BMW325iの山盛りフルオプションコーティング施工例/神奈川県横浜市N様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

BMW325iの山盛りフルオプションコーティング施工例/神奈川県横浜市N様

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,MICRO FENCE,磨きLEVEL:3,プロテクションフィルム,窓ガラスの撥水加工,BMW車のおすすめ記事

2022/02/09 BMW325iの山盛りフルオプションコーティング施工例/神奈川県横浜市N様

BMW320i × カーコーティング
BMW325i
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]

 

BMW325iのコーティング入庫

BMW325iのカーコーティング施工のご依頼を神奈川県横浜市N様よりご依頼いただきました。

2008年式なのにきりっとしてキレイに見えるのはヘッドライトが綺麗だからですね。去年プロテクションフィルムを貼らせていただきました。

 

 

<施工内容>

・「MICRO FENCE/LV:3」

・ウインドー撥水加工全8面等

・フォグランプ研磨+スチームコート(R/L)

・リアランプ「XPEL/SLATE SMOKE」(ライトスモーク)

・ウインドーモールラッピング/グロスブラック[ 後日施工 ]

・硬化型ホイールコーティング脱着両面+キャリパーコーティング

 

 

 

BMW325iの足回りクリーニング

まずはいつも通り足回りからクリーニング。

 

 

 

BMW325iのホイール買い替え

ホイールを買い替えるご予定ですが、役目を終えるホイールもしっかりお手入れさせていただきます。

 

 

 

 

 

BMW325iのヒンジ汚れや細部洗浄

この325iの場合、細部洗浄にかなり時間が掛かりそうです。パーツの隙間やヒンジの汚れ、鉄粉も相当な量がボディに付着しています。

 

 

<BEFORE>

BMW325iのタイヤハウス

 

<AFTER>

BMW325iのタイヤハウスアーチの黒ずみのクリーニング

タイヤハウスのアーチ部分に潜む黒ずみを除去

 

 

 

 

 

<BEFORE>

BMW325iのウインドーモールにラッピング施工

 

<AFTER>

BMWのラッピング

ウインドーモール(ブラックアルマイト)は、後日ラッピングフィルム施工予定です。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

 

BMWのヘッドライト先端

 

<AFTER>

BMWのヘッドライトの隙間のクリーニング方法

ヘッドライト先端の隙間の黒ずみをリセット

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

BMW325iのアウタードアハンドル

 

<AFTER>

BMWのドアハンドルの隙間汚れ

アウタードアハンドル

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

 

BMW325iのエンブレムの溝の汚れ

 

<AFTER>

BMWのエンブレム周辺のクリーニング方法

BMWエンブレム

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

BMWのフロントバンパーの隙間汚れ

 

<AFTER>

BMWの隙間汚れのクリーニングをする東京のコーティング専門店

フロントバンパーサイドのリップとのパネルの合わせ目、こういう部分は放置すると固着して取れなくなっている場合もありますがキレイにリセットできました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアパネルやスカートの鉄粉の原因

今回の施工で厄介そうなのがサイドに張り付く鉄粉の除去作業。サイドに付く鉄粉は主に自車のフロントブレーキディスクから飛ぶ鉄粉の付着。制動力の高いBMWならなおさらその量は多くなります。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

 

サイドスカートの鉄粉処理が可能

 

 

 

 

<AFTER>

サイドスカートの完璧な鉄粉処理

鉄粉反応型リムーバーとトラップ粘土で丹念に処理。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ドア内迄至る鉄粉

 

<AFTER>

ドアの内側までくる恐るべし鉄粉を除去

ドア内側まで至った鉄粉も見逃さずにクリーニング。

 

 

 

 

 

 

 

鉄粉とさよならですっきりしたBMW

すっきりしました。

 

 

 

 

 

 

BMW鉄粉粘土かけても大丈夫

一粒一粒丁寧に除去していきます。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ドアヒンジの専用クリーナー

 

<AFTER>

ドアヒンジ汚れを強力に落とすクリーナー

ドアヒンジの油由来の汚れはアルカリクリーナーを使用してクリーニング。

 

 

 

 

 

<BEFORE>

リアドアヒンジの厄介な油汚れ

 

<AFTER>

BMWのリアドアヒンジの厄介な油汚れ

フロントから見るリアドアのヒンジも徹底清掃

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

BMWアルピンホワイトの白さの比較

 

<AFTER>

磨いた後のアルピンホワイトの白さの比較

ビフォアーと比較してみると、きれいにクリーニングした後は白さが一層明るくなりますね。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ドアのスカッフプレートの汚れを除去

 

<AFTER>

BMWスカッフプレート交換

フロントガラス上部もそうですがBMWのゴム弱いですよね?ゴムの切れたスカッフプレートも交換予定です。

 

 

 

 

 

 

 

BMW325iの磨き前のマスキング

丁寧にマスキング

 

BピラーとCピラーの違い

ちなみに、画像のBMW325iのBピラーは塗装ですが、細いCピラーはアルマイト加工です。

 

フルマスキングとは

フルマスキング完了

 

 

 

 

 

 

 

BMWのボディを覆うシリケート層

全体を覆うシリケート層。これを剥離するだけでかなりの照度UPが期待できます。

 

 

車のSIO2シリカ層

ピントが合いませんが、LED投光器の輪郭は映りません。

 

アルピンホワイト本来の明るい白さ

ちょっとわかりにくいですが、アルピンホワイト本来の明るい白さが引き出されます。

 

サテライトバフで研磨中

サテライトバフで研磨継続中。

 

バフやコンパウンドを適宜に変更して3工程で磨くBMW

バフやコンパウンドを適宜に変更して3工程で磨き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

フォグランプの劣化と黄ばみの除去方法

N様が気にされていたフォグランプの劣化と黄ばみ。

 

 

 

 

 

 

 

水研ぎで劣化層ごと削り落とす+下地を整える

水研ぎで劣化層ごと削り落とすと同時にスチームコートの下地を整えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京のヘッドライトスチーマー施工方法

ヘッドライトスチーマー施工。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

汚い汚れのフォグランプ

 

<AFTER>

新品のようにキレイに復元されたフォグランプ

新品のようにキレイに復元されました。

 

 

 

 

 

 

 

ポリカーボネートならどこでも施工可能なスチーマー

素材がポリカーボネート(PC)であればヘッドライトはもちろん、エンブレムも施工可能です。

 

 

 

 

 

 

 

BMW325iの塗装の研磨とコーティング下地が完

BMW325i、塗装の研磨とコーティング下地が完成です。

 

 

 

 

 

リアランプのライトスモークプロテクション「XPEL/SLATE SMOKE」東京の施工店

同時にご依頼いただいたリアランプのライトスモークプロテクション「XPEL/SLATE SMOKE」

 

東京の「XPEL/SLATE SMOKE」4枚張り施工店

左右併せて4枚張りでインストール。

 

表面処理が平滑なプロテクションフィルム

通常の熱形成タイプのスモークフィルムよりも表面処理が平滑なプロテクションフィルムは、仕上がりのクオリティも高いですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マフラーカッターの汚れ

マフラーカッターのスス汚れも可能な限りクリーニング。

 

光らせておくと気持ちがいいパーツ

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

酷くウロコが堆積した窓ガラス

 

<AFTER>

新車BMWにおススメするコーティングメニュー

窓ガラスは酷くウロコが堆積した状態では別途下地処理料金が掛かります。一度でもプロショップ仕様のウインドー撥水加工をしておくとウロコが堆積することはまずないので、新車のうちに施工しておくことをおすすめしたいメニューのひとつです。

 

 

 

 

 

 

 

BMWの黒いウインドーモールの劣化の改善方法

 

続いて、劣化したブラックのアルマイトモールへのカーラッピング部分施工。

 

 

ウインドーモールにブラックのラッピング施工

表面平滑性の優れたイノゼテックフィルムをウインドーモールへインストール。

 

 

ラッピングフィルム専門店クリスタルカーズの志村さん

カーラッピングは、クリスタルカーズ志村さんに施工していただきました。

 

 

BMWウインドーモールをイノゼテックフィルム仕様

通常のラッピングフィルムよりも断トツで肌目がキレイなラッピングですね。

 

 

 

 

<BEFORE>

BMW325iのウインドーモールにラッピング施工

 

<AFTER>

BMW325iのウインドーモールにラッピング施工

裏側までしっかり回し込んで施工してあります。

 

 

 

 

 

 

平滑にコンディショニングされたリアトランク

均一、且つ平滑にコンディショニングされたリアトランク。

 

 

 

 

 

 

 

BMW325iの全てのオプション施工メニューが完了

BMW325iの全てのオプション施工メニューが完了し、ボディコーティングに移ります。

 

 

 

 

 

 

 

完全硬化型ハイブリッドガラスコーティング

完全硬化型ハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」施工。

 

 

 

 

 

 

 

 

半硬化中のコーティング剤のレベリング性を活かしながら丁寧に拭き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

「車をキレイに保つ」というカーコーティングの本来の目的

「車をキレイに保つ」というカーコーティングの本来の目的を追求し開発されたコーティング剤。

 

水滴の接触角は約80~90度の車のコーティング

水滴の接触角は約80~90度で、滑落角も低く(水滴の滑水性が高く)設計されており、あらゆる汚れを寄せ付けず、付着した汚れは日常洗車で簡単に洗い流すことができます。

 

最長3年の耐用年数のハイブリッドガラスコーティング

有機・無機のハイブリッド網目状3次元被膜は、適切なメンテナンスを実施することで最長3年の耐用年数(耐久性)を実現します。

 

ガラスコーティングとは比較にならないほどの耐イオンデジット性能

従来のガラスコーティングとは比にならないほどの耐イオンデジット性能を発揮します。

 

類稀な塗装保護性能のコーティング剤

過酷な条件下や駐車環境でも類稀な耐久性でご愛車の塗装を保護します。

 

 

高性能で安いコーティング剤

美観維持性能と艶にも優れ、特筆すべきウィークポイントのない高性能コーティング剤です。

 

「XPEL/SLATE SMOKE」

「XPEL/SLATE SMOKE」

 

 

東京のカーコーティング専門店ディテールワークス

この度はカーコーティング専門店ディテールワークスへBMW325iの各種コーティング施工をご依頼いただき誠にありがとうございました。

 

 

 

 


BMW325i(5代目3シリーズ/E90)の概要
エクステリアデザインは、BMWのデザイナー永島譲司。フロントのキドニーグリルのデザインにより、4気筒車と6気筒車の判別が可能(4気筒の縦バーはブラック・6気筒の縦バーがクロームメッキ)である。日本向けセダンの大半は南アフリカ・ロスリンで製造され、E90はセダン、E91はツーリング、E92はクーペ、E93はカブリオレのモデルコードである。第4世代の320は6気筒であったが、第5世代の320は4気筒の設定となっている。
ガソリンエンジンは4気筒と6気筒の2種類でありディーゼルターボエンジン搭載車も販売された。ダブルリンクのロアアームを持つストラットタイプのフロントサスペンションに移行、リヤはE36およびE46のセントラルアームから、BMW初代1シリーズやE39およびE60の5シリーズにも採用されたインテグラルアーム式(5リンク)となった。最高出力は218ps/6500rpm、最大トルク250Nm/2750-4250rpm、車両重量は1510kgとなっている。


 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP