Photo Gallery -施工させて頂いた車を一部ご紹介させて頂きます。-

« Photo Gallery一覧へ戻る

BMW640iのガラスコーティング施工例/千葉県君津市K様

2018.03.24

BMW640i × ガラスコーティング施工
BMW640i gran coupe
ECHELON 1043 nano-fil[POLISH LEVEL:3]

 

BMW640のガラスコーティング施工例
BMW640iのガラスコーティング施工を千葉県君津市のお客様よりご依頼頂きました。ガラスコーティング、窓ガラスの純フッ素撥水加工を施工させて頂きます。

 

 

BMWの細部洗浄
まずは汚れに合わせてケミカルを使い分けて、ドアヒンジやパネルの継ぎ目、画像のハニカムグリル等を細部洗浄。

 

 

プロのトラップ粘土掛け
ボディーを洗浄後トラップ粘土を使用して鉄粉を処理します。反応型の鉄粉処理剤では除去しきれない鉄粉も粘土で1つ1つ取り除いていきます。

 

 

プロのマスキング方法
LEVEL:3(当店の磨きレベル)の研磨であっても磨き過ぎは禁物で、あくまでも最小限の研磨で最大限にポテンシャルを引き出す事とコーティングの定着率を最大限に引き上げる事がコーティング下地処理の目的です。

 

 

丁寧な磨きのコーティング専門店
限りある塗装を闇雲に削るのではなく、細部まで徹底的に時間を掛けて少しずつ磨き込んでいきます。

 

 

<この記事を更に詳しく読む>

 

 

<BEFORE>
BMWの塗装のスクラッチ
<AFTER>
BMWの傷の特徴
オーロラの雑音が消えて静まり返ったようなボンネットフード。サファイアブルーのメタリックが主張し始めます。

 

 

<施工前>
スクラッチで隠れた塗装のメタリック
<施工後>
BMWの塗装色ブラックサファイアメタリック
キーや指で傷つくことの多いアウタードアハンドル周辺も細かい部分まで丁寧に磨き上げます。

 

 

<研磨前>
フェンダーの線傷除去前
<研磨後>
フェンダーの線傷除去後
鋭く深い線傷も除去されました。

 

 

<この記事を更に詳しく読む>

 

 

相模原のガラスコーティング専門店
丁寧な磨きによって引き出されたブラックの美しさは深みがあってご覧の通り画像でも伝わる絶対的艶感です。
八王子のガラスコーティング専門店

着脱が面倒で傷が付くので嫌う方も多いボディーカバー保管ですが、メンテナンスポリッシュで簡単にリセットできるボディーカバーの擦り傷に比べて、イオンデポジット(強固な水染み)のダメージは深く、露天駐車の場合はペーパー研磨処理が必要な場合や完全にリセットできない場合もあります。施工したガラスコーティング「ECHELON 1043 nano-fil」は塗装追従性が重視されておりスクラッチ耐性のある被膜はボディーカバー保管予定のこの640に最適なご選択です。

 

 

BMWのコーティング専門店
水性塗料を使用した塗装を磨く事ができない施工店も多くありますが、BMWの磨きとコーティングは、水性塗装を熟知した当店へ安心してお持込み頂ければ幸いです。お車1台1台に合わせた最適なコーティング施工のご提案を差し上げます。
この度は、カーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございます。
今後とも長いお付き合いを宜しくお願い致します。

 

 

<この記事を更に詳しく読む>

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇