アルファロメオ・ジュリエッタベローチェのボディーコーティング施工例/神奈川県相模原市N様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

アルファロメオ・ジュリエッタベローチェのボディーコーティング施工例/神奈川県相模原市N様

磨き屋ブログ

2018/03/18 アルファロメオ・ジュリエッタベローチェのボディーコーティング施工例/神奈川県相模原市N様

アルファロメオ・ジュリエッタ × 樹脂コーティング施工
Alfa Romeo Giulietta –Veloce
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:2+]

 

アルファロメオ専門店

神奈川県相模原市のお客様よりアルファロメオ・ジュリエッタヴェローチェのボディーコーティング施工とヘッドライトプロテクションフィルム施工のご依頼を頂きました。ジュリエッタの最高級グレード “ヴェローチェ” はイタリア語で “早い” という意味。「アルファロメオ」「ジュリエッタ」「ヴェローチェ」、イタリア語は響きが色っぽくて良いですね。

 

 

 

<クリーニング前>
アルファロメオの洗車

<クリーニング後>
マフラーエンドのクリーニング

まずは足回りの洗浄と細部洗浄、パネルの隅やマフラーエンド、ドアヒンジ等を各種のケミカルを使い分けて洗浄します。

 

 

 

撥水コーティング

試乗車をご購入されたのですが撥水力の高いガラスコーティングが残っているようです。

 

 

 

赤い塗装に付着したイオンデポジット

やはり、ルーフやボンネットを中心にイオンデポジットと、もれなくピンホールダメージが見受けられます。

 

 

 

イオンデポジットの処理方法

ヘッドライトの目頭もこの通り、雨染みがイオンデポジット化した状態がボディー全体に。

 

 

 

アルファロメオのマスキング

全ての下処理を終えて、ゴムモールやヘッドライト、樹脂などをフルマスキングします。

 

 

 

アルファロメオの塗装の膜厚

クリア塗装の厚さはおそらく他の欧州車と変わりませんが、塗装全体では130~150ミクロンの膜厚があります。アルファロメオやフィアット等のイタリア車は割りと厚めの塗装が噴かれていますが、クリア塗装は比較的柔らかくその耐久性は脆弱で、特に彩度の高いボディーカラーに関しては、色抜け(色あせ)に留意する必要があります。

 

 

 

イタリア車の磨き方

ボディー全体に「LEVEL:2」の研磨処理を施しますが適宜に「LEVEL:3」の研磨も加えて仕上げます。

 

 

 

イタリア人の配色センス

シルバーではなくグレーメタリックっぽい塗装の配色センスはさすがイタリア車です。

 

 

 

<研磨前>
フェンダーの深い傷の処理

<研磨後>
傷取り磨きの方法

塗装のダメージから判断してしまえば「LEVEL:3」の研磨が妥当なところですが、あえて最低限の研磨処理で下地を整えていきます。

 

 

 

<施工前>
フェンダーの傷

<施工後>
フェンダーのピンホール

フェンダーもこの車に関してはオーバーポリッシングは禁物。ピンホールを残して粗方の傷を除去して磨ききる手前で留めておきます。また、ピンホールは人工の照明下(蛍光灯や水銀灯など)では見えますが太陽光下ではほとんど確認できません

 

 

 

<BEFORE>
フロントリップのイオンデポジット

<AFTER>
プロのイオンデポジットの処理

フロントリップ部まで及ぶイオンデポジット、可能な限りリセットを行います。

 

 

 

ヘッドライトプロテクション

同時にご依頼いただいたヘッドライトのプロテクションフィルムの施工。

 

ヘッドライトの透明フィルム

端部をゴムスキージで決めていきます。

 

ヘッドライトフィルム専門店

完成です。施工ジェルが抜けきり密着性が最大になるまでに1週間程を要します。

 

 

 

評判のプロテクションフィルム施工店

コーティング前の肌調整ボディー研磨が完了しました。

 

 

 

プロ用シャンプー

程よく増粘剤と発泡剤を含んだ脱脂洗浄剤でシャンプー後にブロアー乾燥して全ての下地処理が完了です。

 

 

 

アルファロメオジュリエッタの試乗車

ご選択頂いたボディーコーティング剤は「MICRO FENCE」。

 

0アルファロメオのコーティング専門店

お手入れに酸性ケミカルを使用しているそうなので耐酸性の高いマイクロフェンスの施工が最適です。

 

東京のコーティング専門店

酸化被膜が除去された研磨後のアルファレッドの光沢感。

 

相模原のアルファロメオ専門店

ハニカムグリルの一つ一つも丁寧に手仕上げ致しました。

 

ガラスコーティング専門店

パネル際・裏・隙間まで抜かりなし。

 

東京の樹脂製コーティング施工店

限りある塗装を最大限に生かす下地処理と「樹脂製コーティングマイクロフェンス」の艶が織り成す輝きが素晴らしい。

 

アルファロメオジュリエッタの艶

新たにデザインが変更されたエンブレム、すっきりと洗練されたイメージになりました。

 

アルファロメオジュリエッタベローチェのコーティング

ご返車の際は生憎の雨となってしまいましたが、仕上がりには大変お喜び頂く事ができました。今回は、耐久性が高いとは言えないアルファロメオの塗装の膜厚を闇雲に削ることなく目立つダメージやスクラッチを除去し艶感の高いボディーに仕上げさせて頂きました。以後のお手入れやメンテナンス入庫などで美しさをキープするお手伝いをさせて頂ければ幸いです。全ての車を一筋の傷やダメージも無く研ぎ澄ます事は素晴らしいスキルですが、その車にとってどんな施工がベストなのかという事を明確に認識しながら1台1台を仕上げることこそが、手前共専門店が専門店たる所以であり、お客様に求められているスキルだと思っております。
この度は、カーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。今後ともご愛顧の程宜しくお願い致します。

 

 

▼こちらも読まれてます

 

黒の凄み、アルファロメオ159ボディーコーティング施工

 

TVRタスカンの曲線を強調する磨きとコーティング施工

 

新車アバルト124スパイダーのカーコーティング施工例

 

ダメージ大!メルセデスベンツS63(AMG)の復活劇。

 

 


■アルファロメオ・ジュリエッタ(3代目)の概要
2009年12月2日、アルファロメオ147の後継車両としてネーミングを復活させることを発表し、2010年のジュネーブショーでワールドプレミア後に5月よりイタリアで発売を開始した。 日本国内では2012年2月より発売開始し、当初は50台限定の「アルフィスティ」を除き、全車右ハンドルのみの設定だったが、同年8月に左ハンドル車も設定された。デザインは、かつてピニンファリーナに在籍していた現フィアットグループのデザインディレクター、ロレンツォ・ラマチョッティが統括するアルファスタイリングセンターの作品で、ボディサイズに関しては、全長4,351×全幅1,798×全高1,465㎜(日本仕様は4,350×1,800×1,460㎜) 、ホイールベース2,634㎜(日本仕様は2,635㎜)、トレッド1,554/1,554mm(日本仕様は1,555/1,555㎜)となっている。“コンパクト”と名づけられたジュリエッタのプラットフォームはまったく新たに開発されたもので、高剛性のシャシ、フロントの進化型マクファーソンストラット、リアのマルチリンクの各部にアルミを多用したサスペンション、デュアルピニオン式ギアボックスに電動パワーアシストを採用したステアリングなどによって高度な安全性を備え優れたロードホールディングと俊敏性に加えて快適さを実現している。このシャシは今後、フィアット、クライスラーグループのC、Dセグメントの車種に幅広く採用される予定となっており、クライスラー側の1番手としてダッジ・ダートが、北京モーターショーでは中国で生産されるフィアット・ビアッジオが発表されている。また、2013年に発表されたジープ・チェロキー(KL型)や2014年登場のクライスラー・200のベースとしても使用されている。トランスミッションは当初6速MTのみであったが、2011年6月にミトに続きアルファロメオ初の6速乾式デュアルクラッチオートマチック(アルファTCT)が設定された。ただし、搭載されるエンジンは、ガソリンの1.4マルチエアTB170PSとディーゼルエンジンの2.0リットル(2.0JTDM 170PS)に限られている。


 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

TOP