カーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」の毎日

PERMAGARD (ペルマガード) 認定施工店でありECHELON (エシュロン) 正規取扱店でもある町田のカーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」で取り組んでいる施工の進捗状況やこだわりの職人技を公開。「ディテールワークス」はカーコーティング・車磨きの専門店としてのプロ意識から、新車・輸入車・稀少車、他店で断られたお車の施工もお引き受け致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

2017年07月01日

アウディTTクーペ、ガラスコーティング施工例/東京都町田市 I 様

アウディTTクーペ × ガラスコーティング施工
AUDI TT COUPE
ECHELON CS-1[POLISH LEVEL:3]

 

アウディTTクーペ入庫
アウディTTクーペ、ガラスコーティングの施工を東京都町田市のお客様よりご依頼頂きました。
同時にウインドーの撥水加工(全4面)の同時施工です。

 

 

 

 

樹脂パーツの酸性ケミカル洗浄
まずは細部洗浄を行い、樹脂パーツのクリーニングやパネルの隙間、隅にたまった水垢や黒ずみ汚れを除去していきます。
樹脂パーツは酸性ケミカルを使用して積年の汚れをリセット。

 

 

 

<施工前>
アウディTTクーペの給油口のクリーニング前

<施工後>
アウディttクーペの給油口クリーニング後
白化はアルカリ錆びによるものです。水垢除去シャンプーなどアルカリ性を示すような薬品は、
アルミ素材又はアルマイト加工されたモール等が多く使用される欧州車への使用は厳禁。
アルミ素材が採用されたTTクーペの給油口は薬品に脆弱な為、磨きで処理します。

 

 

 

 

 

TTクーペのフルマスキング
鉄粉除去作業を終え、マスキングテープで樹脂パーツ、窓ガラスやゴムモール等を保護します。

 

 

 

3工程の磨き
塗装状態を確認します。比較的深めのスクラッチが多数ありそうです。
高硬度のアウディのクリア塗装へは3~4工程の研磨を施し美しい塗装状態に復元します。

 

 

 

 

磨きに最適なバフとコンパウンドの選択
最適なバフとコンパウンドの選択中。

 

 

 

 

白く酸化した塗装
傷付いた塗装は、右側の研磨後の塗装と比べると相当に白く酸化していることがわかります。

研磨された塗装にメタリックが立ち始めました。

 

 

 

<研磨前>
磨き前のフェンダー

<研磨後>
磨き後のフェンダー
右フェンダー2工程目。

 

 

 

<研磨前>
アウディ傷取り研磨前

<研磨後>
アウディ傷取り研磨後
左フェンダー

 

 

 

 

 

<BEFORE>
アウディTTクーペのボンネット施工前

<AFTER>
アウディttクーペのボンネット施工後
最終艶出し研磨後のボンネット。

 

 

 

 

 

 

神は細部に宿る

“神は細部に宿る”

 

 

 

 

 

 

コーティング下地処理工程
脱脂、シャンプーを経て全ての下地処理が完了しました。

 

 

 

潤いを取り戻したボンネットの様子
3日を掛けて研磨された塗装は、肌目の美しさも申し分なく艶やかに潤いを取り戻した。

 

 

 

アウディttクーペのコーティング
劣化の始まったヘッドライトもいつかご依頼頂きたいです。

 

 

 

 

親水性ガラスコーティングの被膜感
親水性ガラスコーティング「ECHELON CS-1」を施工し、艶・光沢がさらに向上しました。
耐イオンデポジット性に優れた自浄性の高い親水被膜は濃色車の屋外保管であっても美しい塗装状態を長く保つ事が可能です。

 

 

 

 

 

アウディTTクーペコーティング完了
生憎の曇天ですが、オーナー様には、この仕上がりに大変お喜び頂きました。

 

 

 

 

アウディのボディーコーティングはディテールワークスへ
ボディーコーティングは施工してからが始まり。
今後共、お客様の専属ディテーラーとしてメンテナンス等、ご愛車を美しく維持する事のお手伝いが出来れば何よりの幸せです。
何かご不明点などございましたらお気軽にご連絡ください。
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き、誠にありがとうございました。
 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

2017年06月25日

BMW420iのペルマガードコーティング施工例/埼玉県熊谷市O様

BMW420iクーペ・Mスポーツ × ペルマガードコーティング施工
BMW420i COUPE M-SPORT
PERMA GARD[POLISH LEVEL:2]]

 

034

BMW420iクーペ(Mスポーツ/2015y)埼玉県熊谷市のお客様よりペルマガードコーティング施工のご依頼です。

同時に硬化型ホイールコーティング(脱着両面施工)、ブレーキキャリパーコーティング、プロテクションフィルム施工もご依頼頂きました。

 

 

 

 

<BEFORE>

040

<AFTER>

057

まずは細部のクリーニング。BMWの特徴的デザインのキドニーグリル部に固着した水染みの除去。

 

 

 

 

 

<BEFORE>

035

<AFTER>

048

ステンレスマフラーカッターのカーボン汚れも綺麗にリフレッシュ

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

042

<AFTER>

044

足回りのピッチ・タール、油汚れ汚れも細部まで丁寧にクリーニング致します。

 

 

 

 

 

<BEFORE>

041

<AFTER>

043

粘着したブレーキダストや、積年の鉄粉汚れもリムーバーを使用して新品同様に蘇らせます。

 

 

 

 

 

 

045

耐熱性の高いコーティング剤をブレーキキャリパーへ塗布。

パットから出るブレーキダスト汚れを固着しにくくし酸化して色褪せるとピンク色に退色する事も防ぎます。

 

 

 

 

 

 

047

引き締まります。

 

 

 

 

 

 

049

ボディー洗浄~トラップ粘土処理~ブロアー乾燥を経て、樹脂パーツやゴム、ガラス類をマスキング。

 

 

 

 

 

 

052

ボディーを3工程で磨き上げます。シルバーで傷が目立ちにくい事を考慮しても比較的状態の良いお車です。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>

051

<AFTER>

050

研磨前の画像で照明の輪郭に塗装の絞れ(収縮)が見られますが、研磨後に “艶のある塗装” 改善されています。

写真では分かりづらく携帯画面ではさらに分かり辛いかもしれません。

小さな質感の違いですが、太陽光下で全体を見たときには大きく違う印象を生み出します。

 

 

 

 

 

<研磨前>

039

<研磨後>

053

フロントリップのプラスチックパーツの酸化によるくもりを研磨除去。

 

 

 

 

 

 

069

ドアエッジのプロテクションフィルムはお客様にお持込いただいたBMW純正の3Mフィルムを使用して施工。

 

 

 

 

 

 

061

ご選択いただいたコーティング剤はペルマガード。BMW純正コーティングということもあり相性は抜群です。

磨き上げ、脱脂洗浄とアクティブクリスタル処理(PACの電子が放出され、塗装面がプラスイオンチャージされます)

~乾燥が完了。

 

 

 

 

 

 

066

PTFE(-)分子が、プラスイオンチャージされた塗装面に誘引結合し、専用ポリッシャーの熱によりPTFE分子は肥大化し、

厚く強固な網目状の耐久層を形成します。

 

056

磨き上げたシルバーの硬質感にペルマガードの艶が加わり、手前味噌ですが “本当に美しい” の一言。

 

067

被膜の厚さは脅威の7μ(ミクロン)! “西洋の漆” 施工完了。

 

071

24時間の硬化ブランクを経てお客様へお渡しとなります。

 

 

 

 

 

 

062
細部まで抜かり無く施工する当店のボディーコーティング。こだわりを持っているからこそ魂を込めた最高の仕事が出来るものだと自信を持っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

064
全てはコーティング施工の、最高の仕上がりの為に、お客様目線に立った確かな作業を心がけております。

お客様毎に使用状況や保管場所、管理方法も異なる為、当店では“定期的なメンテナンス”は特にお勧めしておりません。
オーナー様のご判断で、「またあの頃の艶を取り戻したい」と思って頂いた時点でご入庫して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

063
この度はボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
今後共、ご贔屓の程宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2017年06月20日

ホンダ・ヴェゼル、ガラスコーティング施工例/神奈川県海老名市F様

ホンダ・ヴェゼル × ガラスコーティング施工
HONDA VEZEL
Micro・Fence[POLISH LEVEL:1]]

 

 

ヴェゼルガラスコーティング施工
ホンダ・ヴェゼルのガラスコーティング施工のご依頼を、神奈川県海老名市のお客様より承りました。
ちなみに「VEZEL」の由来は、カットした宝石の一つ一つの小さな面を表す“Bezel”と、クルマを意味する“Vehicle”を掛けあわせた造語で、
角度によって表情を変える宝石のように「多面的な魅力と価値を持つクルマ」という想いが込められている様です。
 

 

 

新車ヴェゼルの傷
比較的深めの傷ですが付いた場所がプレスライン際なので、追い込んで完全に消すのは少し危険ですね。

 

 

 

 

新車ヴェゼルの傷2
これも比較的深めですが完全除去が可能な傷です。
ホンダの塗装、TOPのクリアは国産車の中でも特に傷が入りやすい。
濃色車はスクラッチが目立ちやすいので、洗車には気を遣いますね。

 

 

 

 

 

ヴェゼルの磨き上げ
新車というと綺麗なものと思われがちですが、日々たくさんのお車に触れさせて頂いている手前共からしますと、
結構な割合でガチャガチャな塗装のお車や下手な磨き跡のあるお車があります。
新車といえども隈なく磨き上げて塗装のパフォーマンスを最大限に引き出させて頂きます。

 

 

 

 

 

ガラスコーティング完了
ボンネットへのプロテクションフィルム施工をご検討頂きましたが、是非次回ご依頼頂ければと思います。
施工させて頂いたのは当店オリジナルガラスコーティング「マイクロ・フェンス」。
その類稀なる性能、気になる方は細かくご説明致しますので是非お気軽にお問い合わせください。
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
今後とも長いお付き合いを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2017年06月15日

M・ベンツCLS550細部洗浄と硬化型ホイールコーティング施工例/東京都大田区K様

M・ベンツCLS550 × ホイールコーティング施工+ディテール洗浄
Mercedes Benz CLS550  ×
WHEEL CORTING + Detail-Wash

 

CLS550入庫
東京都大田区のお客様よりM.BENZ CLS550、「硬化型ホイールコーティング施工」と「ディテール洗浄」、
フロントガラスの純フッ素撥水加工をご依頼頂きました。
北海道の販売店でペルマガードを施工、お車は船便で輸送されてきたのですが、細かい部分の汚れが目立つ事と、
しっかりコーティングが施工されているかどうか確認してほしいと、今回当店へお持込み頂きました。

 

 

 

 

 

ベンツ純正ホイールのコーティング
まずはホイールコーティング表・裏の両面施工、ベンツの純正ホイールは裏側(内側)の塗装に厚みと平滑性があって耐久性・メンテナンス性が良いです。

 

 

 

 

 

CLS550ホイール締め付けトルク
硬化を待って指定トルク130N・mで取り付けます。

 

 

 

 

 

 

ベンツCLSのペルマガード点検
さて、本題のペルマガードですが、施工直後にしては少し厚みが足りない感がありますが、恐らく機械塗りしているようですし、
磨き上げもしっかりされていると思います。細部洗浄をご依頼頂いておりましたので各パネル際やドアヒンジ周辺、ロッカーパネル裏など、
気になったところは全てリフレッシュさせて頂きましたので気持ちよくお乗り頂けると思います。

 

 

 

 

 

 

ペルマガードの撥水の様子
ペルマガード特有の疎水被膜ですね。

 

 

 

 

 

 

 

CLS550ご返車

シルバーもペルマガードで艶やかに映えますね。エレガントです。

お客様は、あまりお乗換えするほうではなく気に入った車を長く乗り続けたいとおっしゃっておりました。
今回は、ディテール洗浄+ホイールコーティング施工でしたが、「やっと綺麗になって気持ちよく乗れる」と言って頂けました。
このCLS550も長く乗り続けて頂きたいです、ペルマガードのメンテナンスの際はご用命頂ければ幸いです。
この度はボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き、誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
MAIL:info@detailworks.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

2017年06月10日

マツダアクセラ、ガラスコーティング施工例/神奈川県相模原市S様

マツダ・アクセラ × ガラスコーティング施工
MATUDA3/AKUSERA  ×
Micro Fence[POLISH LEVEL:1]]

 

アクセラのマイナーチェンジ
神奈川県相模原市のお客様よりマツダアクセラ、ガラスコーティングのご依頼です。
同時施工でウインドー撥水加工、硬化型ホイールコーティング、プロテクションフィルムの施工をご依頼頂きました。
マイナーチェンジ(2016年7月)とはいえ新技術搭載と各種の大改良を行ったアクセラ。

1.5Lディーゼルの追加や新安全技術のG-ベクタリングコントロールが採用され、

外観ではヘッドライト・フォグ周りやエンブレム周辺の小変更とリアビューの改良が加わりました。

 

 

 

 

 

アクセラの下地処理
まずは細部洗浄~洗車~トラップ粘土処理~乾燥~マスキングで磨きの下準備。
コーティング施工の仕上がりの肝は下地処理にあります。新車でも工程を省くことなくフルマスキングを行います。

 

 

 

<磨き前>

マツダアクセラの磨き前

<磨き後>

マツダアクセラの磨き後
恐らく水染みか何かが付着していたのでしょうか、研磨跡が各所に。
シングルアクションポリッシャーでのオーロラ跡がボンネット右側全体にありました。

 

 

 

 

<磨き前>
ボンネットBEFORE
<磨き後>
ボンネットAFTER
お客様も言われていましたが特にボンネットに傷が集中していました。
人がその車が綺麗かどうかを判断するときにまず目を向けるのがボンネット。
「ご購入いただいたお車を綺麗な状態で納車したい」という販売店さんの心遣いはやはりボンネットに現れやすいです。
“ヤマアラシのジレンマ”ですね。

 

 

 

 

 

アクセラの艶と光沢
リセット完了。昨今のマツダ車は特に新車時の塗装肌が収縮気味なケースが多いです。
肌を少しだけ平滑に均すために軽研磨の肌調整を加えることで、あるべき新車の姿、美しい塗装の艶・光沢を最大限に引き出します。

 

 

 

 

 

未だガラスコーティングの下地処理
窓ガラスの純フッ素撥水加工の下地処理。ガラス表面を親水化させることでアクセラレーター(コーティングプライマー)の定着を促進します。

 

 

 

 

ドアインナーのプロテクションフィルム施工
乗り降り時にキックしてしまう事の多いドアパネルインナー(樹脂部分)へプロテクションフィルムを施工

 

 

 

 

サイドスカートへのプロテクションフィルム施工
サイドステップも樹脂部分と塗装部分(ロッカーパネル)へプロテクションフィルムを施工

 

 

 

 

アクセラのコーティング完成
当店オリジナルコーティング「マイクロ・フェンス」を施工させて頂きました。
日頃の管理やご不明点等、お役に立てることがありましたらお気軽にご連絡ください。
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
今後とも、長いお付き合いを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇