ボルボXC60ボディコーティング施工例/神奈川県川崎市M様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

ボルボXC60ボディコーティング施工例/神奈川県川崎市M様

磨き屋ブログ

2020/01/25 ボルボXC60ボディコーティング施工例/神奈川県川崎市M様

ボルボXC60 × ボディーコーティング
VOLVO XC60
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]

ボルボXC60のコーティング

ボルボXC60のボディーコーティング施工のご依頼を神奈川県川崎市のお客様よりご依頼いただきました。

 

 

 

 

 

 

ボルボXC60のレザーシート

北欧家具の国スウェーデン。上質なマテリアルと色使いのバランス感覚がインテリアの随所に生かされます。

 

VOLVOXC60のインテリア

派手過ぎずシンプルすぎず、パーツ毎に細かいこだわりが感じられますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボンネットの傷と太陽光

日頃より洗車機を使われるようで、細かい無数のスクラッチが太陽光で確認できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホイールのクリーニング方法

まずは足回りから手の届く範囲内で洗浄。

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングテープの貼り方

鉄粉処理、細部洗浄後に各パーツをマスキングテープやマスカーで養生。

 

 

 

 

 

 

 

<クリーニング前>

車のピッチ・タール汚れ

<クリーニング後>

ピッチタール汚れのリセット

新しく舗装された道路を走行した場合、ピッチ・タールの付着は避けられません。直ぐに洗車できる場合は問題ないですが、タールで固着すると簡単には落とせない汚れと化します。

シャンプーで落とせないピッチ・タールは専用除去剤(ピッチリムーバー)でクリーニングします。

 

 

 

 

 

 

 

フルマスキングされたXC60

マスキング完了、ポリッシング開始です。

 

 

 

 

 

 

 

傷処理ビフォアーアフター

傷の除去はもちろんの事ですが、有機物である車の塗装(クリア層)は酸化し白くボケていきます。いわゆる艶引けです。

磨きでシリケート(酸化被膜)を除去することで本来の色味や塗装の奥行きといったポテンシャルが最大限引き出されます。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ボンネットの傷

<AFTER>

ボンネットの磨き方

ボンネットフードのスクラッチの処理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルーフの雨染み除去方法

テーパード(サテライト)バフでルーフを研磨中。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>

ルーフのイオンデポジット

<磨き後>

ウォータースポットの処理

画像右上に残ったウォータースポット、。削りすぎは限りあるクリア層の膜厚を犠牲にしてしまうのでこれが限界。

 

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

ぐれメタリック塗装の傷処理

<AFTER>

ガンメタリック塗装の磨き

洗車機の傷は見た目より深く大変。

 

 

 

 

 

 

 

 

磨きで艶の出た塗装

だいぶ艶感が上がってきたXC60。

 

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>

Cピラーの無数の傷

<研磨後>

Cピラーの傷処理方法

XC60のCピラー研磨で傷をリセット。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラーのプロテクションフィルム施工

ピラー部分は手に触れられることが多いので、プロテクションフィルム(PPF)で傷対策。

 

 

 

 

 

 

 

 

ピラープロテクション

もともとの雰囲気を失わずにピラーのスクラッチダメージの対策をする、その最適解が「PPF」。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヘッドライトプロテクションフィルム施工店

ヘッドライトにもプロテクションフィルムを施工。飛び石によるチッピングやハードコートの劣化要因をシャットアウト。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗車専門店

下地処理完了後に脱脂、洗浄します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗車で艶が出る

コーティングの施工に最適なコンディションが整いました。

 

ボルボのドアパネル

硬化型樹脂コーティング「MICRO FENCE」施工開始。

 

ボルボXC60のホイール

24時間のブランクで常温硬化。

 

XC60のエンブレム

ボルボXC60エンブレムもしっかりコーティングを施工させて頂きます。

 

ボルボXC60のテールランプ

今回は見送られましたがテールランプもプロテクションフィルム施工可能です。

 

コーティング施工後の光沢

厚みのあるマイクロフェンスの被膜は耐薬品性に優れ、酸性ケミカル等の使用を前提とした骨格設計。

 

マイクロフェンスの艶と光沢

耐スリ傷性にも優れた滑水性被膜は、防汚性も高く日頃のお手入れも楽しくなりますよ。

 

硬化型樹脂コーティング

あえて無機に寄せないことで、イオンデポジットの発生を大幅に抑制します。

 

フェンダーのコーティング

オーナー様サイドでのケミカルメンテナンスも可能ですが、面倒な場合はお持ち込みくだされば、この良好な被膜状態を長くご堪能いただけるかと思います。

 

 

カーコーティング専門店のブース

この度は、カーコーティング専門店ディテールワークスへ、ボルボXC60の各種コーティング施工のご依頼を頂き誠にありがとうございました。

今後ともご愛顧のほど宜しくお願い致します。

 

 

▼関連する記事▼

 

ボルボXC90のへっドライト磨きとコーティング施工例

 

 


■ボルボXC60(2代目)の概要
2017年3月、『サロン・アンテルナショナル・ド・ロト(通称:ジュネーヴ・モーターショー)』で発表された。新世代のSPA(Scalable Product Architecture)プラットフォームを導入したミドルサイズSUV。

特徴的なトールハンマー型LEDデイタイム・ランニング・ライト及びテールゲートに回り込んだリアライトが新世代ボルボのデザインを強く印象している。

パワートレーンに関しては、全モデル軽量、コンパクトに設計された2.0L直4エンジンを搭載し、Drive-E2.0Lクリーンディーゼルターボエンジン(D4204T)は、最適な燃料噴射で燃費性能と環境負荷の低減を実現する革新技術「i-ART」を採用。「D4 AWD」は最高出力140kW(190ps)、最大トルクは400Nm(40.8kgm)を発生する。


 

 

■■□―――――――――――――――――――□■■

ディテールワークス

【電話番号】
042-794-4988

【住所】
〒194-0203
東京都町田市図師町994

【営業時間】
10:00~20:00

【定休日】
不定休

■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP