ガラスコーティングは撥水性・疎水性 (滑水性) ・親水性のどれがお勧めですか?

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 9:00~20:00 定休日 / 不定休

ガラスコーティングは撥水性・疎水性 (滑水性) ・親水性のどれがお勧めですか?

Q&A

2018/08/21 ガラスコーティングは撥水性・疎水性 (滑水性) ・親水性のどれがお勧めですか?

お客様によってカーコーティングに求める性能が違いますので一概には申し上げられませんが、

下記は露天駐車という条件下で汚れや雨染みの付きにくさを判断したものです。

 

  • 「親水性」は水を引き寄せる自浄効果の高いコーティングです。汚れとコーティング膜の間に水を呼び込み、その水と一緒に浮かせた汚れも流してしまうというものです。しかし現在、完璧な親水コーティング膜を形成するモノはなく鉄粉やシリカスケール、汚れの付着によって親水性の水の引き方にムラが現れ始めます。また少量の雨の場合は効果が表れにくく、逆に車全体に汚れが残ってしまうという難点もあります。
  • 「撥水性」は、水滴の接触角が大きく、ボディーが水を弾く様子が美しいので、満足感が得られ人気があります。ただ洗車があまりできない環境ですと相対的に水滴1粒の容量が多いので、水分の乾燥時に水滴に含まれるマグネシウムやカルシウム(金属イオン)がより濃く濃縮され、親水性のものより深いイオンデポジットを作ってしまう可能性があります。
  • 「滑水性」は、水滴の接触角と動的撥水性能を水分がボディーから流れ落ちる様に設計されているコーティングの性質です。大分類では「撥水性」に類するものですが、コーティングの進化に伴って最近住み分けされるようになりました。有機ハイブリッド型の硬化系ガラスコーティングにこの性能を持ち合わせたものが多く、基本的にワイピング(排水)性能が高いのが特徴です。
  • ガラスコーティング施工後はスクラッチ (洗車傷など) が付き難くなり、疎水層が働いている間は水垢・水染み共に付きにくくなりますが、洗車をしない事が続くと親水や撥水、滑水に関わらず被膜上に染みが固着し易くなりますので定期的に洗車が出来る事が良い被膜コンディションを保つ条件となります。

 

TOP