コーティングの費用対効果

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

コーティングの費用対効果

コーティング豆知識

2018/08/21 コーティングの費用対効果

愛車にコーティングを施すことは、綺麗な状態を保ったり塗装を長持ちさせるだけでなく、車を手放す際の査定時にも影響します。

ボディーコーティングの施工で健全な塗装状態を維持

紫外線が人間の肌にとって最大の敵であるように、車のボディー(塗装面)にとっても強敵です。
塗装面の酸化や紫外線のダメージを防ぐためには、人が日焼け止めクリームを塗って素肌を日焼けから守るのと同じく、塗装面を保護するコーティングが必要となります。一昔前まではワックスがその役割を担っていましたが、ワックスは塗装面にシミを作ったり雨に濡れて短期間で脱落してしまったり、塗り重ねることで汚れを取り込んでしまうのがデメリットでした。
現在では、2液性ガラス硬化型カーコーティングが主流となっています。ガラス系のコーティング被膜は塗装面の身代わりとなり、紫外線のダメージや酸化による劣化を受け、犠牲膜となって塗装面を守ります。

 

車を売る時の査定額が変わる

もし、愛車を手放さなければならない日が来た時、大切に乗っていた車だからこそ高く買い取って欲しいと思うのではないでしょうか。
査定の基準は店舗により様々ですが、車の見た目も重要なポイントになります。人の大まかな印象が初見で判断されてしまうのと同じように、車の塗装が美しい状態であることは重要です。「車の見た目=塗装」がきれいな状態だと、査定価格アップに繋がります。
新車時からボディーコーティングを施工し定期的にコーティングメンテナンスを施し大切に乗っていれば、査定額がそれまでのランニングコストを満たす金額となって返ってくるかもしれないと考えると、コーティングは決して贅沢なものではなく費用対効果の高いツールであると言えるのではないでしょうか。
当店ではリセール価値を格段に向上させる施工を低価格にてご提供しております。

TOP