Photo Gallery -施工させて頂いた車を一部ご紹介させて頂きます。-

« Photo Gallery一覧へ戻る

ザ・ビートルターボ、ペルマガードコーティング施工/千葉県市川市K様

2015.12.11

ザ・ビートル ターボ × ペルマガード
Volks wagen THE BEATLE TORBO
PERMA GARD[POLISH LEVEL:2]

 

フォルクスワーゲン、ザ・ビートル ターボ、千葉県市川市のK様よりボディーコーティングと硬化型ホイールコーティング(脱着裏側込み)の施工でご入庫頂きました。

 

005
千葉にもたくさんの施工店が有る中で、当店へご足労頂き誠にありがとうございます。常々から粉骨砕身して取り組んでいるつもりですが、こうして遠方よりご依頼頂くと満足願えるサービスをしなければとさらに身が引き締まる思いです。

 

 

 

 

<クリーニング前>
007
<クリーニング後>
008
ホイールの脱着施工中にタイヤハウスの隅々まで綺麗にクリーニング。こういった時でないとできませんからね。

 

 

 

 

009
硬化型ホイールコーティング剤の半硬化後に余剰分をウエスで拭き上げます。

 

 

 

 

 

010
高めの指定トルク“140N”で締め付け。

 

 

 

 

023
指触乾燥中。完全硬化後は硬化型ホイールコートが鉄粉の付着を軽減し洗浄も楽になります。

 

 

 

 

<クリーニング前>
006
<クリーニング後>
015
ロッカーパネル周辺のピッチ・タールを含んだ泥はねやパネルの継ぎ目、細部の黒ずみなどを汚れに応じた洗浄剤で除去していきます。

 

 

 

 

013
鉄粉除去→洗車→ブロアー乾燥後に各部樹脂やゴム類などを保護

 

 

 

<BEFORE>
011
<AFTER>
016
地下駐車場での保管下ですが購入時のディーラーで施工されたコーティング被膜にかなりのデポジットが付着していました。
冬はレジャー等で遠出された後、軽めの洗車をされることが多いようなので水道水に含まれるナトリウムやカルシウムが原因の固着跡で間違いありません。

 

 

 

 

014
LEVEL:2の研磨、3工程でボディー全体の塗装のポテンシャルを引き上げていきます。

 

 

 

 

<研磨前>
012
<研磨後>
017
カサカサだったルーフは艶のあるブルーシルクメタリックが顔を出しました。素敵な色味です。

 

 

 

 

025
デポジットの付着したボンネットとルーフなどは少し深めの磨きを入れさせて頂き、基本的には中研磨により艶と光沢を最大限に引き出しました。

 

 

 

020
ボディーコーティング剤は最後までお悩み頂きましたが、ペルマガードをご選択頂きました。
026
耐デポジット性に優れておりますのでこれまでの様な染みによる艶の減衰を回避できます。
021
何といってもこの漆の様な艶感が堪りません。
018
施工後の洗車や管理は水洗いの他、ご購入頂いたメンテナンスキットをご使用頂ければ良い状態を長く保つ事が可能です。
 

 

 

 

 

027
天気が心配でしたが何とか持ち堪えてくれた様で、うろこ雲が美しく写り込みます。
028
お客様にも大変お喜び頂きました。
またお近くに御用などございましたらお気軽にご来店ください。
この度はボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇