BMW530i Mスポーツ ガラスコーティング施工例/東京都町田市S様

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 9:00~20:00 定休日 / 不定休

BMW530i Mスポーツ ガラスコーティング施工例/東京都町田市S様

施工例

2013/03/08 BMW530i Mスポーツ ガラスコーティング施工例/東京都町田市S様

BMW530i Msport × エシュロン1043ナノフィル
BMW530i Msport
ECHELON 1043 nano-fil[POLISH LEVEL:3]

IMG_5298.jpg
BMW530iMスポーツ、町田市のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です。
併せてホイールコーティングのご依頼も頂きました。

お困りの方が多い輸入車のブレーキダスト。
ベンツ・BMWに代表されるブレーキダストの多さは、
ブレーキに要求される性質が日独で全く違う事から起因しています。
速度制限の無いアウトバーンでは200kmから100kmへの減速など当たり前の世界です。
つまり瞬時に100km以上の減速が珍しく無い使用状態を前提としたブレーキ作りです。

IMG_5331.jpgIMG_5316.jpg

経過すると固着してしまうホイールの汚れは、一筋縄では落とせなくなりますので、
やはりホイールの新しい時期にホイールコートを施工するのが好ましいです。

 

 

 

<磨き前>
IMG_5305.jpg
<磨き後>
IMG_5328.jpg
泥汚れや熱による酸化膜、付着したオイルが乳化した汚れが頑固に積層したマフラーカッターは、
クロームメッキ、ステンレス専用の磨き材により輝きを蘇えらせます。
軽度のサビ等も根気良く磨く事で除去する事ができます<標準施工>

パネルの隙間の汚れもキレイに除去します。
鉄粉処理後、マスキング作業を行います。

 

 

 

IMG_5321.jpg
マスキングは磨き前の大事な工程です。
保護すべき個所をしっかりと保護する事で、安心して際まで磨き込む事が可能になります。

お車1台1台、一つとして同じ状態の塗装はありません。
ハロゲンやメタルハライドランプ、色温度8,000k程度のLED投光器などの照明を用いて

キズを見ながらポリッシャーとバフ、コンパウンドの最適な組み合わせを選択しこのお車に

関しては3工程で磨いていきます。

 

 

 

 

<ポリッシング前>
IMG_5320.jpg
<ポリッシング後>
IMG_5329.jpg
リアバンパーの洗車では落ちない線傷のような汚れもポリッシングで平滑に磨き除去します。

 

 

 

<施工前>
IMG_5325.jpg
<施工後>
IMG_5327.jpg
ドアカップの様なポリッシャーの入り込めない隙間は超微粒子コンパウンドの手磨きで対処。

 

 

 

 

<研磨前>
IMG_5311.jpg
<研磨後>
IMG_5335.jpg
サイドマーカーの上部が黄ばんできています。
通常はバフが当たらないようにマスキングで保護するパーツですが、
劣化が進んでいる為、今回はサイドマーカーごと磨きを入れる事にしました。
サイドマーカーの縁のゴムはケミカルで黄ばみを落とします。

細部の磨き込みが完了した後はマスキングを剥がし脱脂洗浄を行います。
ブロアー乾燥を経て室内のバキューム清掃・内窓拭き・除菌抗菌処理を済ませて
ボディーコーティング施工開始です。
コーティングの作業時間は実質2~3時間程度。
3日間の施工工程のほとんどの時間はそれまでの下地処理に当てられます。
入念な下地処理が強靭なコーティング被膜の定着を促します。

 

 

 

IMG_5338.jpg
滑水性ガラスコーティング、エシュロンナノフィル施工完了です。
しっかりと硬化ブランクを置いてからお客様へお引き渡しとなります。

IMG_5337.jpg
BMW530i、大きな特徴はアルミ合金とスチールを併せ持つボディー。
電位差による腐食を防ぐため、絶縁性接着剤とパンチング・リベットで接合されています。
生産台数が限られるスポーツカーならともなく、量産セダンではあり得ないほどコストと手間暇の掛かった構造です。

IMG_5336.jpg
2003年の発売当時、かなり奇抜なデザインに見えた5シリーズ。
切れ長のヘッドライトや彫刻的なプレスラインは、今でもインパクトがあるデザインです。
綺麗に維持されたお車、これからも大事になさってください。

この度は、ガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

TOP