カーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」の毎日

PERMAGARD (ペルマガード) 認定施工店でありECHELON (エシュロン) 正規取扱店でもある町田のカーコーティング・車磨き専門店「ディテールワークス」で取り組んでいる施工の進捗状況やこだわりの職人技を公開。「ディテールワークス」はカーコーティング・車磨きの専門店としてのプロ意識から、新車・輸入車・稀少車、他店で断られたお車の施工もお引き受け致します。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

2017年12月30日

メルセデスベンツA45(AMG)のボディーコーティング施工例/横浜市鶴見区F様

M.ベンツA45/AMG × ガラスコーティング施工
mercedes-benz – A45(AMG)
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:2]

 

 

AMGのA45ボディーコーティング
メルセデスベンツA45のボディーコーティングの施工を横浜市鶴見区のお客様よりご依頼頂きました。
同時に硬化型ホイールコーティングとプロテクションフィルムを施工(ドアカップ部)致します。

 

 

 

A45の内装の赤ステッチ
本革の質感とカーボン調パネル、差し色の赤とステッチがよりスポーティーな雰囲気を醸し出します。

A45のメーター周り
320kmメーター。

A45のエンジン
エンジンマネージメントの改良によりプラス21ps/25Nmを得て381psと475Nmを発揮するようになった直列4気筒 2.0リッターターボ。

 

 

 

 

 

 

 

メルセデスベンツの足回りのお手入れ
足回りもしっかりお手入れさせて頂きました。タイヤハウス内は樹脂専用コート剤で保護。(脱着ホイールコーティング施工車に標準施工)

 

 

 

 

 

ホイールコーティングの脱脂方法
ホイールの脱脂中

 

 

 

 

 

 

A45のホイール締め付けトルク
指定トルクで締め付けます。

 

 

 

 

 

 

 

ベンツの塗装の酸化くもり
ボディーの状態は新古車という事もあり相応の傷やクリア塗装の酸化が見られます。

 

 

 

 

 

 

ベンツのシルバーの艶が無い
約1年のディーラー保管下にあったA45、艶感に乏しく光沢に抜け感がありません。
2~3ミクロンの磨きで塗装の肌目改善を行います。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
シルバーの艶の磨き前

<AFTER>
車の艶を取り戻したシルバー
淡色車は違いが出づらいですが、画像で肌目の違いがわかりますでしょうか。
若干ですが塗装の細かいゆず肌のラウンドが均されています。
なんてことない差ですが、この差をボディー全体に生み出す事で “美しい光沢の車” という印象を作り上げます。

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>
艶の測定方法

<研磨後>
磨き後の抜け間のあるシルバー
少し離れて撮影。マスキングテープは焦点を合わせる為のマークです。
研磨後はLED蛍光灯の輪郭がはっきりしています。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>
シルバーの艶の出し方

<磨き後>
ベンツのシルバーの光沢感
近接撮影した塗装、確実に照度もUPしています。
まだ新しい車なので闇雲に限りある塗装を削ることは良くありません。
最低限の研磨で最大限の成果を生み出すことが高年式車に適した磨きだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

<施工前>
A45のピラーの傷

<施工後>
A45の傷取り方法
こういったピラー部分など、濃色の BEFORE & AFTER のほうが画像としては受けがいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

A45のドアカップのプロテクションフィルム施工
ドアカップ部にプロテクションフィルムを施工。爪やキーによる傷付きを防止できます。

 

 

 

 

 

 

ベンツに最適のガラスコーティング
マイクロフェンス施工完了です。
これくらい離れると艶と光沢、塗装の透明感が十分に引き出されたことが明確です。

 

 

 

 

 

 

 

A45に合ったコーティング剤
耐候性の高い樹脂コーティング被膜が長期間塗装を保護致しますので1年後でも施工前の様な照度の低下やボケが生まれることはありません。
ベンツのシルバー専用コーティング
施工前後で違いの出にくいシルバー、例え新車や今回のような新古車でも施工後の艶の差は確実に生まれます。
屋外保管下のベンツ専用のコーティング
リアディフューザーも隅々までしっかり磨き上げさせて頂きました。
ベンツの専用ガラスコーティング
リアビュー
ガラスコーティング完了後のA45
コーティングの下地処理にセオリーはありません。
施工者は「何を求めて何をするべきなのか」をお車一台一台に考えて施工することが、最高の仕上がりを実現する為の秘訣だと思います。
この度はカーコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
今後とも、長いお付き合いを宜しくお願い致します。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2017年12月21日

ルノーカングービボップのガラスコーティング施工例/東京都町田市Y様

カングー・ビボップ × ガラスコーティング施工
KANGOO BE BOP
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]

 

 

カングービボップのガラスコーティング施工例
ルノーカングービボップのガラスコーティング施工のご依頼を東京都町田市のお客様よりご依頼頂きました。
日本に輸入されるルノー車の中で人気の高い「カングー」の派生モデルで全長が345mmも短くなって意図したズングリむっくりスタイリングがかわいいですね。

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
ゴムモールのクリーニング

<クリーニング後>
ゴムモールの洗浄方法
まずは洗車前の下処理でゴムモールやパネルエッジの隙間など、各種のクリーナーの使用して洗浄致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

車磨きのマスキングの仕方
樹脂パーツ等をマスキングしポリッシングを行います。

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>
オーロラ傷とは

<研磨後>
磨き上げたカングービボップ
ご購入前に販売店で磨いた際のシングルポリッシャーのバフ目(オーロラ傷)も綺麗にリセット。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>
カングーのBピラー

<磨き後>
Bピラーの傷保護
Bピラー付近の研磨

 

 

 

 

 

 

 

 

カングービボップの新車のような塗装
コーティング被膜の高定着を図るため、塗装を均一な研磨で平滑性の高い塗装状態へと最適化します。

 

 

 

 

 

 

 

 

カングービボップの新車を越える艶
太陽光下で磨き後の最終確認。
極上のきれいなカングー
新車を越える艶と光沢が平滑化された塗装膜を実証しています。

ヘッドライトはヘッドライト専用コーティング剤を塗布しています(研磨なし)。

 

 

 

 

 

マイクロフェンス施工
樹脂コーティング「マイクロフェンス」を施工。
新しいコーティング剤を試す際、当店では実際に屋根なし保管下のデモカーへ施工し1年後の状態やメンテナンス施工後の状態なども
踏まえて採用の可否を決定します。
当店に新しいコーティングのラインナップが加わる事は実に6年ぶりです。
それだけこの「マイクロフェンス」が今までの硬化型コーティングにない優れた塗装保護性能を有していると判断致しました。
ガラスコーティングの膜厚感
膜厚感も申し分なく手触りも摩擦抵抗の少ないシルキーで潤滑性の高い被膜。
水染みの出来ないコーティング
水染みが付かないわけではありませんが、耐デポジット性が高い為、コーティングメンテナンス後の塗装へのデポジットダメージが
従来の硬化型コーティングよりも少ない事が犠牲膜としての塗装保護性能の高さを示しています。
イオンデポジットの付かないガラスコーティング
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き、誠にありがとうございました。
素敵なカーライフが送れますよう願っております。
今後ともよろしくお願い致します。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

2017年12月05日

ポルシェマカンGTSのガラスコーティング施工例/横浜市青葉区T様

ポルシェ・マカンGTS × ガラスコーティング施工
Porsche Macan – GTS
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:1]
ポルシェのコーティング専門店
ポルシェマカンGTS、横浜市青葉区のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼を頂きました。
硬化型ホイールコーティング(脱着両面施工)、窓ガラスの撥水加工、アウタードアハンドルとトランクステップのプロテクションフィルム施工も同時にご依頼頂きました。
 

 

 

 

 

ホイール洗浄プロショップ
まずはマットブラック塗装の20インチホイールの下地処理洗浄から。

 

 

 

 

 
ホイールの脱着施工コーティング専門店
シャシー性能が格段に引き締められたマカンGTSは標準モデルのマカンより全高が16mm低く、よりスポーツドライブに適したタイヤが選択されています。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
ポルシェマカンの細部クリーニング

<AFTER>
ポルシェマカンの艶
新車時であれば簡単に落とせるタイヤの跳ね上げ汚れ。汚れに含まれるピッチやタールは長期間放置すると落とせなくなるので、
普段のお手入れ時にはしっかりと落として頂きたい。
ガラスコーティング施工後は汚れが固着しにくいので美観維持に大きく貢献します。

 

 

 

 

 

 

 

ウインドー撥水加工の下地処理
ウインドー撥水加工の下地処理では軟質シリカとセリウム研磨剤を使い分けてコーティング下地を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

ポルシェマカンのコーティング下地処理
新車の下地処理では超微粒子コンパウンドと特殊バフを使用して肌調整を行い、クリア層に付着した汚れや酸化膜をリセットし、
コーティング施工に最適なコンディションに整えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

コーティング施工後の滑らかで均一な塗装肌
コーティング施工の8割は下地処理で決まるといっても過言ではありません。
コーティングの定着率を最大にする為、滑らかで均一な塗装状態の下地へと最適化します。

 

 

 

 

 

 

 

 

コーティング施工後のマカンのたまご肌
マイクロフェンス施工完了。
044
艶・光沢が最大限に引き出された塗装を膜厚に優れた樹脂製コーティングで保護。
樹脂製コーティングの最高峰
樹脂やポリカ-ボネート、メッキ類へコーティングを施工します。耐薬品性にも優れた被膜は “完璧に”とはいえませんが、
防御不可能とされる鳥糞や樹液などにも耐性を示します。
細部の仕上げが評判のコーティング専門店038
細部の仕上がりも抜かりなし。
ブラックサテンホイールのコーティング専門店
軽合金製ブラックサテン仕上げ塗装のホイールの質感を損なうことなくコーティング致します。
マフラーカッターのコーティング
マフラーカッターは耐熱性の高い保護剤を塗布。すす汚れの付着を軽減します。
ポルシェマカンのボンネット
黒と白の艶のコントラストにオーナメントのアクセントが映えます。
ポルシェコーティング専門店ディテールワークス
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きまことにありがとうございました。
今後とも、美観維持に尽力させていただけましたら幸いです。

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2017年12月02日

ルノーキャプチャーのガラスコーティング施工例/町田市K様

ルノーキャプチャー × ガラスコーティング施工
Renault CAPTUR
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:2]

 

 

ルノーキャプチャーのガラスコーティング施工例
ルノーキャプチャーのガラスコーティングのご依頼を町田市のお客様よりご依頼頂きました。
マカンに続きセカンドカーのご依頼ありがとうございます。
早速、同時にご依頼頂いた硬化型ホイールコーティングの脱着両面施工から。

 

 

 

 

 

<施工前>
タイヤハウスの洗浄

<施工後>
キャプチャーの足回り
タイヤハウスの隅々まで洗浄し硬化型ホイールコーティング(両面施工)施工車にはタイヤハウスの樹脂部分のコーティングも標準施工致します。

 

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
ホイールのクリーニング方法

<クリーニング後>
ラストリムーバーの効果
いつもの事ながらワコーズのラストリムーバーのダストと鉄粉の処理能力は最高です。

 

 

 

 

 

 

 

ホイールコーティング施工例
ホイールコーティングを施工して一定時間乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

 

<洗浄前>
車の細部洗浄

<洗浄後>
細部洗浄専用ケミカル
硬化待ちの間にボディーの細部洗浄。パネルの隙間やエンブレム、ヒンジや普段は手の届かない隅々までケミカルを使い分けてクリーニングします。

 

 

 

 

 

 

 

ルノーのフルマスキング
鉄粉粘土をかけて、ブロアー乾燥後に各所をマスキングしポリッシング開始です。

 

 

 

 

 

 

 

<研磨前>
キャプチャーのボンネット

<研磨後>
ルノーキャプチャーの塗装
2014年式にしては比較的状態の良いお車で、下地処理LEVEL:2での施工となりました。

 

 

 

 

 

 

 

<磨き前>
研磨処理方法

<磨き後>
傷除去後のキャプチャー
淡色系のボディーカラーは傷が目立ちにくいですが専用照明を頼りに細部まで美しく仕上げていきます。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
ルノーキャプチャーのミラー

<AFTER>
メタリックブラックのミラー
クリア塗装が酸化膜に覆われた運転席側ミラーのメタリックも綺麗に立ちました。

 

 

 

 

 

 

 

キャプチャーのガラスコーティング
脱脂+シャンプー洗浄を終えて下地処理完了です。
キャプチャーの下地処理
ツートンカラーのキャプチャーへのガラスコーティングはルーフを親水性ガラスコーティング、ルーフ以外はマイクロフェンスをご選択頂きました。
徹底されたコーティングの下地処理
膜厚は一般的なガラスコーティングの1.5倍、抜群の耐久性です。
ガラスコーティング専門店の磨き
肌目も滑らかで均一なベストコンディションに調整させて頂きました。
プロ仕上げのコーティング施工例
360°死角なしの仕上がりです。
綺麗に磨いてくれるコーティング専門店
プリンカラーがキャプチャーのキャラクターにマッチして “お洒落かわいい” ですね。
022
樹脂部、メッキ類も全てコーティングさせて頂きました。
下地処理の徹底された磨き屋
24時間の硬化ブランクを置いてお客様へお渡しとなります。
ガラスコーティング専門店ディテールワークス
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
今後ともご愛顧の程、宜しくお願い致します。

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

2017年11月15日

フィアット500Cのガラスコーティング施工例/東京都世田谷区I様

アバルト500C × ガラスコーティング施工
ABARTH 500C
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:2]

 

フィアット500ガラスコーティング施工
フィアット500Cのガラスコーティング施工を東京都世田谷区のお客様よりご依頼頂きました。
硬化型ホイールコーティングの脱着両面施工、ホイールの簡易リペア、ドアカップへのプロテクションフィルム施工、
ウインドー撥水加工(全6面)等も同時施工致します。

 

 

 

 

 

ワコーズのラストリムーバー
まずは足回り、ホイールを外して裏側から堆積したホイールダストとブレーキディスクから飛散し固着した鉄粉の除去。
ワコーズのラストリムーバーを使って鉄粉をリセット中。

 

 

 

 

 

タイヤハウス清掃
その間にブレーキ周りとタイヤハウスを隅々までクリーニングします。

 

 

 

 

 

最高級ホイールコーティング剤
コーティング施工後に指定トルクでタイヤを装着して数時間乾燥させて完了です。

 

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
車の細部洗浄の仕方

<クリーニング後>
細部洗浄剤
淡色カラー(特にホワイト)で特に下処理を徹底したいのはパネル際に潜んだ汚れの除去です。
どんなボディーカラーでも細部洗浄は必須ですが、やはり「白」は綺麗にするとスッキリ気持ちがいいですね。

 

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
最高級の樹脂の復活剤

<クリーニング後>
最高峰の樹脂コート剤
未塗装樹脂は外的劣化要因にさらされると汚れが目地に詰まって白くなります。
目地に入った汚れを専用ケミカルで浮かび上がらせてブラシで搔きだしリセット後に樹脂用コート剤とTOPコートで仕上げます。
黒い部分が綺麗だと白とのコントラストが美しいですね。

 

 

 

 

 

 

フィアット500のフルマスキング施工
マスキングをして磨き上げの準備完了です。
年式からすると通常では「磨きLEVEL:3」を推奨しますが、フィアットの塗装特性や3度目のコーティングということを考慮し、
お客様ともご相談の上「磨きLEVEL:2」での施工となりました。
深い傷の深追いは出来ませんが、最小限の研磨で最大限の艶と光沢を引き出させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

<施工前>
スコルピオーネのクリーニング

<施工後>
堆積汚れの除去方法
両サイドのスコルピオーネエンブレムに堆積した黒ずみ汚れも綺麗にリセット。
画像でもボディーパネルの黄ばみがなくなり鮮やかな白さを取り戻したことがわかります。

 

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
ドアカップの傷除去方法

<AFTER>
ドアカップのフィルム
ドアカップは手磨き後にプロテクションフィルムを施工しました。
フィルムが貼ってあるのわかりますか?

 

 

 

 

 

<磨き前>
フィアット500Cのボンネット傷

<磨き後>
フィアット500Cの傷除去後
ボンネットフードのポリッシング。
スクラッチとイオンデポジットの除去+肌調整で平滑化。
今回はピンホールの深追いはしていません。

 

 

 

 

 

 

フィアット500Cのガラスコーティング施工例
ボディーコーディングも完了して全ての工程が終了です。
フィアット500C新車
新車並みに美しいです。
フィアット500サイドビュー
リアサイドビューからの艶と光沢も申し分なし。
フィアット500Cのリアデフューザー
リアデフューザーも黒々として気持ちがいいですね。
フロントバンパーのハニカムグリル
フロントバンパーのサイドにあるハニカムグリルも麺棒を使って細かい部分まで保護硬化剤を施工してあります。
フィアット5000Cのガラスコーティング
施工したコーティングは樹脂製コーティング「マイクロフェンス」です。
ガラスコーティングよりも厚みのあるコート剤
樹脂製コート剤は、一般的なガラス被膜よりも厚みがだせます。
細部まで綺麗なコーティング施工店144
細部まで磨き抜いて仕上げた車は、眺めているだけで多幸感に満たされます。
神は細部に宿る
「神は細部に宿る」
フィアット500C納車
お客様にも「新車の時より綺麗だ」と、大変お喜び頂きました。
当店の施工に関して「どこまでやってくれるのか?」とよくご質問頂きますが、答えは「お客様のお望み通り全て」です。
特にご要望がなくても「自分だったらこの出来栄えなら最高に嬉しい」というのを仕上がりの最低ラインに考えています。

 

この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂き誠にありがとうございました。
またメンテナンス等でのご入庫をお待ちしております。
今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇