新製品カラープロテクションフィルム施工店“STEK-DYNO”施工受付開始。

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

新製品カラープロテクションフィルム施工店“STEK-DYNO”施工受付開始。

磨き屋ブログ

2020/01/06 新製品カラープロテクションフィルム施工店“STEK-DYNO”施工受付開始。

カラープロテクションフィルム、エステックDYNOシリーズを導入しました。

 

カーボン調プロテクションフィルム

 

プロテクションフィルムにウェットカーボンファイバー調の3Dパターンを織り込んだ本物そっくりのダイノカーボンPPF。

DYNOカーボンはマットタイプとグロスタイプの2種類。

3Dパターンフィルムのグロスタイプはフィルムの表面処理もこれまでにない滑らかさがあるので問い合わせの多い人気商品。こんなフィルムを待ち望んでいた人も多いのではないでしょうか。

 

プロテクションフィルムの保護性能にラッピングフィルムのファッション性が融合したありそうで無かったファッションカラープロテクションフィルム。

既に世界63カ国以上で展開されているSTEK(エステック)の次世代PPF「DYNOシリーズ」のフラッグシップモデル

 

 

 

 

 

 

マットブラックプロテクションフィルム

 

マットブラックプロテクションフィルムのDYNOmatt(ダイノマット)は、ドライなサテンフィニッシュのクールな印象を与え、元のペイント面を美しいまま保持しながら美しいマットスタイリングが完成。

 

もちろん優れたPPFの基本性能(常温復元効果・耐スクラッチ性・飛び石傷からの防御・耐黄変性など)がすべて揃っており、傷などのダメージは熱または熱湯による高速回復セルフヒーリング効果で復元されます。また、全てのDYNOシリーズプロテクションフィルムにおいて、独自開発のHYDROphobe®セラミックトップコートが分子レベルで融合したプロテクションフィルムであり、メンテナンスフリーを叶える超疎水性が付与されています。

 

イメージチェンジの色変えだけでなく塗装保護も高い次元で両立できる画期的な新商品カラープロテクションフィルムです。

 

 

 

 

 

 

ブラックプロテクションフィルム

 

ヘッドライトはヘッドライト用カラープロテクションフィルムのDYNOshade(ダイノシェイド)、ボンネット手前側へカラープロテクションフィルムのDYNOblack(ダイノブラック)、フード奥側がDYNOmatt(ダイノマット)。

 

全てのラインナップにおいて、安いプロテクションフィルムやラッピングフィルムにありがちな絞れたゆず肌もなく、施工面の平滑性は素晴らしいです。

ダイノブラックに関しては他に類を見ない滑らかさで鏡面仕上げのような質感が演出できます。尚且つ通常はキレイに管理するのが難しいブラックですがセルフヒーリング効果で傷が元通りに戻るのでうれしいですね。

 

施工性に優れていますのでプロテクションフィルム施工店レベルであればキレイな仕上がりが期待できます。

 

 

 

 

 

 

カラープロテクションフィルム

 

一風変わったマジョーラのような風合いを与えるカラープロテクションのDYNOprism(ダイノプリズム)は、プロテクションフィルムにメタリック粒子のようなグリッターフィニッシュを施したマルチトーンフレーク仕上げのPPF。

 

ちなみにこの画像のレンジローバーの元色はブルー。どんなカラーの車も見る角度によって色合いが変わるユニークなフィルムです。

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトカラープロテクションフィルム施工店

 

ヘッドライト用プロテクションフィルムDYNO-LPFは3種類のラインナップ。

ステルスな外観を追求する人にとって最もトーンダウン可能なDYNOsmoke、美しくシェーディングされた光を提供するshade(シェイド)、トラックにふさわしい保護性能とレーシーなスタイリングのfancy(ファンシー)。ヘッドライト、フォグランプ、テールライトに個性的でドレッシーな外観と保護性能・美観維持性能を付与できます。

 

一般的なファッションカラーフィルムは糊面にアルカリ性の粘着剤が使用されており、ヘッドライトのポリカーボネートにクラックを引き起こす事がありますが、プロテクションフィルムであれば安全です。

さらに通常のカラーフィルムだと糊残りが多く剥がす時が大変ですが、プロテクションフィルムは再剥離性も考慮されているので糊残りも少なく安心です。

 

それぞれのフィルムの特徴や基本性能など、

詳しくはホームページの「DYNOシリーズ」カラープロテクション専用ページをご覧ください。

 

 

 

カラープロテクションフィルム、ファッションプロテクションフィルムの施工は「カーコーティング専門店ディテールワークス」へ。

ご不明点やご相談は、お電話・メールにてお気軽にお問い合わせください。

 

 

▼こちらも読まれてます▼

 

フェラーリF355フロントフルプロテクション施工例

 

完全保存版「磨き屋ブログ」一覧

 

 

■STEKとは?
アメリカに本社を置くSTEKは1977年に設立され、プロテクションフィルム市場で約40年の実績がある自動車のアフターマーケットブランドサプライヤー。ヒュンダイ、トヨタ、およびその他の自動車メーカーにOEMソリューションを提供する初期の成功によって、STEKは消費者向け塗装保護製品の市場の可能性を認識し「STEK Shield Technologies」は、「HYDROphobe®セラミックトップコート」の開発に着手。現在では、自社ブランド次世代型プロテクションフィルム「DYNO」シリーズを世界63カ国以上で展開し、世界最大のプロテクションフィルムサプライヤーの1つとして認定されました。

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP