2017年09月05日

アウディS4ガラスコーティング施工例/山梨県笛吹市A様

アウディS4 × ガラスコーティング施工
AUDI S4
MICRO FENCE[POLISH LEVEL:3]
001
アウディS4、山梨県笛吹市のお客様よりガラスコーティング施工のご依頼です。
遠路をお越し頂き誠にありがとうございます。

早速ですがガラスコーティング施工の肝、下地処理のクリーニングを始めます。
コーティング下地処理というと磨き(バフ研磨)に頼りがちですがバフ研磨前の下地処理=「洗車」も非常に大切な工程です。

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
003

<クリーニング後>
013
まずは特に汚れの目立つ足回りから可能な限り丁寧に洗浄します。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
002

<AFTER>
012
「神は細部に宿る」。美しい仕上がりはいくつものディテーリング作業の積み重ねです。
ボディー塗装が綺麗な状態でも細かい部分の堆積汚れがのこっていると当然

 

 

 

 

 

<クリーニング前>
004

<クリーニング後>
014
ロッカーパネルのスカート裏のピッチタールを専用リムーバーで除去
015
汚れをコーティングしてしまっては意味がありません。スッキリ洗浄、気持ちがいいですね。

 

 

 

 

 

 

<BEFORE>
006

<AFTER>
017
ミラー裏の樹脂部のシリカスケールは酸性ケミカルでリセットします。

 

 

 

 

 

 

<施工前>
005

<施工後>
016
両フェンダーの「V6T」エンブレムに沈んだ黒ずみもしっかりお手入れさせて頂きました。

 

 

 

 

 

 

<施工前>
007

<施工後>
無fdf
S4エンブレムもバッチリ。

 

 

 

 

<研磨前>
008

<研磨後>
019
ステンレス製マフラーカッターの磨き上げもボディーコーティング標準施工です。

 

 

 

 

 

<BEFORE>
009

<AFTER>
020
コーナーセンサーのパッキン汚れ、普段は気付かないような細かい汚れも全て綺麗にお手入れ致します。
021
ボディー研磨後の画像ですが、細部まで行き渡る施工で新車の様な佇まいに仕上げられたリアビュー。

 

 

 

 

 

 

010
細部洗浄を終えて鉄粉除去。当店ではトラップ粘土を使用した鉄粉処理を行います。
トラップ粘土は傷が付くと使用を嫌う施工店もありますが、粘土で入る傷が除去できなくて困ったことは一度もありません。
反応型の溶剤を使うよりも鉄粉一つ一つを的確に除去でき、鉄粉の量や大きさなどで使用する粘土を選べるので重宝しています。

 

 

 

 

 

 

011
“磨きの下地処理” の “洗車” を終えてマスキング後にボディー研磨を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

024
磨き上げ後のソリッドホワイトの平滑化されたオレンジピールの艶・光沢は新車以上に。
030
とても7年落ちとは思えないコンディションに仕上がりました。
029
コーティング剤は次世代型コーティング「マイクロフェンス」を使用。トランクも思わず触れたくなるような艶感です。
028
24時間の硬化ブランクを経てお客様へお渡しとなります。
032025
グリルやエンブレム、メッキパーツなども全て耐候性と耐酸性に優れたマイクロフェンスを施工します。
033
美しい車という全体の印象は、一つ一つのパーツの美しさの積み重ねで成り立っている事をお預かりしたすべてのお車で実証致します。

 

023
この度はガラスコーティング専門店ディテールワークスへご依頼頂きまことにありがとうございました。
ご愛車の最上級の仕上がりにオーナー様にも大変お喜び頂き、先日セカンドカーのご依頼も承らせて頂きました。
今後共、長いお付き合いをどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

DETAIL WORKS (ディテールワークス)

http://detailworks.jp

住所:東京都町田市図師町994 ウェルストン内

TEL:042-794-4988

MAIL:info@detailworks.jp

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇