AstonMartin DB9ガラスコーティング施工例/東京都府中市H様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

AstonMartin DB9ガラスコーティング施工例/東京都府中市H様

MICRO FENCE,コーティング施工車ギャラリー

2022/02/19 AstonMartin DB9ガラスコーティング施工例/東京都府中市H様

アストンマーチンDB9 × ガラスコーティング+ヘッドライトプロテクションetc
Aston Martin DB9×
MICRO FENCE + Hdadlight-protenction,etc

 

 

 

アストンマーチンのヘッドライト研磨

AstonMartin DB9(東京都府中市H様)MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]

 

 

 

<施工内容>

・ハイブリッドガラスコーティング「MICRO FENCE」

・ヘッドライトW(ダブル)施工

・硬化型ホイールコーティング(表側)

 

 

 

上品でおしゃれな車の室内

伝統を現代調デザインに昇華させるAstonMartin DB9のインテリア。

 

 

 

 

 

 

アストンマーチンのオーナメントのクリーニング方法

古代エジプトで神聖化される「スカラベ」をモチーフにしたAstonMartinのエンブレム

 

 

 

 

 

 

車のコーティング剤マイクロフェンス

よりシャープさが引き立たされた塗装へ「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」を施工。

 

 

 

 

 

 

 

新車同様、磨きがうまいコーティング専門店

耐久性、艶、耐イオンデポジット性に申し分なし。

 

 

 

 

 

 

 

アルミホイールの硬化型ホイールコーティング

初のモデルである「DB1」が発表されて以降、モデル名にはデイヴィッド・ブラウンのイニシャルである「DB」が付けられるようになる。

 

 

 

 

 

 

3代目のお付き合いがアストンマーチンDB9

AstonMartin DB9(東京都府中市H様)MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]

 

 

 

→ このAstonMartin DB9を施工ブログで詳しく見る

 

 

 


アストンマーチンDB9の概要
2003年のフランクフルトモーターショーで発表、「DB7」の後継車種である「DB9」が発売された。同年、オープンカーの「DB9ヴォランテ」を追加。車両サイズでは「V8ヴァンテージ」と「ヴァンキッシュ」の中間に位置し、アストンマーティン独自のボンド接着アルミスペースフレームたるVHプラットフォームを採用したことにより、車体の軽量化と高いボディ剛性を実現している。V型12気筒エンジンを搭載するスポーツカーとしては軽量な部類に入り、0-100km/h加速は4.5秒(タッチトロニック2-2009年モデル)という俊足で、搭載されているZF製6速ATは「タッチトロニック2」と呼ばれ、変速は従来のようなシフトレバーがなくセンターコンソール上部のボタンかステアリングのパドルで行う。トルコン式オートマチックトランスミッションモデルが用意されるなど、GTカーとしての性格も持ち合わせる。内装には、革、木、金属などをふんだんに使っている。変わったところでは、竹をスライスして造られたウッドパネルをセンターコンソールに装着することもでき、他の同年代のアストンマーティン車も同様だが通常のものとは針が逆周り(つまり反時計回り)のタコメーターを備える。


 

TOP