除去。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>

GTRのコーティング専門店

<磨き後>

日産車が得意なコーティング専門店

新車磨きでは除去できない深いキズも、磨きレベル2で除去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

太陽光の下でボディの確認IMG_6054

翌日は晴れていたので太陽光の下でバフキズや磨き残しの確認。

 

GTR35のマフラーエンドの存在感IMG_6077

磨き終わると、細部まで再度クリーニングし脱脂、コーティングの準備です。マフラーエンドも存在感がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

GT-Rのフロントエンブレム

フロントグリルに装着されたGT-Rエンブレム

 

 

 

 

 

 

 

エシュロン1043ナノフィルをGTRに施工IMG_6070

エシュロン1043ナノフィル施工、ガラス被膜や被膜硬度といったスペックにこだわるのではなく、コーティングの基本である、

塗装を保護し美感を長期間維持するということを追求したコーティング剤。

 

 

 

 

 

 

 

ガラスコーティングの演色性はない

ガラスコーティングは演色性の無い透過性の高いボディーコーティングですので、その仕上がりは下地処理に大きく依存します。

下地処理に比重を置き施工するからこそ特有の鋭い輝きを放ち、その性能を最大限に発揮することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

GTRのレイズ製アルミ軽量鍛造ホイール

ブラッククォーツクロームカラーコートされたレイズ製アルミ軽量鍛造ホイールへ硬化型ホイールコーティングを施工。ブレーキキャリパーはブレンボ製(フロント6ポッド/リヤ4ポッド)

 

 

 

 

 

 

 

 

GTRのコーティングの拭き上げ

半硬化後の拭き取りも入念に行います。

 

 

 

 

 

 

 

GTRのフェンダー後部のエアアウトレット

フェンダー後部のエアアウトレット

 

 

 

 

 

 

 

 

GTRのステアリング

35GTRステアリング

 

 

 

 

 

 

 

 

1脚100万円のレカロ(RECARO)カーボンバケットシート

1脚100万円のレカロ(RECARO)カーボンバケットシート。腰痛持ちのオーナー様曰く、長時間運転しても腰に負担が掛からないそうです。車内は除菌・抗菌処理させて頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

GTRのコーティング東京

全施工工程が無事に終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京のガラスコーティング専門店

この度は、東京のガラスコーティング専門店ディテールワークスへGTR35のガラスコーティング施工のご依頼をいただき誠にありがとうございました。

何かご不明点やご相談事がありましたらお気軽にご連絡ください。今後共、コーティングメンテナンス等でお役に立てましたら幸いです。

 

 

▼関連性の高い記事

 

日産GTR(R35)の「PERMA GARD」コーティングメンテナンス

 

 


NISSAN GTR(R35)の概要
GTR(R35)は、日産スポーツモデルの象徴であるスカイラインGT-Rの後継車種で、車両型式としてはC10型スカイラインの初代2000GT-Rから数えて6代目に該当する。エンジン型式では、1969年-1973年が第1世代、1989年-2002年が第2世代、本モデルは第3世代となる。サーキットやアウトバーンなどを高速走行する動力性能を有しながらも、市街地走行時の乗り心地、雪道や濡れた路面での操安性、静粛性、乗降性、トランクの積載性、後部座席の着座性、燃費やCO2排出量など環境性能、などを考慮して開発された。運転スキルや天候や路面状況に左右されず「誰でも、どこでも、いつでも」スーパーカーの魅力を楽しめることから、日産では「新次元マルチパフォーマンス・スーパーカー」と称している。
エンジンは、VR38DETT型3.8L/V6ツインターボエンジンを搭載し、初期モデルの最高出力は480馬力、2008年12月の小改良以降のモデルは485馬力、2010年11月発売の2011年モデルは530馬力、2012年モデルから2015年モデルまでは550馬力、2017年モデルは570馬力、2014年2月末販売のNISMOモデルは600馬力を発生する。最大トルクはマイナーチェンジ前の2007年12月登場モデルが60.0kgf·m、2011年モデルが62.5kgf·m、2012年から2016年モデルまでが64.5kgf·m、NISMOモデルが66.5kgf·m、2017年モデルが65.0kgf·m。


 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP