新車なのに傷だらけ!?アルファードの磨きとコーティング施工

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

新車なのに傷だらけ!?アルファードの磨きとコーティング施工

磨き屋ブログ

2020/04/10 新車なのに傷だらけ!?アルファードの磨きとコーティング施工

トヨタアルファード × ボディコーティング
TOYOTA ALFARD 
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:1]

 

 

新車アルファードのコーティング

新車トヨタアルファードのボディコーティング施工のご依頼を東京都町田市のU様よりご依頼頂きました。

 

 

 

 

 

アルファードの側面

新車であってもPDIセンター、ディーラーもしくは下請けの磨き屋で、納車前整備やコーティング施工を目的としたポリッシング(磨き)を掛けることは少なくありません。トヨタの新車は比較的品質管理が行き届いているという印象ですが、全ての新車においてそうとは限りません。今回のアルファードに関しまして、ご入庫段階では確認できんせんでしたが上面を中心にバフ掛けされておりました。

 

 

 

 

 

新車なのに傷だらけ

どうしてこうなるのかわかりませんが、間違いなく設備が整った環境下での磨きではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

アルファードの新車傷

 

<AFTER>

新車の傷のリセット方法

確実に傷を除去するには相当の深い研磨が必要ですので、レベル:1の最低限のポリッシングにより可能な限りスクラッチを除去致しました。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>

新車のピラーに傷

 

<磨き後>

新車塗装

ピラー部分のスクラッチ処理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<処理前>

新車のバイザーの傷

 

<処理後>

新車のメッキプレートに傷

サンバイザーのバフ傷も美しく仕上げさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

バイザーメッキの傷処理

 

<AFTER>

傷取り後のバイザー

メッキ部分をマスキングせずに磨いているので、全てのバイザー部分のメッキに細かい傷が入ってしまっています。

 

 

 

 

 

 

 

新車アルファードのコーティング施工例

一時期のディーラー経営戦略によって磨きやコーティング施工はディーラー内製化が進み、今でも専門ではない人間がポリッシャーを握っていることは少なくありません。

このアルファードは、 “照明設備がない場所で、専門ではない人間が磨いた” という憶測は、恐らく間違いないと思います。

照明設備というのは、よく整備工場の天井に付いているような蛍光灯ではダメです。蛍光灯は肌目の確認に向いていますが、傷を確認するのには向いていません。また屋外の太陽光下で傷の状態を見るのは不可能ではありませんが、わかりにくいので「磨いているから綺麗になっているはずだ」という先入観も相まって見逃されがちです。わかりづらいが為に付け焼刃の磨きで、自己満足レベルの磨きを満遍なく掛けられて返って傷だらけにされてしまうということです。

 

もちろん上手に仕上げてもらえるディーラーさんもあると思いますので一概には言えませんが、コーティング施工は「施工後が始まり」です。その後も、責任をもってボディーやコーティングのメンテナンスを面倒見てもらえる施工店を選んでください。

 

当店でのすべての施工はエンドユーザー様から直接ご依頼を頂いておりますが、当店へ新車のボディコーティングをご依頼頂くお客様にお願いです。

コーティング施工を予定している事を、納車前にディーラーご担当者様にお知らせ頂き、磨きや簡易コーティングを含め外装には一切手を加えなくて良いということをお伝え頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP