FAQ -質問集- 施工させて頂いた車を一部ご紹介させて頂きます。ガラスコーティングと車の磨きの事なら専門プロショップ「DETAIL WORKS」にお任せ下さい。

Q.施工するか迷っています。ボディーコーティングの最大のメリットを教えてください。

ボディーコーティングのメリットというと洗車のし易さや艶・光沢感など魅力的な効果が謳われています。

しかしそれは副産物であって、最大のボディーコーティングのメリットは保護性能だと考えています。

傷や酸化による劣化、染みなどの外的要因をコーティング皮膜上に留める事によって、犠牲膜の役割を果たします。

さらにメンテナンス時には、その劣化したコーティング皮膜を剥がし再度コーティングを塗布する事で再び新車の状態にリセットする事が可能です。クリアー塗装を磨くことなく美しい艶と光沢を放つ塗装に戻す事ができますので、ご愛車をいつまでも美しい状態に保って頂く為、当店では定期的なメンテナンスのご入庫をお勧めしています。

▲Page Top

Q.新車にも磨きは必要なのですか?

はい、最低限の磨きが必要です。

新車は完成後の工程でガードワックスをかけられます。その後、モータープールに陸送され長期間屋外保管されます。
営業の方が洗車してくれるのでキレイに見えますが、雨風、紫外線にさらされ続けた結果、酸化したワックスは汚れと共にクリア層に浸透します。ワックスは油分ですからコーティング (特に硬化系コーティング) を施工するには、ベストコンディションとは呼べないのです。

新車でも、この劣化したワックスを完全に除去し塗膜を整える必要があります。

▲Page Top

Q.劣化した黒い樹脂部分のコーティングもお願いできますか?

はい、承っております。

未塗装樹脂パーツには、液だれせずギラギラ感の無いマットな艶感を出す保護剤を使用致します。車内のバキューム清掃と除菌・抗菌クリーニングは当店でボディーコーティングを施工させて頂いたお客様に限り無料にて施工させて頂きます。

▲Page Top

Q.どの辺まで洗浄・コーティングしてもらえるのですか?

タイヤハウス、マフラーやタイコ、リアフェンダーやサイドスカートの下側も手の届く範囲でしっかりとお手入れします。エンブレム類は汚れがたまり易い部分です。給油口、ナンバープレートの裏側の汚れは普段見えない部分ですがキレイにしておくと気持ちの良い部分です。ドアヒンジ・トランク周辺もしっかりキレイに洗浄致します。一度きれいにすればその後のケアが楽になります。細かなパネルの継ぎ目や各モールの隙間、ウィンドーモール周辺、水垢のついた黒帯もキレイに洗浄致します。汚れをコーティングするわけにはいきませんから徹底して汚れを落としていく必要があります。

特に完全無機なガラスコーティングであればあるほど、従来のポリマー加工よりもキズを埋める効果に関しては薄くなり、しっかり洗浄して丁寧な下地処理を施さなければなりません。

ボディー・洗浄したコーティング可能なパーツは全てコーティングさせて頂いております。

▲Page Top

Q.スクラッチシールド等の耐スリ傷塗装でもコーティング出来ますか?

可能です。

ただ、軟質樹脂に影響を及ぼす溶剤を含んだものを使用すると、耐スリ傷塗装の修復機能が失われてしまうので施工は避けるべきです。

DETAIL WORKS の全てのコーティングは日産スクラッチシールド、又はレクサスのセルフレストアリングコートなどの耐スリ傷塗装への施工が可能です。

この塗装へのコーティングをご検討されている方は、GSや簡易施工店 (塗装の知識の無い施工店) での施工はなるべく避けた方が無難だと思います。

▲Page Top

Q.ガラスコーティングは撥水性・疎水性 (滑水性) ・親水性のどれがお勧めですか?

お客様によってカーコーティングに求める性能が違いますので一概には申し上げられませんが、

下記は露天駐車という条件下で汚れや雨染みの付きにくさを判断したものです。

 

  • 「親水性」は水を引き寄せる自浄効果の高いコーティングです。汚れとコーティング膜の間に水を呼び込み、その水と一緒に浮かせた汚れも流してしまうというものです。しかし現在、完璧な親水コーティング膜を形成するモノはなく鉄粉やシリカスケール、汚れの付着によって親水性の水の引き方にムラが現れ始めます。また少量の雨の場合は効果が表れにくく、逆に車全体に汚れが残ってしまうという難点もあります。
  • 「撥水性」は、水滴の接触角が大きく、ボディーが水を弾く様子が美しいので、満足感が得られ人気があります。ただ洗車があまりできない環境ですと親水性より濃度の高いイオンデポジットを作ってしまいますので注意が必要です。
  • 「滑水性」は、水滴の接触角と性質を水分がボディーから滑り落ちる様に設計されているコーティングの性質です。大分類では「撥水性」に類するものですが、コーティングの進化に伴って最近住み分けされるようになりました。有機ハイブリッド型の硬化系ガラスコーティングにこの性能を持ち合わせたものが多く、基本的にワイピング(排水)性能が高いのが特徴です。
  • 「滑水性」は、ボディー上に残る水分量が他の2種より少なめであり、汚れや雨染みの付きにくさを同条件下で判断する場合には滑水性が有利です。

また、ガラスコーティング施工後はスクラッチ (洗車傷など) が付き難くなり、機能層が働いている間は水垢・水染み共に付きにくくなりますが、洗車をしない事が続くと親水や撥水、滑水に関わらず被膜上に染みが固着し易くなりますので定期的に洗車が出来る事が良い被膜コンディションを保つ条件となります。

 

尚、高純度のフッ素化加工 (当店で取り扱う「PERMA GARD」など) は素材自体が比較的雨染みが付きにくい構造ですので雨染み等を防ぎたいお客様には特にお勧めです。

▲Page Top

Q.撥水性のコーティングは「レンズ効果」で塗装を痛めるって本当?

水玉が「レンズ効果」を生むのは事実です。

レンズが太陽光を収束し、塗装を劣化させるには焦点が合うことが必要です。車の塗装の場合、雨などの水滴 (球形レンズ) がクリア層の下のベースカラーに焦点を作り、光熱による白い焼き付きを起こします。しかし今の車の塗装でこのレンズ効果 (ウォータースポット現象) が起こる事はほとんどあり得ません。ただこれには注意が必要です。

撥水性の油脂系コーティング (有機物を含むコーティング・ポリマー・ワックス等) の場合、焦点が合っていなくてもその有機物がフォーカスされてしまい劣化するのに十分な光量を集めて酸化を急速に促進し、ボディーへ悪影響及ぼす物質に変化する事はあり得ます。

  • ※DETAIL WORKSでは、油脂系・酸化しボディーへ悪影響を与える可能性の有る物質を含むポリマーコーティングの施工は行っておりません。

▲Page Top

Q.メンテナンスは定期的に受けるべき?

一概には申し上げられませんが、必ずしも定期的に行う必要はありません。

もちろん1年~1年半毎のコーティングメンテナンスにご入庫頂ければ施工後の色艶やコーティングの効果をより持続させることが可能ですが、お車の使用状況や保管場所などはお客様毎に違う為、「艶がなくなってきた」「コーティングの効果が実感できなくなってきた」とお客様自身が感じられた時にご相談頂ければ結構です。

  • ※コーティング毎に効果期間は異なる為、詳しくはお電話・メールにてお問い合わせください。
  • http://detailworks.jp/contact/

▲Page Top

Q.プロ用下地処理キットを購入したいのですが素人でも扱えますか?

はい、取扱いは難しくはありません。

ですが本品は市販品ではなくプロショップ用のケミカルであり、使用方法通りの取扱いで効果の高いケミカルですが、中には誤った使い方をすれば大変危険なものもあります。

くれぐれも同梱の施工方法を熟読して頂き、注意事項等を守って安全にご使用ください。使い方でご不明な点やお困りの際は、ご連絡頂ければサポート致します。

  • ※使用方法はHPの該当ページから【DIYコーティング施工方法】のアイコンをクリックして、PDFのダウンロードも可能です。
  • http://detailworks.jp/service/coating.php

▲Page Top

Q.車のカラーが黒なんですが、料金は上乗せされますか?

いいえ、お車のカラーが黒でも白でも同じ工程で丁寧に仕上げていきますのでお車の色に対して料金を頂く事はありません。

確かに淡色系のボディーカラーは、バフ傷やオーロラが目立ちえにくいお色です。逆に濃厚色、特にソリッドブラックのお車などは乱雑な下地処理によるそれが顕著に現れてしまうデリケートお色です。色に対して料金設定を設けるお店もありますが、淡色車にも濃厚車と同じ丁寧な仕上げを致しております。 

お車の色に対する課金はありません。

▲Page Top

Q.ペルマガードとはどの様なコーティングですか?

PTFE系 (テフロン) コーティングです。耐久性に関してはNANO-FIL (完全無機ガラスコーティング) の方が若干上です。しかしガラスコーティングの弱点である水染み(イオンデポジット)に対しても耐候性を示し車庫保管であればもちろんの事、屋外保管下であっても最大7ミクロンの分厚い被膜が強靭な保護性能で塗装を外的要因から守り美しい被膜状態を維持します。その  圧倒的な膜厚と、高級感の在る艶美な艶は、ガラスコーティングには無い「PERMA GARD」施工車の唯一無二の特権です。

BMWJapanが純正コーティング (イノベクションコーティング) として取り扱っております。

perma gard-thumb-399x67-85

▲Page Top

Q.代車はありますか?

はい、代車は 無料にてご利用頂けます。

万が一の際に、皆様にご負担をかけないよう自動車保険にも加入してありますので、ご安心ください。また台数に限りがありますのでご利用になられるお客様は事前にご確認ください。

▲Page Top

Q.市販のコーティング剤とプロ用の違いはなんですか?

ガラス繊維系コーティング剤が火付け役となり、市場に様々なコーティング剤が登場しましたが、プロ用コーティングは施工する側にリスクを強いる製品が多く、リカバリー (除去・修正) は素人レベルでは困難です。メーカーにとっても販売トラブルの原因になるのではないかという懸念から積極的に販売 (一般化) しようとする姿勢は避けられているようです。

例えば、硬化型のガラスコートを施工する場合  ボディーへの密着エネルギーが半端ではなく、架橋 (硬化) 反応により被膜を形成する際に塗装とも結合します。

一体化に近い反応で架橋が完全になると溶剤や酸・アルカリにも耐性が高いため剥離が非常に困難になり、拭き取り残しがあると普通に拭いて除去できません。

硬化系に関しては一部のコーティング剤を除いて有効な手段は「研磨」くらいしか残されていません。

また、拭き取り残しをしなくても指定以外の冷温度帯で塗布して硬化が促進されず、被膜形成が不完全だったり、反応時間を取り過ぎて拭き取り不能になってしまったりというケースもあります。

コーティング被膜で塗装を覆いますので、その下にあった汚れは後から洗浄しても落とせなくなります。落とす場合はコーティング膜を研磨し取り除いてから除去することになります。

▲Page Top

Q.自動車保険では保険修理の対象になるの?

はい、保障されます。

DETAIL WORKSでの全てのボディーコーティングは保険の対象になります。パネルやパーツ毎の保険修理 (コーティング) が可能です。コーティングの施工保証書と、施工証明書を発行致しますので無くさないように保管してください。
擦った、キズを付けられた、ぶつけてしまった、ぶつけられた、ボディに関わる修理、鈑金塗装もDETAIL WORKSへお任せください。

▲Page Top

Q.脱脂しなくても良いコーティングってあるのでしょうか?

コーティング施工全般では「脱脂」という工程が必要になってきます。脱脂不要の施工方法があるのは存じ上げませんが、そのコーティング剤にはバインダー剤が含まれている可能性がかなり高く、経年劣化による曇りや剥離の原因となります。

脱脂によってボディーに残った油分やワックス、傷を埋め隠すような溶剤なども除去されます。脱脂をすれば一切のごまかしが効かなくなるという事です。逆に脱脂をしないというのは傷をごまかせるということなので脱脂をしない施工店も少なからず存在します。

「脱脂不要」の簡単施工もあるのかもしれませんが、手前共プロショップでは行いません。

コーティングの機能層の安定した定着を促す為にも絶対に省けない工程です。

▲Page Top

Q.ディーラーだとコーティング「5年保証」とかしてもらえるんですけど、御社では無理ですか?

ディーラーさんの「5年保証」は1年毎の有料メンテナンスを絶対条件としており、実質1年保証です。さらにコーティングの保障ではなくボディー自体の光沢の保障等 (?) となっているはずです。ボディー自体の光沢が極端に下がる事はまずあり得ませんから、その条件であれば極端な話、10年・20年と保証が出来ます。

DETAIL WORKSでは混乱や誤解を招くような保証は致しません。

▲Page Top

Q.ディーラーか、専門店か、簡単施工店 (量販店)か迷います。

  • 手頃な価格帯の量販店やGSなどに魅力を感じるかもしれませんが一台に多くの手間は掛けられないでしょう。多くは付け焼刃的な下地処理の上にコーティング剤を塗るだけの施工ですが簡単施工とわりきれば一つの選択かもしれません。
  • 高額になりますがディーラーでのコーティングを選択される場合、外注で私共のような出入り業者が施工する場合もあれば、内製化により昨日まで営業だったような人が施工するかもしれません。どちらにせよ施工時間は限られており、仕上がりは未知数ですが施工内容の確認をしていれば仕上がりに一定の保証はされるかもしれません
  • 専門店に依頼する場合はお店ごとに仕上がりや金額に開きがあります。下地処理に対して何らかのポリシーをもっている事は良いお店選びの指標になるはずです。設備や機材が揃っている事、予算や条件などが合致する所を選択すると良いでしょう。

コーティングの目的、メリット・デメリットをもう一度明確にして、満足のいく施工をしてもらうことが何より大切だと思います。

▲Page Top

Q.コーティングに必要な設備とは何ですか?

  1. 施工店によって様々だとは思いますが、当店が考える必要な設備は、
  2. 密閉された空間である事。外気と遮断できない場所だとチリや埃が舞い施工の妨げになります。
  3. 照明設備が揃っている事。当たり前ですが 見えない傷を消すことはできません。しっかり傷の見える照明を使っているからこそ塗装面を把握して傷を追っていく事が可能になります。蛍光灯とハロゲンの み・・・とかだと厳しいと思います。
  4. 湿度・温度の管理が行き届いていることも重要です。温度が高すぎたり湿度が適切に保てていないと、特にコーティングの硬化時間の調整や"乗り"に影響します。また一部の特殊な車種の塗装の研磨ではこの湿度と温度の管理は大変重要な   快適な空間であれば施工者も丁寧な施工に集中しやすいはずです。
  5. 太陽光の遮断の可否は均一な仕上がりに支障を及ぼします。
  6. 整理整頓され清潔である事。物が散乱していたり掃除を怠って施工場に埃の溜まっている様な状態であれば、良い仕上がりを求める事はできません。

 

  • 上記は考えられる最低条件です。このような条件が揃っていなくてもコーティングの施工は可能です。しかし作業効率と精密な仕上がりを考えるのであれば絶対条件といえます。他にも、ボディーに付着したチリ・ゴミを飛ばす為の高圧洗浄機や、目詰まりするので交換用のバフは1工程毎に1つ以上用意する事など、言えば切りがありません。

▲Page Top

Q.磨きすぎると塗装が無くなるって本当ですか?

以前のクリア層の無い塗装ならあり得るかも知れません。

しかし最近の車の塗装は大きく分けて下地塗装、カラーベース、クリア層の3つに分けられています。そして最上部のクリア層の厚さは大体40μ (ミクロン) 程です。この40μのクリア層を全て剥がしてカラーベースに到達するのは大変な事です。著しく塗膜に劣化の見られる経年車や、何度も傷を追っていく様な激しい研磨を入れているようなお車でなければ心配する必要はありません。話は逸れますが、クリア層は深みのある光沢を維持するのに20μは維持しておきたいところです。

尚、当店でコーティングを施工して頂いたお車をメンテナンス時に研磨する場合、水染みやスクラッチの付いた犠牲膜の役割を果たしたコーティング撥水基や機能層にだけ磨きを入れますので、クリアー塗装の膜厚を著しく損なう事はありません。コーティング皮膜を剥がし、再度コーティングを塗布する事だけで美しい塗装の再生が可能です。

▲Page Top

最新の更新情報

カーコーティング・お車のメンテナンスに関するご質問をまとめました

プロのカーコーティング・車磨きの技術で定評のある「ディテールワークス」が多くのお客様から支持される理由、それは当店の職人ひとりひとりが自身の経験と指先から伝わる感覚を頼りに、膜厚計では数値化出来ない被膜の劣化具合も判断できる『職人の勘』を備えているからです。
本ページでは、そんな町田にあるカーコーティング専門ショップ「ディテールワークス」でカーコーティング全般に関してお客様より頂いたご質問を集計、その中でも特に多かったご質問とそれに対する回答を掲載させて頂きます。