ヘッドライトの黄ばみや劣化、クラックの原因と対策とは?

ディテールワークス

042-794-4988

東京都町田市図師町994

営業時間 / 10:00~20:00 定休日 / 不定休

ヘッドライトの黄ばみや劣化、クラックの原因と対策とは?

車磨きとカーコーティングの施工ブログ,ヘッドライト磨き/コーティング/HLプロテクションフィルム/ヘッドライトスチーマー,BMW車のおすすめ記事

2017/04/25 ヘッドライトの黄ばみや劣化、クラックの原因と対策とは?

ヘッドライト磨き+プロテクションフィルム施工

BMW320i
Head Light Polish & PPF

 

E46ヘッドライト

東京都町田市のお客様より、BMW320i(E46)のヘッドライト研磨・コーティング施工のご依頼です。
典型的なBMWのヘッドライトカバーの劣化状態ですね。バルブからのビームが集中する場所を取り囲むように無数の細かいクラックが入っており、上部は黄変。光量もだいぶ落ちてしまっているのが予想されます。お客様曰く、以前量販店でヘッドライト磨きを依頼されたらしいのですがあまり変わり映えはせず「中側の劣化なのでこれ以上は無理。」といわれたそうです。

ヘッドライトにお悩みを抱えたお客様からよくお伺いするのが「この黄ばみは内側の劣化なので取れないと施工店に言われた」、というもの。

 

断言しておきますが、結露による水蒸気で内側がくもることはあるものの、基本的に黄ばみはポリカーボネートの外側にしか発生しませんので、黄ばみに関しては研磨による完全除去が可能です。

 

 

 

 

 

クラックの原因と対策

このBMWのヘッドライト、一見すると内側のくもりのようにも見えますが、よく見るとハードコートのクラックが無数に重なり合って透過性が無くなっていることがわかります。内側にくもりは無いようです。

画像ではわかりにくいですが、クラック(割れ)の中に汚れが沈んで黄変しています。ハードコートの柔らかい国産車であればこのサイズ感のクラックが無数に発生することは無いので表面をポリッシングすれば黄ばみが簡単に除去できますが、このケースではクラックを除去しないと黄変が除去できませんので簡易施工店で「これ以上は無理、。」といわれたのも頷けます。

 

 

 

 

 

ではヘッドライトの外側の劣化、ハードコートにクラックが入る原因はなんなのでしょうか?

 

 

 

 

 

ヘッドライトの劣化、クラックの原因とは?

 

輸入車に見られるクラックの主な原因は様々なことが要因として考えられますが、輸入車の場合はヘッドライトのハードコート被膜の湿度に対する耐性の脆弱性と紫外線によるハードコートの劣化です。

日本車では、例外はありますが基本的にこの蜘蛛の巣状のクラックは発生しません。
紫外線にさらされ続けることと、輸入車のヘッドライトカバーに使用されるPC樹脂とハードコートの膨張率の差異(※)があり多湿で寒暖差の激しい日本の気候条件に適応しない為です。

※もしくはハードコートの追従性、柔軟性、膨張率が低すぎる為

 

 

 

 

ヘッドライト復元方法

ヘッドライトバルブからの紫外線の集中する場所はクラックの深さも相当なものでした。やはりクラックも外側から入っていくので今回はクラックの深さまで追い込むことで粗方の除去が可能でした。
通常は車の塗装用の耐水ペーパーを使用しますが、適宜に硬質材用のペーパーを利用した重研磨を行うこともあります。クラックの深さに合わせて耐水ペーパーで根気強く削り、徐々に番手を上げていきます。

ヘッドライトインナーのメッキ反射板の近くにクラックが外側と内側から入り貫通している場合は、クラックの除去不能です。

 

 

 

 

<BEFORE>
処理前の透明度

<AFTER>

処理後の透明度

深層に至る研磨処理で復元したポリカーボネート樹脂の透明度。

 

 

 

 

<BEFORE>
施工前のクラック

<AFTER>
クラックの除去されたヘッドライト

クラックが完全に除去されました。

 

 

 

 

ヘッドライトのコーナーランプ側ASSY

コーナーランプ側は劣化が無くクリアな状態でしたので今回は手をいれておりません。

 

 

 

 

プロテクションフィルムでの劣化防止対策

綺麗に磨き上げたヘッドライトへプロテクションションフィルムをインストール

 

 

 

ヘッドライトの劣化防止対策

 

プロテクションフィルムの施工後は150μの厚いフィルムが物理的に劣化要因を遮断しますので様々な外的劣化要因や飛び石傷からポリカーボネートを保護することができるのはもちろんのこと、耐薬品性に脆弱なポリカーボネートを経年劣化(自然劣化)以外のダメージからも保護しますので新たなクラックが生まれる心配がありません。プロテクションフィルムは完全剥離したハードコートの代役として有り余る性能を有します。

 

密閉性が高いBMWのヘッドライトは余程の事が無い限り外側を磨くだけで新品のような状態を取り戻すことが出来ます。

プロテクションフィルムを施工する事で、ヘッドライトカバーを外的劣化要因から物理的に遮断することが出来るので美しい状態の長期維持が可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

施工後のメンテナンス方法

<参考価格>BMW3シリーズヘッドライト(R/L)研磨+PPF施工費用(重研磨/大型)・・・・・42,000円(税別)

 

 

 

 

当店では中古ヘッドライト研磨後の保護方法として4種類の仕上げ方をご用意しております。(コーティング・スチーム加工・プロテクションフィルム・ダブル施工)

 

①「研磨+コーティング」・・・・安価ですが耐久性が低く再劣化(黄ばみ)しやすい/耐用年数~1年

②「研磨+スチームコート加工」・・・・仕上がりの透明度が高い/耐用年数1~2年

③「研磨+プロテクションフィルム」・・・耐候性、耐擦り傷性が高い/3~5年

④「研磨+ダブル施工」・・・上記2項(スチームコート加工・プロテクションフィルム)の両方を施工。透明度、耐久性、耐擦り傷性が高い/3~5年

 

より詳しい違いに関してはホームページのヘッドライト磨き専用ページをご参照ください。

施工時間は、下地処理に要する時間によって変わりますがおおよそ5~8時間ほどです。

ヘッドライトの黄ばみや劣化でお困りのお客様や、何度磨いても再発するヘッドライトの劣化、ハードコートのクラックでお悩みのオーナー様は是非お問い合わせください。

 

紫外線劣化以外の劣化原因やヘッドライトの耐薬品性について詳しく知りたい方はこちら →「ヘッドライトのハードコートの劣化原因と耐薬品性とは?

 

 

 

郵送施工で楽々リペア承ります!

中古でご購入されたヘッドライトや車体からから取り外したヘッドライトをご送付頂き、施工させて頂く事も可能です。遠方の方やご来店の時間が取れない方など是非ご利用ください。基本的に梱包材はご返送時にもそのまま利用させて頂きます。ダンボールや新聞紙、エアパッキン等でヘッドライトが動かないように梱包しご発送ください。施工完了後、代金のご清算(お振込み)が確認でき次第ご返送致します。

 

<お手続き方法>①お電話、又はメールにてご依頼のご連絡を頂きます ②ヘッドライトを梱包しご発送ください ③当店よりヘッドライト到着確認メールを送信致しますので施工料金と代金振込口座等のご案内をご確認ください ④お振込み確認後にヘッドライト発送のお知らせをメールにて送信致します。

 

発送先:〒194-0203 東京都町田市図師町994「ディテールワークス」宛て

 

※送料はお客様のご負担となります。(送料を含めた代金をご清算、又は着払い)

※ご発送~ご返送まで5~10日程のお預かり期間を頂きます。

 

 

 

 

▼こちらも読まれてます

 

ヘッドライト磨き+W(ダブル)施工がおすすめ!施工料金と費用相場 / BMW320

独自技術の特殊ヘッドライト研磨で驚きの透明感を実現 / BMW320

 

ヘッドライト研磨+プロテクションフィルム施工例 / JAGUAR-XKR

 

究極の磨き上げ、フェアレディZ / NISMO-RSのボディーコーティング施工例

 

 

 


 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

TOP