カーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」の毎日

PERMAGARD (ペルマガード) 認定施工店でありECHELON (エシュロン) 正規取扱店でもある町田のカーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」で取り組んでいる施工の進捗状況やこだわりの職人技を公開。「ディテールワークス」はカーコーティング・車磨きの専門店としてのプロ意識から、新車・輸入車・稀少車、他店で断られたお車の施工もお引き受け致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

2015年08月28日

メルセデスベンツS400ハイブリッド、ガラスコーティング施工/東京都足立区Y様

メルセデスベンツS400ハイブリッド × エシュロン1043ナノフィル
Mercedes Benz-S400h
ECHELON1043nano-fil 【POLISHLEVEL:1】

 

 

 

メルセデスベンツS400ハイブリッドの入庫

メルセデスベンツS400ハイブリッド、東京都足立区のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です。

遠路をお越し頂き誠にありがとうございます。
同時にメッキモールのコーティングと硬化型ホイールコーティング施工のご依頼も頂きました。

S400 ハイブリッド。メルセデス・ベンツのフラッグシップモデルにして、世界の自動車の指標たるべきSクラス。

ボディーはほぼ全てにアルミニウムハイブリッドボディシェルの採用していて従来モデル比較で100キロの軽量化を実現しています。

 

 

 

 

最高峰の技術を詰めた車内

まずは車内のバキューム清掃がてらに装備を拝見。

超高級車の「マイバッハ」が生産終了し、事実上メルセデスベンツの最高級車がSクラスになった為か内装が従来に比べて豪華+エレガントな雰囲気に。

各種のレーダーやインテリジェントドライブ、安全性能のテクノロジーなどは現時点で車に搭載可能な最先端・最高峰の技術の全てを詰め込んだ車です。

 

 

 

 

 

 

 

 

新車の最低限の磨き

早速、細部の洗浄や天面の鉄粉除去を完了しボディーをマスキングします。

新車の極最低限な磨きを入れる場合においても当店ではフルマスキング施工を行います。

新車なのでマスキングはしないという施工店もありますが、マスキング無しでは細部は絶対に磨けません。

要するに、細部に関しては下地処理をしないままコーティングを施工することになり、どんなに優れたコーティングも塗装との密着性が得られず、

耐久性の面で良い結果を期待できないということになります。コーティングの下地処理研磨は車の状態がどんなに良くてもフルマスキングが絶対条件です。

 

 

 

 

 

 

超微粒子研磨

照度の高い淡色系のお車の場合は照明の数や位置をコントロールしながら磨きを行います。

超微粒子コンパウンドでの研磨はコーティングに必要な下地を作る為に行う為、約0.5~1ミクロン程の中速での浅い研磨。

 

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>

研磨前の光沢

<研磨後>

塗装の光沢度の向上

ガードワックスや酸化膜を剥がす程度で淡色車は人の目に判断しづらいですが光沢度は確実に向上します

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>

ボンネットの磨き前

<研磨後>

磨き後の写り込み

照明の写りがボケているのは、ボンネットに焦点を合わせている為です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滑らかなコンディションの塗膜

左ドア下部。ボディー全体に均一な磨きを入れて平滑な状態へ仕上げます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<洗浄前>

洗浄前のロッカーパネル

<磨き後>

研磨後のロッカーパネル

“白はより白く”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスキングの排除

全ての磨き工程を終えて各マスキングを剥がします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

輸入車のモール

輸入車のウインドーモールの多くはステンレス製ではなくアルミにアルマイト加工を施したもの。

アルマイト加工のデメリットとして水滴等の固着が激しくモールのコーティング未施工車はシリカスケールにより白化する事がほとんどです。

新車なのでシリカスケールの付着はないので、ケミカル洗浄のみで下地処理完了。

モール専用コーティング剤010

ボディ用のコーティング剤の流用では定着が弱く数ヶ月でコーティング被膜が脱落してしまいますのでモール専用のコーティング剤を使用(OP)

 

 

 

 

 

 

 

 

S400へガラスコーティング施工

ボディーコーティングは滑水性ガラスコーティング「ECHELON 1043 nano-fil」

ガラスコーティングの硬度019
従来のガラス被膜構造は均一な立体架橋構造を持った単一被膜で、硬度は十分にありますが柔軟性に欠けており塗装面への追従性に限界があり

キズ等のダメージに対する回避力に劣る部分がありましたが、NANO-FILの3Dネットワーク被膜構造は、三次元網目構造のガラス被膜中に均一

に直鎖構造を持ったつなぎ目が存在することでガラス被膜としての硬度を保ちつつ優れた柔軟性を実現し塗装面への追従性も優れた物になっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ディテールの仕上がり

隅々まで抜かりなく丁寧に仕上げます

ホイールコーティング施工完了030

硬化型ホイールコーティングを施工。足回りを美しく保つ為の一役。

全ての工程が完了しました。24時間の硬化ブランクを置いて、オーナー様へお引渡しとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンツ仕上がりイメージ

夜のお引渡しとなりましたが、それでも淀みの無い透き通った白さと抜群に高い艶感が伝わります。

お客様にも大変お喜び頂きました。

この度はボディーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。

お手入れに関するご不明点や気になる事、どんなに些細なことでも結構ですのでお気軽にご相談・ご連絡ください。

今後とも、長いお付き合いができましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

2015年07月23日

マツダロードスターND型ボディーコーティング施工例/神奈川県相模原市F様

マツダロードスターND型 × ペルマガード
MAZDA ROADSTAR
PERMA GARD[POLISH LEVEL:1]

 

マツダロードスターの入庫

マツダロードスター、神奈川県相模原市F様よりボディーコーティング(ペルマガード)施工、硬化型ホイールコーティング<表側のみ>

と窓ガラスの純フッ素撥水加工のご依頼です。
新型マツダロードスター(ND型)のエンジンは、既に「アクセラ」などに搭載されている「SKYACTIV-G 1.5」を改良したもの。前輪

駆動・横置きのアクセラに対して、ロードスターは後輪駆動・縦置きというのが大きな違い。
さらに改良も加わた事で、アクセラに搭載されたエンジンに比べ出力・トルク共に高めています。
歴代でもっとも小さいボディーサイズですがそれ故に快適で軽快な走行性能が楽しめそうです。
早速、ボディーコーティングの下処理を始めます。

 

 

<洗浄前>

サイドスカートのピッチ・タール汚れ

<洗浄後>

ピッチ・タールの融解除去

シャンプーで除去できる汚れは徹底的に洗浄、その後に残るサイドスカート前部に多く付着するピッチ・タールは融解して除去しました。

 

 

 

 

 

 

マスキングの必要性
樹脂やヘッドライト、エンブレム等のメッキパーツ類、ブロアー乾燥後にフルマスキングし保護します。
新車であれば磨きを入れなかったり、部分的に磨きを入れてコーティングを施工してしまう事も他所では行われているようですが、

当店では車磨き専門店と謳う通りその点での妥協を致しません。

中古車は然り、新古車、新車でも適宜必要な磨きを均一に入れる事で平滑なコーティング下地を作ることを大前提としております。

 

 

 

 

 

 

 

<下地処理研磨前>

研磨前の塗装の白ボケ

<下地処理研磨後>

研磨により白ボケを解消

接撮影した塗装の肌目。

研磨前は最近のマツダの新車に見られる特有の横方向の塗装の絞れと黄味があるのに対し、研磨後の肌は絞れが無くなり

黄味が薄くなっているのが画像でもお判りになると思います。

画像は一部分のみの比較ですが、この状態への研磨をボディー全体に施し塗装の絞れをなくす事で平滑性と艶感が格段に上がり、

例え車に興味が無い人にでも判る程の肌質の違いを生み出せます。

また、鏡面研磨等はクリア塗装の耐久性が著しく脆弱になる為、当店では通常行いません。

ご愛車に長く乗る事を前提とした場合は、なおさら限りある塗装を無闇に削る事は“諸刃の剣”です。

特に新車の研磨であれば最小限の研磨で最大限の成果を上げる事が必須です。

 

 

 

<研磨前>

ガードワックス残り

<研磨後>

コンパウンドでガードワックスを除去

酸化したガードワックスの跡でしょうか?綺麗に除去しコーティングに最適な低床に整えます

 

 

 

 

 

 

 

コーティング被膜の定着率
ボディー全体に微細目~超微粒子の研磨、しっかりと脱脂を施してコーティング被膜の定着率を高めます。

 

 

 

 

 

 

ホーロー層から引き出された塗膜の艶
下地処理完了。目に見えてソウルレッドの赤の深みが増しました。最近のマツダの塗装はホーロー層(高温焼付けの際に塗装上層に出来る膜)が酸化し、若干白濁して見える傾向があります。彩度の高い赤色が若干ピンクがかって見えるのはそのせいです。
新車に行う必要最小限の研磨をボディー全体に均一に掛けることで本来の艶やかな発色を引き出すことができます。

 

窓ガラスのフッ素加工079
窓ガラスの純フッ素撒水加工(全4面)の施工完了。全方向のクリアな視界が確保できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ペルマガード施工中
コーティング剤はペルマガード(PERMAGARD)をご選択頂きました。
ペルマガードの施工では、コーティング施工前にアクティブクリスタル処理(PAC)を行います。PAC電子の放出により塗装面がプラス(+)チャージされます。
それによりPtfe(-)の誘引結合が行われ、PERMAGARD施工用の専用ポリッシャーで熱を加えることでPtfeは肥大化しより強固な耐久層を形成します。

コーティングの優れた耐候性水染みの付着を軽減するペルマガード
濃色車で屋根なしの駐車場での保管下にあるお車などは優れた対候性と艶を有し、水染みの付着を軽減できるペルマガードをお勧めしています

西洋の漆の艶感070
「神は細部に宿る」。端部への拘りが全体の仕上がりを大きく左右し、抜かりなく施工することで得られるペルマガードの艶感はまさに西洋の漆。

マツダロードスターのコーティング施工完了
オーナー様の駐車環境や使用状況、お車のカラーなどによりお勧めのコーティング剤をご提案させて頂き、お客様からお預かりしたお車1台1台に魂を込めて仕上げさせて頂いております。

彩度の高い色(赤・黄・水色・黄緑)は特にボディーコーティングを施工した場合としてない場合では数年後の退色に大きな違いが生まれます。

退色の原因は紫外線に依る所が大きいので、ボディーを美しく保つボディーコーティングを紫外線を防御してくれる犠牲膜としてご利用頂ければと思います。

また、当店では再施工に近いメンテナンスを格安でご提供しておりますので、是非ご利用頂ければと願っております。

 

 

今後共、メンテナンス等でなくてもお力になれる事、お役に立てることがあれば幸いです。
この度は車磨き専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年07月19日

メルセデスベンツBクラス、ガラスコーティング施工例/神奈川県相模原市M様

メルセデスベンツ B180 × エシュロン1043ナノフィル
Mercedes Benz-B180
ECHELON1043nano-fil 【POLISHLEVEL:2】

 

メルセデスベンツBクラス
メルセデスベンツB180、神奈川県相模原市M様よりボディーのガラスコーティング施工と硬化型ホイールコーティング(表側のみ)、窓ガラスの純フッ素撥水加工のご依頼です。
2代目Bクラスでは大きな特徴だった2重フロア構造ではなくなり、初代に比べると不自然に感じる程ヒップポイントが低くなっていますが安定感がかなり向上しています。

車高も65mm低くなり全高が1540mmに抑えられたのでほとんどの立体駐車場で問題ないはず 。

 

 

 

ベンツBクラスのインテリア
内装の質感も向上。ソフトパッドやエアダクトの凝ったデザインはメルセデスの特徴ですが、Bクラスにもウッドパネルが用意されているんですね。

 

 

 

フロアマットへの小石進入
砂利の駐車場の為、どうしても車内に小石が入ってしまうそうです。
最近はバッテリー式のハンディークリーナーも強力なものが出ていますので車載しておくと便利です。

 

車の掃除機、ボッシュのハンディクリーナー
BOSCH(ボッシュ) PAS 18LI
リチウムイオンバッテリーは取替えが効き連続使用で20分くらいは持ちます。
集塵は言うまでも無く強力で吸込仕事率は21W、またHEPAフィルター搭載なので排気も綺麗です。
長く使うのであればこういったものがお勧め。(¥17,384‐/価格.com  date 2015.7.16)
003004
さて、新古車ですので隅々までチェックを行い各種コーティング施工に適した徹底した下地処理作り、適宜必要な研磨を行います。
まずは足回りと細部の洗浄から。ホイールから出たブレーキダストがボディーへ飛んで付着しタール汚れを呼び込んでいます

 

 

コーティング車用中性シャンプー
中性シャンプーは増粘剤と発泡剤を適度に含んだオリジナルイオン系シャンプーを使用しています
目に見えないミクロの汚れも分解して除去します。研磨前のシャンプーにはこれが欠かせません。

 

 

 

鉄粉の側面被害
ボディーフロントドア面に付着した鉄粉は恐らくブレーキディスク由来。これはシャンプーでは落とせないのでネンダー処理が必要です。

ベンツの鉄粉鉄粉の錆付き
登録後間もない新古車なので塗装に深く突き刺さってはいませんが、表面で酸化しそれ自体が錆びています。

下地処理のトラップ粘土
放っておくと塗装に錆を生む事も多々ありますので入念にトラップ粘土等で取り除きます。
粘土は鉄粉の多さや塗装状態により選別しますが研磨剤を配合していないタイプの粘土であればボディーを傷つけずに処理が行えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Bベンツのマスキング
ブロアー乾燥を終えて、樹脂パーツやメッキパーツ、ゴム類をマスキングします。

 

ベンツBクラスフルマスキング
端部の磨きにマスキングは欠かせません。例え新車であっても当店ではフルマスキング施工を行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cピラーのバフ傷
右側Cピラー。傷も凄いですがディーラーさんで磨かれたのでしょうか、バフ傷が激しい、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>

ピラーのバフ目
左側Cピラー。こちらは惜しい、極微細なバフ目が残ってしまっています。

 

<研磨後>

ピラーの研磨後
これが正しい研磨後の塗膜。ピラーは塗装自体が薄いので重研磨禁止です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンツバフ研磨
この磨きをボディー全体に入れていきます。まだ登録後間もないお車ですが、やはり相応の傷があります。
淡色系の色の車は濃色車よりも傷なども見えにくいので塗装の状態の良し悪しは出荷時の新車センターにて見過ごされがちです。
新しいお車の場合は特に、一つの傷を深く追うことは当店でもしませんが均一に平滑に磨いていく事で塗装をより良い状態に導き、

本来の艶や発色を引き出すことができます。

当店ではお車の色によって妥協することは致しませんので、淡色系のお車でも隅々まで丁寧且つ平滑に磨き上げます。

 

 

 

 

 

 

 

窓ガラスの磨きダブルアクションポリッシャーでの窓ガラス研磨
窓ガラスのシリカスケール(雨染み)を除去中

 

 

 

 

千社後のブロアー乾燥
脱脂洗浄後、ブロアー乾燥して各種コーティングの施工準備完了

 

 

 

 

 

ホイールの硬化型コーティング
過酷な条件化に置かれるホイールは、専用の硬化型ガラスコーティングを施工。膜厚と耐久性に優れます。

018
美しい状態だと映えるブラック色のホイール。
汚れが目立ちやすく洗車ごとに傷も増えていくので硬化型のホイールコーティングの施工は英断です。

コーティング施工後は、放水だけでも驚くほど簡単にダストが流れ落ちます。

ディスクから発生する鉄粉が刺さり隅の方が茶色くなったりするのも防げるので新車時の施工は特にお勧めです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

窓ガラスの純フッ素撥水加工
窓ガラスの撥水加工には純フッ素剤を使用しています。フッ素の利点はムラ無く簡単に重ね塗りが可能なこと。
当店の施工では2重に重ねて施工致しますが、お客様サイドでも市販のフッ素配合のモノを使用してメンテナンスして頂けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エシュロンナノフィル施工
ECHELON1043NANO-FILを施工。ボディコーティングとして、全く新しい構造「3Dネットワーク構造被膜」を機能層に取り入れた1043ナノフィル。

033ベンツBクラス、ナノフィル施工
従来の網目構造の中に「直鎖結合」を組み込むことで、高硬度且つ追従性に優れた性能を併せ持つ事を可能にしました。

ガラスコーティング施工後027
被膜上の水滴は親水性と撥水性の中間にあたる接触角を成しボディーを流れます。ガラスコーティングの水染みに対する脆弱さをこの“シミを防ぐ滑水性”で

補い塗膜を強力に保護します
ボディーコーティングの耐久性
「従来を凌駕する耐候性」はコーティングとして求められる最も重要な機能を実現。

ガラスコーティングの硬化ブランク034
十分な硬化ブランクを置いてオーナー様へお引渡しとなります。

 

 

 

今回の様な新古車はもちろんの事、新車であっても細部まで「美」を追求させて頂き、隅々までご愛車に触れさせて頂きます。
実は今回のお車B180の左側ドアパネルのプレスラインの際にタッチアップが2箇所ありました。
ご返車時にお客様にお尋ねした所、ご自身でもされておらず販売時にも何も聞いていなかったそうです。
新古車が現状販売であるとはいえ、必ずお客様に確認して頂かなければならない事です。
ソリッドのホワイト且つ、プレスライン下の小さなタッチペンなので気付かない可能性も高い事を踏まえての事かと余計に勘ぐってしまいます。
その後、ディーラーで責任を持って対応することが決まりましたが折角の新車への乗り換えですから、当たり前です。

素敵なカーライフのスタートを切って頂く為、当店では「常にお客様目線」で施工に取り組まさせて頂いております。

今後とも何かお役に立てることがございましたらご連絡くださいませ。

 

この度はカーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
またお力になれる事がございましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2015年07月17日

町田市プレミアム商品券、カーコーティング等でのご利用が可能です。

081

町田市プレミアム商品券「いいことふくらむ商品券」の取り扱いが可能となりました。

各種ボディーコーティング、カーフィルム施工、板金塗装など全てのメニューで商品券がご利用頂けます。

商品券使用の際はご予約時にお申し付けください。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

2015年07月09日

新車の塗装、光沢と艶感の無い塗膜の原因とは?

①生産塗装時の問題
シボシボの塗装

輸入車・国産車に限らず、一部の新車(未研磨の車)に見られる塗装の”絞れ”。
ゆず肌(海外ではオレンジピール)と呼ばれる均一で緩やかに波打つ状態の塗装の肌目ではなく、
光沢と艶感の無い美しいとは言えないない”絞れた肌目”です。

 

 

 

②原因
新車の保護フィルム
原因として一つ考えられるのは製造後にモータープール保管中などにボディーに貼られる保護フィルム。

高温焼付けを行った塗装は通常であれば短時間で乾燥し安定が進むのですが、天候や外気温などコント

ロール出来ない何らかに起因して、乾燥がスムーズに行われず安定していない塗装上にフィルムが貼られ

てしまう事で異様な肌目を作ってしまうのではないかと考えられています。

 

 

 
③対策

新車の肌目

新車を購入されたのであればやはり塗装の持つ本来の美しさを味わいたいものです。

新車をご購入されたオーナー様は一度、蛍光灯下などでボンネットなどを確認してみてください。

今まで気付かなかった塗装の絞れを確認できるかもしれません。

肌目に絞りの有るお車でも新車の塗装を無闇に削り過ぎることなく美しい肌目へ調整研磨を施すことで対策が可能です。

 

「新車を購入したけれどどうも艶が無い」「塗装がシボシボしてるのをどうにかしたい」と、お困りの方は

ご相談だけでも構いませんのでので是非当店までご連絡ください。

より良い方法をご提案差し上げます。

 

(塗装の耐久性を著しく低下させる様な鏡面研磨等の磨きは当店では行っておりませんのでご安心ください。)

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
DETAIL WORKS (ディテールワークス)
http://detailworks.jp
住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内
TEL:042-794-4988
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇