フェラーリF355のプロテクションフィルム施工/山梨県甲府市S様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

フェラーリF355のプロテクションフィルム施工/山梨県甲府市S様

磨き屋ブログ

2019/11/26 フェラーリF355のプロテクションフィルム施工/山梨県甲府市S様

フェラーリ F355 × プロテクションフィルム施工
 Ferrari F355 × X-PEL・Protection Film

 

フェラーリF355のプロテクションフィルム施工例

フェラーリF355山梨県甲府市S様よりフロント周りのプロテクションフィルム施工をご依頼頂きました。保管状態が良くオリジナル塗装が綺麗に残っているF355です。ボンネットフード・フロントバンパー・両フェンダー・リアクタブルヘッドライトカバーへプロテクションフィルムをインストール。

 

 

 

ボンネットフードのプロテクションフィルムの貼り方

今回はラップテックの石黒さんに応援に来て頂きました。手早く正確なスキージングと緻密に計算されたテンションのかけ方、プロテクションフィルムの豊富な知識とテクニックは流石です。

 

 

タツヤジャパン

 

 

X-PEL本社やその他のフィルムメーカーとのパイプも強くXPEL社からの依頼で高級新型車の細かなデジタル処理を含むプレカットデータの作成を行う石黒氏。2015年からアジア圏をメインに、海外での技術指導や施工を行っています。

 

 

 

F355のフロントバンパープロテクション

フロントバンパー完成。

 

 

 

仕上がりが丁寧なプロテクションフィルム施工店

プロテクションフィルムの既存データをミリ単位で修正し、より美しい仕上がりを追及しております。

 

 

 

プロテクションフィルムの端部処理方法

寸分の狂いのないライン出し。

 

 

 

プロテクションフィルムのプレカットデータ修正による効果

折り込み可能部位は丁寧なスキージングで施工ジェルを抜いて圧着します。

 

 

 

最新版プロテクションフィルムプレカットデータを使用

常にアップデートされる最新データと卓越した技術力が最上級の仕上がりへ導きます。

 

 

 

X-PELプロテクションフィルムのインストール完了

翌日の最終確認を控えてインストール作業終了です。

 

 

 

プロテクションフィルム効果による施工面の艶と光沢

プロテクションフィルムを貼る事で劣化やチッピングなど様々な外的要因からの塗装保護は勿論の事、150μのポリウレタンフィルムが微細なスクラッチを消し塗装に新しく美しい艶を与えます。

 

 

 

X-PELアルティメットプラスの表面処理と艶

よくプロテクションフィルムの施工後はクリア塗装を施した様な艶と形容されますが、150μという厚みはクリア塗装の厚みを遥かに超えています。彩度の高いボディーカラーは、プロテクションフィルムを貼る事でその色が飛び込んでくる様な、より強い視覚的なインパクトを与えます。

 

 

 

フェラーリF355のX-PELプロテクションフィルム施工完了

カーディテーリング施工店の技術力は、既存の最高点に満足せず更にその先を求める探究心によって昇華するモノだと思っています。私達のより良いサービスを提供しようという気持ちがお客様の喜びに繋がれば幸いです。この度はX-PELプロテクションフィルム施工のご依頼を頂きありがとうございました。今後ともご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

 

▼こちらも読まれてます

 

X-PELロテクションフィルムをアウディS4へ施工

 

M.BENZ C63、X-PELプロテクションフィルムのフロントフルセット施工

 

プロテクションフィルムで生活傷防止対策を

 

アルファロメオ159「西洋の漆」コーティングで最大限の艶を纏う

 

 


■フェラーリF355の概要
1994年5月、マラネッロのフェラーリ本社にて発表された「F355」の車名は排気量約3,500cc、5バルブのパワーユニットを搭載していることに由来する。美しいラインを持つクーペ(ベルリネッタ)ボディのスタイリングは先代348シリーズに続き、イタリアのカロッツェリア「ピニンファリーナ」が手がけたもので、348のラインを受け継ぎながらもフィンなどの余計な突起を廃し、より曲線的で艶やかなデザインを採用している。なおクーペモデルのトンネルバックスタイルはF355を最後に廃止された。348シリーズで採用されたセミモノコックフレーム構造は継承され、より改良されたものが採用されていた。縦置きに搭載されるパワーユニットは5バルブ化された新開発の90度 3,495cc V型8気筒DOHC「F129B」型で、ボッシュ社のモトロニック(前・中期型はM2.7、後期型はM5.2)で制御され、最大出力380PS/8,200rpm、最大トルク36.7kgf·m/5,800rpmを発生。ギアボックスはフェラーリ初の6速MTで高回転化に対応するべく、鍛造アルミ製ピストンやチタン製コンロッドなどの贅沢な素材が多く使用されていた。また、高回転化は数値だけでなく、フェラーリの持つ魅力のひとつである「音色」にも貢献し、348と比較すると、より官能的なエキゾーストノートを奏でることが可能になっていた。スーパーカーの代名詞ともいえる角型2灯式のリトラクタブル・ヘッドライトは健在でテールエンドは空力を意識してダックテール状に処理されている。テールランプは348の異形タイプからフェラーリ伝統の丸型4灯に変更されている。ボディタイプは当初、前述の「ベルリネッタ」、デタッチャブルトップ(タルガトップ)の「GTS」の2種類で、1年後の1995年4月に電動ソフトトップを持ったフルオープンボディの「Spider」が追加されたが日本に上陸した車両の多くはベルリネッタボディだった。横置きされるトランスミッションは当初リジッドロッド式の6速MTのみだったが、1997年にマニエッティ・マレリ社と共同開発したパドルタイプの2ペダル・セミオートマチックシステムである「F1マチック」搭載車が追加され、よりイージーにフェラーリのドライブが楽しめるようになった。足回りは前後ともダブルウィッシュボーン式で電子制御式の可変ダンパーを装着しており、「スポーツ」と「コンフォート」の2種類のプログラムが選択できた。また、タイヤも18インチにサイズアップが図られ、フロント225/40ZR18、リア265/40ZR18のピレリ製ハイグリップラジアルタイヤを装着していた。とかくエクステリアやパワーユニットといったメカニズムに注目が集まるが、F355は内装も従来型に比べ改良されている。F355でより近代的なドライビングポジションが取れるようになったフェラーリ初採用のレカロシートもあいまって、シートポジションや運転席SRSエアバッグの標準装備化、前面が本革で覆われたダッシュボードなど、質実ともに向上している。また、パワーアシスト付きのステアリングが標準仕様になっていた(レスオプションも可能だった)。日本には1994年に正式輸入が開始された。当時の販売価格はそれぞれベルリネッタが1,490万円、GTSが1,550万円、Spiderが1,625万円だった。1997年、コーンズは、フェラーリのビジネスパートナーとなって20周年を迎えた記念として、フェラーリによって製作された20台のF355「コーンズ・スペシャル・エディション」を販売し、その内訳はロッソコルサ/ネロ7台、ロッソフィオラノ/ネロ6台、ブルーツールドフランス/タン7台だった。1999年、後継車の360モデナを発表し、生産・販売を終了する。


 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP